人気ブログランキング |

タグ:プーランク ( 2 ) タグの人気記事

バルトーク 「コントラスツ」

難読地名の宝庫京都ですが、いちばんすげーなこれって思ったのは阪急と嵐電で「西院駅」の読み方が違うってことかな。ってか嵐電のほうの西院はちょっと想像の斜め上をいっとる。





「コントラスツ」を生演奏で聴く貴重な機会が京都でありました。

  2016年10月13日@カフェ・モンタージュ
  プーランク クラリネット・ソナタ(1962)
  プーランク ヴァイオリン・ソナタ(1943)
  (休憩)
  バルトーク コントラスツ(1938)

  クラリネット: 村井祐児
  ヴァイオリン: 石上真由子
  ピアノ: 船橋美穂

この日のお目当てはバルトークだったのですが(カフェ・モンタージュのHPにも特にプーランクという文字はなかったと思う)、予習なしで聴いた前半の2曲が素晴らしい作品でした。プーランクといえば、なんとなく瀟洒でモダンでセンスがよくて・・・というイメージ以上のものはなかったのですが、私はこの二つのソナタを聴きながら自分の不明を恥じる思いでした。よく考えてみれば、数年前にも新国立劇場の研修所オペラで「カルメル派修道女の対話」を観て、先入観を激しく打ち壊される経験をしているのですが、その時はそれ以上深入りすることもなく、今に至るまでプーランクのことは(有名なフルート・ソナタやいくつかのピアノ曲を除いて)よく知らないままにきたのです。オネゲルの墓前に捧げたというクラリネット・ソナタは、特段死を思わせる要素はなく、曲想もどちらかと言えば軽いものであるのに、聴き終わってなぜか胸が塞がれるような気がします。ガルシア・ロルカの死に際して書かれたというヴァイオリン・ソナタはうってかわって激しい曲想に満ちていて息を呑む思いで聴きました。どちらも私は初めて聴くもので、どこまで正しく受け止めたものか心許ないですが、プーランクの室内楽をサロン風の音楽と思っていた偏見が大きな間違いであることだけはよく判りました。この人の作品はいずれ体系的に聴いてみたいと思います。

「コントラスツ」はバルトークの作品の中では比較的軽い作品というイメージがありましたが、実際の演奏を聴くと(作曲時期からして当然ではあるのだが)弦楽四重奏曲第6番に通じる一種の晦冥さを感じました。この二つの作品には共通するモチーフもいくつかあることに今更ながら気付いた次第。以前にこのブログで弦楽四重奏曲第6番について「とてつもなく深刻そうなのにどこか飄々としており、真面目かと思えばどこか投げやり、しかもある種の人生に対する悪意のようなものが垣間見えて、一筋縄でいかないとはまさにこのこと。この後にアメリカで書かれた晩年の作品にみられる澄みきった境地のようなものは全く見られません」と書いたことがありました(2015年4月30日の投稿)が、これは「コントラスツ」にも概ね当てはまるような気がします。また、「コントラスツ」というタイトルについてもこれまで深く考えたことはありませんでしたが、3つの楽器、3つの楽章の対照以外にも、通常の調弦とスコルダトゥーラされた二挺のヴァイオリン、B管とA管2本のクラリネットの音色の差の面白さがタイトルの由来だと良く判りました。

クラリネットの村井祐児は1940年生まれ、私はこの楽器のこともあまり知らないのですがその世界では重鎮なのでしょう。さすがにお年の所為か、ちょっと指がもつれたり音が抜けたり、ピアノやヴァイオリンの音に対して明らかにバランスが悪かったり、ということもあったのですが、プーランクの音楽のたたずまいが曲を知らない私にもくっきりと立ちあらわれるのはさすが。バルトークで音負けして埋もれてしまうのと、ピアノとヴァイオリンの刻むリズムにほんの少し乗り切れないのは辛いところでしたが。演奏のあとに、この日をもって引退すると仰ったのは残念ではありますが致し方ないでしょう。もっとも店主の高田さんによれば前にも何度も引退宣言されているとのことでしたが(笑)。
ヴァイオリンの石上真由子はたいへんな逸材だと思います。ちょっと調べてみたら1991年生まれ、プロとして活動する傍ら、京都府立医大の学生さんでもあるとのこと。物凄いテクニックの持ち主で、バルトークのカデンツァなど唖然とするほど。他の曲ならいざ知らず、この日の曲目の演奏としてはもう言うことがありません。ピアノの船橋美穂は合わせもののピアニストとしてはベテラン。先鋭さはあまり感じないけれど安心して聴けるのが何よりという感じでしたが、親子ほども年の離れた村井のサポートをしつつ、娘でもおかしくない若い石上と丁々発止のリズムの応酬を同時に行うというのは実は大変なことじゃないかと思いました。
(この項終り)

by nekomatalistener | 2016-10-16 23:18 | 演奏会レビュー

クリスティーナ・ザヴァッローニのアルバム「チーリンボン」を聴く

「にんじんしりしり」って料理名がへんなのは、つまり沖縄弁なのにびみょーに沖縄っぽくないところなんだと思う。





amazonを散策していて偶然見つけた一枚。まず選曲が素晴らしい。ストラヴィンスキーの先鋭極まりない作品集とミヨーの多彩な「ヘブライの歌」、最後にプーランクのアンニュイな傑作「ホテル」。そのセンスの良さに惚れ惚れします。
a0240098_23265278.jpg


  ストラヴィンスキー
    チーリンボン(1915)
    3つの小さな歌「わが幼き頃の思い出」(1913)
     1.小さなかささぎ 2.からす 3.チーチェル・ヤーチェル
    パラーシャの歌(歌劇「マヴラ」より)(1922~23)
    プリバウトキ(1914)
     1.コルニーロおじさん 2.暖炉 3.連隊長 4.お爺さんとうさぎ
    ねこの子守歌(1915~16)
     1.暖炉の上で 2.部屋の中 3.ねんね 4.猫の飼い主
    4つのロシアの歌(1918~19)
     1.雄がも 2.数え歌 3.すずめ 4.異教徒の歌
    ふくろうと猫(1966)
  ミヨー
    ヘブライの6つの民謡(1925)
  プーランク 
    ホテル(1940)

  Christina Zavalloni(Vo)
  Andrea Rebaudengo(Pf)
  2007年11月26・27日録音
  CD:EGEA SCA 139

歌手のクリスティーナ・ザヴァッローニ(ツァヴァッローニという標記も)については何の予備知識もなく聴きましたが、選曲同様センスの良さというか、頭の良さを感じる歌い方。その声色は多彩で遊び心に溢れており、全盛期の美空ひばりもかくや、というショウマンシップだが、あざとくなる一歩手前で知性を閃かせて終わる所が憎い。調べてみるとこの人、1973年生まれで、オランダの作曲家のルイ・アンドリーセンとのコラボで名を馳せ、ジャズとのコラボも行っているとのこと。レパートリーにはこのアルバムの3人の他、アンタイル、メシアン、ラヴェル、サティ、モンサルヴァーチェ、ヴィラ=ロボス、アイヴズ、ケージ、キャシー・バーベリアン、ベリオ、カスタルディ、それにマイケル・ナイマンの名前も。まさにあの現代音楽の作曲家にとってのミューズ、往年のキャシー・バーベリアンを彷彿とさせるところがあります。
伴奏のアンドレア・レバウデンゴというピアニストも素晴らしい。パキパキとしたストラヴィンスキー、抒情的な音楽から急進的な、しかも骨太な音楽まで幅広い表現を要するミヨー、ベッドの中の寝起きの美女みたいなプーランク、いずれも的確な伴奏で、室内楽版で聴きなれていたストラヴィンスキーも全く物足りなさを感じさせません。

曲目については、ストラヴィンスキーはいずれも以前このブログで取り上げましたので詳細は割愛しますが、一言だけ書くと「まさに天才」。ミヨーは特に5曲目がストラヴィンスキーとの親近性を感じさせます。プーランクの「ホテル」は私は初めて聴く曲でしたが、大人のための音楽といった趣。こちらは「梅丘歌曲会館」に対訳が取り上げられています(下記URL)が、最後の「働きたくない、煙草吸いたい」には思わず笑ってしまいます。これを聴いているとクラシックとジャズの垣根が思いのほか低いことに改めて気付きます。
http://homepage2.nifty.com/182494/LiederhausUmegaoka/songs/P/Poulenc/S1459.htm
ちょいと残念なのは対訳。ストラヴィンスキーの「ふくろうと猫」(英語)以外はロシア語で、これには英語とイタリア語の対訳がついていて便利だが、ミヨーとプーランクはフランス語の歌詞とイタリア語の対訳のみ。しかもミヨーの4曲目の歌詞が飛んで番号がずれています。ちなみにミヨーの英語対訳は下記サイトに載っていますのでご参考まで。
http://www.recmusic.org/lieder/assemble_texts.html?SongCycleId=298
(この項終り)
by nekomatalistener | 2014-05-11 23:37 | CD・DVD試聴記