<< ドニゼッティ 「ドン・パスクァ... バルトーク 「コントラスツ」 >>

Olivier Messiaen Complete Editionを聴く(その8)

真冬のさっむい日の早朝、駅のホームで半袖シャツで震えてるおっさんを見たことがあるのだが、あれは何かの罰ゲームだったのだろうか?未だに謎。





60年代の作品を網羅的に聴いていきます。

CD2
①鳥の小スケッチ(1985)
 1.ヨーロッパコマドリ
 2.クロウタドリ
 3.ヨーロッパコマドリ
 4.ウタツグミ※
 5.ヨーロッパコマドリ
 6.ヒバリ
②4つのリズムのエチュード(1949-1950)
 1.火の島Ⅰ
 2.音価と強度のモード
 3.リズム的ネウマ
 4.火の島Ⅱ
③カンテヨージャーヤー(1949)
④ロンドー(1943)
⑤ファンタジー・ブルレスク(1932)
⑥前奏曲(1964)
⑦ポール・デュカの墓のための小品(1935)

ピアノ: ロジェ・ムラロ
①②2001年2月15日③~⑦2001年2月22日

※表題のla grive musicienne(ウタツグミ)の学名はturdus philomelosが一般的なようだが、楽譜にはturdus ericetorumという古い学名が書かれている。

まずは「前奏曲」(1964)から。
比較的有名な初期の「8つの前奏曲」とはまったく別物。ですが、調性感のはっきりとしたアルカイックな旋律は、ラヴェルを思わせるものがあって大変魅力的。この古雅な旋律をメシアン独特の煌めくガラス片のような不協和音が彩る。この作品についてはメシアンの死後に遺稿の中から発見されたということ以外、ネットで調べても情報が乏しく、前衛真っ盛りの60年代にどうしてこのような調性作品が書かれたのかよく判りませんでした。まぁメシアンのような作曲家にとっては調性の有無などというのは大した問題ではなかったのかも知れません。こういった佳品に出会えるのはComplete Editionならではでしょう。

「鳥の小スケッチ」(1985)はイヴォンヌ・ロリオの希望に応じて書かれたもの。6曲のセットだが各曲はわずか2分ほどの小品。素材はタイトルの鳥の歌と「背景」をなすゆったりとした和音のみ、楽譜には鳥名以外は速度記号しか書かれておらず、大作「鳥のカタログ」や「ニワムシクイ」が標題以外にも様々な鳥の声や事物の音で満たされ、また言葉で楽譜に書き込まれているのとは大違いのシンプルさ。そのピアニスティックな書法は洗練の極みですが、特に第2曲など終止の和声がともすると協和音に解決する傾向など、晩年のメシアンのスタイルがよく現われていると思います。それを円熟と見るか、それともある種の退嬰と見るか、意見が分かれそう。だが終曲の息つく暇もなく啼き続けるヒバリの歌を聴いていると、老いたりとは云え、さすがは「ニワムシクイ」を書きあげた人だと心打たれずにはおれない。

「4つのリズムのエチュード」(1949~50)と「カンテヨージャーヤー」(1949)はメシアンのピアノ独奏曲の中ではもっとも実験的、しかも音楽史的な意味で最も重要であり、なおかつ耳で聴いてこの上なく面白いものではないでしょうか。私の個人的な好みでいえばエチュードの第1曲「火の島Ⅰ」はメシアンの数あるピアノ曲の中でも最も好きな作品。第2曲「音価と強度のモード」は後のトータル・セリエリズムの嚆矢となったことであまりにも有名ですが、その音響は難解どころか大変美しいもの。私は高校生の頃にミシェル・ベロフのLPで聴いて驚いたものです。そして「カンテヨージャーヤー」。タイトルは13世紀のインドの音楽学者Sarangadeva(1210-1247)の理論書Sangita Ratnakara に体系化されたヒンドゥーのリズムのことらしいのですが、理屈はともかく実に面白い音楽。「音価と強度のモード」で全面的に展開された音高・音価・強弱・アタックのセリーが部分的に使われているのも注目されます。

残りの3曲、「ファンタジー・ブルレスク」(1932)、「ポール・デュカの墓のための小品」(1935)、「ロンドー」(1943)は作曲年代は10年以上の開きがあるけれど、いずれも習作といって差し支えなさそう。逆に、まだまだドビュッシーの尻尾を引きずった「ロンドー」とほぼ同時期に「アーメンの幻影」や「嬰児イエズスにそそぐ20の眼差し」が書かれていることのほうが驚きなのかも知れません。最も作曲年代の古い「ファンタジー・ブルレスク」は導入に続いて現われる主題の三連符と四連符のぶつかり合いや、裏拍に附けられたアクセントがジャジーな雰囲気を醸し出して面白い。ポール・デュカの死に際して書かれた小品は厳粛な下降音形をメシアン独特の和音が彩る。それは苦痛に引き裂かれるようでもあり、苦悶と見紛うばかりの快楽の表象とも聞える。これは異色のtombeau(故人を追悼する器楽曲)と言えるのではないでしょうか。

ロジェ・ムラロの演奏はいずれも見事。特に「鳥の小スケッチ」と「4つのリズムのエチュード」はライブ録音で聴衆の拍手も入っているのですが、ごく小さな傷がいくつかあるものの技巧的に突き詰めた演奏だと思います。中でも「火の島Ⅰ・Ⅱ」の気迫が凄い。思うにライブならではの音楽の推進力を慮って敢えて傷の修正はしなかったのでしょう。先に少し触れたミシェル・ベロフの若き日の録音と比べると若干モノクロームな感じもしますが、現時点で望みうる最上の演奏であると思います。それにしてもベロフ盤の色彩感あふれる録音は、録音技術の賜物なのか実際の演奏自体のせいなのか、未だによく分かりませんが本当に素晴らしいものであったと懐かしく思い出します。
(この項続く)

by nekomatalistener | 2016-10-24 22:54 | CD・DVD試聴記 | Comments(0)
<< ドニゼッティ 「ドン・パスクァ... バルトーク 「コントラスツ」 >>