<< Olivier Messiae... ドビュッシー 12のエチュード... >>

メシアン 「鳥のカタログ」全曲演奏会

早朝家を出るとき、「かえりはさむそうや」と呟いたら家人に「え?むかいおさむさん?」と言われたことある。一瞬アナグラムかなと思ったけど全然違う。





京都のカフェ・モンタージュで「鳥のカタログ」全曲演奏会。関西人はこの町なかのカフェを誇りに思っていいと思う(京都人からは「関西」で一括りにすんな、と言われるかも知れんが)。

 2018年2月21日@カフェ・モンタージュ
 メシアン 「鳥のカタログ」
  第1巻 
   1.キバシガラス
   2.ニシコウライウグイス
   3.イソヒヨドリ
  第2巻
   4.カオグロサバクヒタキ
  第3巻
   5.モリフクロウ
   6.モリヒバリ
  第4巻
   7.ヨーロッパヨシキリ
  (休憩・入替)
  第5巻
   8.ヒメコウテンシ
   9.ヨーロパウグイス
  第6巻
   10.コシジロイソヒヨドリ
  第7巻
   11.ノスリ
   12.クロサバクヒタキ
   13.ダイシャクシギ

入口で渡された曲目チラシにはフランス語によるタイトルのみで和名表記がなかったので一応挙げておきました。WikipediaもPTNAピアノ曲辞典も間違いだらけなのでご参考まで。
作品について思うところは以前このブログでも取り上げているので繰り返しませんが、(先日「アッシジの聖フランチェスコ」公演の備忘でも書いたように)メシアンの作品は舞台やリサイタルを実際に体験して初めて分かることがたくさんあるように思います。倍音の響きとか、私の低スペックな耳ではよく分かりませんが、意識的でなくともCDでは聴き取れないレベルの音を体験していたのだろうと思います。
細部に関しての個人的な思いとしては、「アッシジ」体験後にこれを聴くと、チョウゲンボウの鳴き声がとても懐かしく、昔の友人に出会ったような感じをうけたのが新鮮でした(第8曲の冒頭近く、Faucon crécerelleと書かれている部分)。あるいは後年主役級に成長した役者の、若い頃に端役でちょろっと舞台に出てる映像を観たときのような感じとでもいえばよいか(「アッシジ」のチョウゲンボウの声はとても重要な役回りですからね)。

木川貴幸の演奏については、前日のドビュッシーの演奏評とほぼ同様の感想を持ちました。良い点は、楽器がクリアによく鳴っていて、どんなに強音でも音が割れたりしないこと。物足りないところはところどころメカニックが不足していると思われること(楽器そのものによる音色のムラや、おそらく高音域のアクションに難があることは勘案すべきだろうと思うが)。例えば第2曲目の中に出てくるニワムシクイや第7曲のヨーロッパヨシキリなどの、気の遠くなるほど長い囀りには、もっとキレの良い指回りが必要なように思います。でもそれで退屈したとかいうことは全くなくて、これほどの大曲(この日は正味3時間15分ぐらいか?)を眠くもならず楽しく聴き通せたのは何と言ってもピアニストの力のおかげであろうと思います。こんなことを言うのはアレだが、大した儲けにもならないだろうに、どうしてこんな苦行にも似た演奏活動をするのか、訝しく思うと同時に感謝や尊敬の念も抱かざるを得ないのでした。
備忘として書いておくが、演奏はすべて楽譜を見ながら。第7曲のブレスなしで延々と囀りが続くところについては、楽譜とは別に何ページ分かをまとめて複写したと思われる大判の紙を適宜譜面台に置いて弾いておられました。

***

余計なことですが、リサイタルの後半に隣に座ったバカ女、演奏始まってまもなくスマホの操作。照明を落とした中ではとても気が散るし、あろうことかスマホにチリチリ鳴る鈴を付けとる。後期高齢者がよくやるけど、こいつはまだ30代後半くらいだろう。それが3回続いたのでちょいと睨んだら、今度はトートバックの中でごそごそ操作してました。鈴は鳴らんが光は漏れる。それを10分に一回くらい。これって躾の問題なのか、それとも一種の依存症なのか。正直音楽を聴く環境としては最悪でした。普通のコンサートホールと違って、このカフェは客層が良いので安心してましたが、一人バカがいるだけで台無しですわ。
(この項終り)

by nekomatalistener | 2018-01-27 00:42 | 演奏会レビュー | Comments(0)
<< Olivier Messiae... ドビュッシー 12のエチュード... >>