<   2018年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧

シュレーカーとコルンゴルトとシェーンベルク

東大の学食の改修時に宇佐美圭司の壁画を廃棄したらしいというニュース。無知無教養は時に犯罪的であるとか、いやいや単に総務部門の資産管理の問題だろうとか、どれもこれももっともだが、じいさんの遺品の中のピカソのエッチングを、遺族が「なんだこのエロい落書き」と思って処分、なんて例は世界中で起こってそうだな。





曲目につられてオケの演奏会。自発的に行くのは久しぶりのような気がする。


2018年4月27日(金)
大阪交響楽団第217回定期演奏会”ウィーン世紀末のルーツVOL.5”

 シュレーカー:弦楽のための間奏曲Op.8(1900)
 コルンゴルト:左手のためのピアノ協奏曲嬰ハ調Op.17(1923)
 (アンコール)
 ゴドフスキー:Alt Wien
 (休憩)
 シェーンベルク:交響詩「ペレアスとメリザンド」(シュタイン編)(1902-03)

 指揮:寺岡 清高
 ピアノ:クリストファー・ヒンターフーバー
 管弦楽:大阪交響楽団


本来なら予習してから行くべきプログラムなのに、このところ多忙で叶わず、前半は初めて聴く曲目でした。
シュレーカーは、いずれこのブログで「烙印を押された人々」を取り上げたいと思ってたところ、めずらしくシュレーカー作品を生で聴けるとあって思わずチケットを購入しました。この間奏曲はウィーン学友協会音楽院の卒業作品ということで、この若書き一作でシュレーカー作品を云々することは出来ないと思うが、9声部に分かれた書法(vn4・va2・vc2・cb1)、妙な引っ掛かりを残す半音階的和声進行は、わずか数分の小品といえどもすんなりと腹に入るものではなく、予習を怠ったのが悔やまれます。よって中途半端な感想をここに記すのはやめておこうと思います。

コルンゴルトは過去に「死の都」とアメリカ亡命後に書いたたくさんの映画音楽を取り上げたことがありました。神童ともてはやされ、ステージパパの導きのままにかいたオペラと、映画音楽というフォーマットですっかり見違えるほどの第一級の職人芸を揮った諸作品の違いを、「自己愛」と「社会的ディシプリン」をキーワードに分析したつもりですが、この20代半ばのコンチェルトは、まだ売れっ子だった頃とはいえ、それなりの悪戦苦闘の跡が伺えて想像以上に面白い作品でした。左手だけのピアノソロという制約がなにがしかプラスに働いたのだろうと思います。ぎくしゃくとした旋律、甘く流れると思わせるや否や中断されるカンティレーナ、どこか断片的なまま積み重ねられる展開と、この人ならではのゴージャスな管弦楽書法との奇妙な取り合わせ。「プラスに働いた」というのは、音楽の完成度というのではなくて、その溢れそうになる自律性とでも言ったレベルでのことです。コルンゴルトだからと舐めていた訳ではないけれど、やはりこちらも予習しておくべきだったと後悔頻りですが、おかげでコルンゴルトをもう少し聴きこんでみようと思ったのは大きな収穫でした。
ヒンターフーバーのソロは見事でした。地味な経歴だが、テクニックが強靭で、多数の打楽器を含むオーケストラに負けずにピアノが鳴っていました。アンコールにゴドフスキーの小品を選んだのは「ウィーン世紀末」というコンサートのテーマにも適っていて大正解だと思います。赤ワインと濃厚なフォンで煮崩れるほど煮込んだ頬肉のような退廃の味わいは格別。「トリアコンタメロン」の中の1曲で、PTNAピアノ曲辞典には「懐かしきウィーン」という名前で載ってます。

プログラム後半はシェーンベルクの大作。若書きだけれどプログラム前半とはやはり格が違うとしか言いようがない傑作だと思います。この日の演奏、たいへん聴きごたえがありましたが、もっとこう、叫びとか痙攣とか、いわゆるドイツ表現主義的な表現ができないものか、と少し物足りなく思いました。こういった作品、ライトモチーフをぎくしゃくと積み上げていく作風は、「浄められた夜」をムード音楽みたいに演るのと同じく、その継ぎ目にやすりを掛けて滑らかにしてしまうと実につまらなくなる側面があって、なかなか難しいものだと痛感しました。かれこれ40年ほども昔、私がシェーンベルクを聴き始めた頃はカラヤン盤くらいしかなくて、美しく磨き上げられた音響から抜け落ちた物を歯がゆく想像するしかなかったけれど、今も(アバド盤があるとは言え)あまり状況は変わっていないような気がします。ちなみにこの日の演奏はエルヴィン・シュタインによる改変版で、一言でいえば4管編成を3管編成に書きなおしたもの、といったところ。客の入りはまぁ7割程度、トラの確保も厳しいでしょうからやむを得ないとはいえ、どうせなら原典版で聴きたかった。尤も、シェーンベルクがパラノイアックに書きつけた対位法の網目をどの程度端折ったのか、スコアを見ないと分からないが、この編曲版でもかなり分厚い響きがしていたので、生演奏でこの大曲を聴けたという満足感はそれなりにあったわけだが・・・。
(この項終り)

by nekomatalistener | 2018-04-29 16:30 | 演奏会レビュー | Comments(0)