<   2018年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ロッシーニ 「チェネレントラ」 第56回大阪国際フェスティバル2018公演

先日、「探偵!ナイトスクープ」を観ていたら、耕運機の「一軸正逆転」という機構を身振り手振りで表現する、というのをやってた。番組では井関・ヤンマー・クボタの若い子が挑戦してたが、あんまり面白くない。試しに家人にやらせてみたらまんまアホの坂田師匠でこっちのほうがワロタ。





なんとなくブログさぼってたらあっという間に一ヶ月以上経ってしまいました。

 2018年5月12日@フェスティバルホール
 ロッシーニ 「チェネレントラ」
  アンジェリーナ: 脇園彩
  ドン・ラミーロ: 小堀勇介
  ドン・マニフィコ: 谷友博
  ダンディーニ: 押川浩士
  クロリンダ: 光岡暁恵
  ティズベ: 米谷朋子
  アリドーロ: 伊藤貴之
  合唱: 藤原歌劇団合唱部
  管弦楽: 日本センチュリー交響楽団
  指揮&フォルテピアノ: 園田隆一郎
  演出: フランチェスコ・ベッロット

この歳になると、急いで備忘を書いておかないと記憶がどんどん薄れてしまいます。こんなへっぽこブログですが、それでも書くとなるとそれなりに気力が必要。仕事もプライベートも何かと忙しく、なかなか重い腰があがらないといった状況でした。
今回の公演、一言でいうと小堀さんに全部持っていかれた、といった感じ。私は昨年、びわ湖でやったドニゼッティ「連隊の娘」のトニオでこの歌手を初めて聴いたのですが、その時も絶賛しておりました。今回のドン・ラミーロも本当に素晴らしい歌唱。レジェロなハイテノールとして貴重な存在だろうと思います。欲を言えばアジリタの粒立ちが少し甘いかな、とも思うけれどこれだけ歌えれば立派なもの。見た目は御伽噺の王子様というより、気のいい御用聞きの兄ちゃんみたいだが、それもこのオペラには寧ろ合っていると言えなくもない。願わくば、しばらくはヴェルディやプッチーニはお預けにして、ロッシーニ・ドニゼッティ・ベルリーニあたりに特化してほしいと思う。日本でのベルカントものに対する冷遇ぶりを見ているとなかなかプロとして食っていくのは大変だろうと思うけれど。
アンジェリーナの脇園彩も大変優れた歌唱だったと思いますが、どうも体調が悪かったのか声量をすこしセーブしていたようです。また高音が少し掠れ気味になってヒヤッとする瞬間もありました。しかし精密なアジリタを聴いていると、本調子であればとんでもなく凄いことになっていただろうと思わせるものがありました。幕切れの技巧の限りを尽くしたロンドは圧巻の一言。
他の脇役はいずれも穴がなくて安心して聴けました。第二幕のクロリンダのアリアは聴きものでしたが、音楽としては慣習的なカットもやむを得ないかなといった感じも(ちなみにこのアリアはロッシーニではなくてアゴリーニによる挿入曲)。
指揮の園田隆一郎も、小堀さんとやった「連隊の娘」以来。こういった軽いオペラをセンスよく演奏するのは大変なことだろうと思います。センチュリーsoはブッファ向きのオケとは言いかねるが、これだけの輝かしさを引き出すのはさぞ大変な仕事だったろうと思います。セッコにしては随分と饒舌なフォルテピアノも見事なものでした。
演出は特段変わったこともなく無難な感じ。冒頭、舞台上の巨大な本のページから登場人物が飛び出す仕掛けだが、観終わってみると、どうということもない。それより、ねずみの耳や尻尾を付けた4人の黙役が、アンジェリーナをあれこれ手助けする趣向がちょっと微笑ましい感じがしました。この、魔法使いもカボチャの馬車も登場しない徹底的にリアルなシンデレラ物語に、少しばかり御伽噺の要素をプラスしたアイデアは悪くないと思いました。
(この項終り)

by nekomatalistener | 2018-06-17 22:54 | 演奏会レビュー | Comments(0)