人気ブログランキング |
<< メシアン 「鳥のカタログ」全曲演奏会 Olivier Messiae... >>

ドビュッシー 12のエチュード(全曲)

ロヒンギャについて議論するとき、気を付けないとついデロンギって言ってしまう。ちなみにデロンギのヒーターは小型でもよく暖まるからいいんだけど(いや、よくない)。





ドビュッシーの12のエチュード、私は大好きな曲ですがリサイタルで取り上げられる機会が少ないのがとても不思議。気を付けて調べればあちこちで弾かれているのかも知れませんが、私が生で聴くのは、かれこれ30年ほども昔、御茶ノ水にあったカザルスホールで岡田博美が弾いたのを聴いて以来。こんな調子だと生きてる内には次の機会はないかも。


  2018年1月20日@カフェ・モンタージュ
  ドビュッシー 12のエチュード
  Pf: 木川貴幸


さっき「大好きな曲」と書いたけれど、ドビュッシーの作品の中では第一次大戦前後に作曲されたこのエチュードとバレエ「遊戯」あたりが最も先鋭的かつ洗練されていて、文句なしの傑作という感じがします。
話をピアノ曲に限って私的なことを書くと、私はどうもドビュッシーの作品は、聴くのはいいとして自分で弾くのは苦手。「映像」とか「前奏曲集」とか、例えばミケランジェリの録音なんかを聴くと本当に凄い作品だと思うが、自分で弾くとなるとスッカスカの音になるような気がして、そこそこ難度の高い書法を克服しようという気には到底なりません。ただ、12のエチュードだけは、ごく一部でもいいからいつかは練習してみたいと思っています。中でも「対比音のための」、「組み合わされたアルペジオのための」あたり。本当に天才にのみ書き得る音楽だと思います。
エチュード繋がりでもう少し雑談を書くと、前にどこかでドビュッシーのエチュードの3年ほど前、1912年に書かれたスクリャービン「3つのエチュードOp.65」の面白さについて書いたことがあります。スクリャービンは今やアマチュア含めて猫も杓子も弾く状況になってますが、このOp.65はまだまだマイナーな部類でしょう(技巧的にかなり過酷なせいかも)。でも9度や7度のためのエチュードなんて、ちょっと他に思い当たらない。ドビュッシーと並んで、この時代のアヴァンギャルドと呼ぶに相応しいと思います。ドビュッシーの翌年1916年のシマノフスキー「12のエチュードOp.33」やバルトークが1918年に書いた「3つのエチュードOp.18」なんかも実に面白い。特にバルトークは彼の作品の中でも最も急進的・無調的、しかも10度の音程を楽に掴めなければ絶対に弾けない超絶技巧で書かれています。こうしてみると1912年から18年という比較的短い期間に、ピアノのエチュードという形でこれほど先鋭的な作品が次々に書かれたというのは、今から振り返るとものすごい時代だったと思います。

さて肝心の当日の演奏ですが、よく伸びる美しい音のピアニストで私は大変楽しく聴きました。ニューヨーク在住のまだまだ若手で、カフェ・モンタージュで3年ほど前にブーレーズの全ピアノ作品の演奏をしている(私は聴きそびれてしまいましたが)。ストレスなく楽器を鳴らすテクニックは十分、音色とアーティキュレーションはどちらかと言えば鋭角的で、作品の本質にはよく合っていると思いましたが、指回りというかメカニックは意外にもたつくところがあります(1905年製のアンティークなスタインウェイのコントロールの難しさがあるのかも知れませんが)。私は大昔に聴いた岡田博美の目の覚めるような演奏が未だに記憶にあるので、評価が辛めになってしまうのだが、例えば「5本の指のための」や「8本の指のための」にはもっとシャープな切れ味を求めてしまう。あるいは「和音のための」では、ミスタッチを少なくするために、音楽の勢いが若干削がれてしまったようにも思います(正確に弾くのがどんなに困難かは分かっているつもりだが)。最も物足りないのは「対比音のための」で、重層的・立体的なソノリティの構築という点では非常にもどかしい思いをしました。全曲の中でも白眉というべき楽曲で不満を感じさせたのは少々残念でした。とはいえ、この翌日にメシアンの大作「鳥のカタログ」が控えている中での意欲的な選曲のリサイタルだったわけで、機会があればまた聴いてみたいと思いました。
翌日のメシアンについては稿を改めます。
(この項終り)

by nekomatalistener | 2018-01-25 01:01 | 演奏会レビュー | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< メシアン 「鳥のカタログ」全曲演奏会 Olivier Messiae... >>