<< シュレーカーとコルンゴルトとシ... ワーグナー 「ワルキューレ」 ... >>

映画「聖なる鹿殺し」備忘録

バーホーベンは映画「エルElle」の主役に初めニコール・キッドマンを想定してたんだって。変態さんに好かれるタイプなのにトム・クルーズと結婚してたってのがちょっと不思議(大きなお世話です)。




ヨルゴス・ランティモス監督作品「聖なる鹿殺し」"The KILLING of a SACRED DEER"を観た。映画を観てこんなにわくわくするのも久しぶりのような気がする。ロードショーが始まって間がないのでネタバレにならない程度しか書けないが、まぁこんなお話。心臓外科医スティーヴン(コリン・ファレル)は妻(ニコール・キッドマン)と二人の子供と暮らしている。彼は数年前、ある事情で手術を失敗し、死なせてしまった患者の一人息子マーティン(バリー・コーガン)に対して、時計を買ってやったり何くれと面倒を見ている。ある日、ちょっとした思いつきでスティーヴンはマーティンを自宅に招くが、その日からスティーヴンのまだ幼い息子の足が麻痺して歩けなくなってしまう。一方マーティンもその日を境に、スティーヴンへの態度が常軌を逸したものになっていく・・・
ひたひたと迫り来る恐怖は下手なホラー映画の比ではないが、それが主眼の映画ではない。家族が崩壊していく様子は見ていて辛いものがあるが、どこかそういう情緒的な見方を撥ね除けるものがある。それはあけすけで乾いた独特のユーモア(というか、かなり下品なエロ描写)であったり、エウリピデスの「アウリスのイピゲネイア」と旧約のアブラハムとイサクの逸話の重ね合わせといった衒学趣味(タイトルの「聖なる鹿」もアルテミスの鹿に掛けているのだろうが、もう一つ、マイケル・チミノ監督の映画「ディア・ハンター」も関係があると思う。詳しくはネタバレになるから書かないが)、それに過激な暴力描写と、実に多様な要素を含んでいて一筋縄ではいかない。それを統一するものがあるとすれば、全編に一貫する徹底した美意識、特に完璧なまでに美しいカメラワーク。それに音楽がこれまた人を唸らせるものがあって、冒頭シューベルトの「スターバト・マーテル」D383で始まり、バッハのヨハネ受難曲で終わるというもの。困ったものだが、私は今後、ヨハネ受難曲を聴くたびにこの映画を思い出して複雑な気分を味わうことになるだろう。
コリン・ファレルもニコール・キッドマンも渋くてかっこいいが、バリー・コーガンは怪演といって良いと思う。物好きを自認する方は必見。
(この項終り)

by nekomatalistener | 2018-03-11 02:10 | その他 | Comments(0)
<< シュレーカーとコルンゴルトとシ... ワーグナー 「ワルキューレ」 ... >>