人気ブログランキング |
<< ワーグナー 「ワルキューレ」 ... 新国立劇場公演 細川俊夫「松風」 >>

大フィル定期 レスピーギ「ローマ三部作」

親会社から久しぶりに出張で来てた方のしゃべり方が独特なんだけど、同僚に「あの人トッポジージョみたいやな」と言ったところ若い子にはまったく通じない。まぁ予想はしてた。





レスピーギを取り上げるのは初めて。なかなか自分で(オペラやコンテンポラリー以外の)コンサートに行くことのない私ですが、例によって取引先の社長さんからお誘いがあって行ってきた次第。


 2018年2月16日@フェスティバルホール
 大阪フィルハーモニー交響楽団 第515回定期演奏会
 レスピーギ
  交響詩「ローマの噴水」
  交響詩「ローマの祭」
  (休憩)
  交響詩「ローマの松」
 指揮: アンドレア・バッティストーニ


いや、このブログでレスピーギという名前を出したことは前に一回あって、昨年佐渡裕の「トゥーランガリラ」演奏会の時に、佐渡の良くも悪くもエンタメ志向の強い演奏に対する不満を「メシアンのレスピーギ化」と書いておりました。要するに悪口ですね。
でも実はレスピーギの少なくとも「ローマ三部作」については、よく出来た曲だと思っており、その大胆なポリリズムやポリトナールな書法はもっと賞賛されてしかるべきだろうと思います。特に「ローマの祭」の、広場で様々な音楽がカオスのように聞こえてくるところなど、マーラー(第3交響曲)やストラヴィンスキー(ペトルーシュカ)からインスパイアされたことは歴然としているものの、チャールズ・アイヴズの同様のアイデアと比べても不当に評価が低いと思わざるを得ません。それに「ローマの松」の終曲の、抗いようのないカッコよさ、スペクタクルな興奮も、単なる名曲と片づけるのは実にもったいない。
だいぶ前のことですが、レスピーギという作曲家に対して少し興味をもって、多少あれこれ聴いてみようと思った時期がありました。実はオペラをたくさん書いていてけっこう面白いという話を聞いたりしたのですが、当時は音源そのものが入手できず、代わりに「ミクソリディア旋法のピアノ協奏曲」などいくつか聴いてみました。結果は、さして面白いとも言えない楽想と、虚仮威しなピアノ書法に辟易してしまい、それきりになってしまいました。そんな個人的な好き嫌いはさておき、「三部作」でさえ、どうも傑作というよりはイロモノ扱い、レスピーギ自身も良くて二流扱いされがちなのは、CDが生まれる以前のLP時代に、専らオーディオ機器の性能を測るためだけに作られたようなシロモノがあって、「三部作」はその恰好の素材として、チャイコフスキーの「1812年」なんかと同列の扱いをされていたという不幸な歴史のせいじゃないだろうか。それに敢えて言うなら吉田秀和に代表されるような「真面目な」クラシック愛好家の存在、昭和の頃はレスピーギといえばカラヤン、という時代にあってアンチ・カラヤンの存在、等々。だが、時代も移り変わり、総体的に聴衆の耳が肥えた現代にあって、いつまでも昭和の価値観を引きずることもあるまい。「三部作」は久しぶりに聴きましたが、本当に面白く興奮する音楽でした(もっとも最初に演奏された「噴水」は私自身の体調のせいかどうか、半分寝落ちしてましたが・・・)。
演奏も大変キレのあるもので、初めて聴く指揮者でしたがぞんぶんに楽しみました。かなりオーバーアクション系の指揮で、まぁ俗なレベルだけれど視覚的な面白さも。大フィルを聴くのも何年ぶりか分からないほどですが、なんとなくもっさりしたイメージは完全に払拭できました。時間的にはややコンパクトなプログラムだったので、「リュートのための古代舞曲とアリア」から何か一曲、いう期待もあったのですが、内容的にはけっこう腹いっぱいになるためか、アンコールは無し。
(この項終り)

by nekomatalistener | 2018-02-20 13:00 | 演奏会レビュー
<< ワーグナー 「ワルキューレ」 ... 新国立劇場公演 細川俊夫「松風」 >>