<< Olivier Messiae... 京都観世会例会 「田村」 「百... >>

日本センチュリー交響楽団定期 マーラー 交響曲第9番

「カクテル ダイリキ」で検索→
yahoo先生が「ダイキリ ではありませんか?」と訊いてくる→
それでも「カクテル ダイリキ」で検索→
なんかカッコつけてスカしたブログなのに「ダイリキ」と書いてるのがあれこれ出てきて、もうコロッケしか頭に浮かばなくて腹痛い。





知人のお誘いでマーラー聴きました。マーラー、というよりプロのオーケストラで交響曲を聴くこと自体、実に久しぶり。

  2016年4月8日@ザ・シンフォニーホール
  マーラー 交響曲第9番ニ長調
   飯森範親指揮日本センチュリー交響楽団


基本的にコンサートゴーアーでない私は、ネットなどで気になる公演を見つけてもなかなか腰があがらない。オペラとか現代モノとか、「これは行っとかないと一生後悔する」というものでなければ、なんだかんだで行かずじまいというケースが殆ど。でもこうやって実際行ってみると、やはり生でなければ得られない貴重な体験だと感じます。

それにしても、マーラーといえばこの何十年か、オーケストラにとって間違いなく客を呼べるレパートリーだと思っていましたが、この日は金曜・土曜二日公演の平日であるせいか、あるいは他のオケ公演とカブッたか、随分空席が多い。関西の地盤沈下を物語るものでなければいいけれど。
それはともかく、今回の9番、とても立派な演奏であったと思います。飯森範親の指揮は大変気魄のこもったもので、精密なスコアの再現もさることながら、やや情念の爆発のほうに軸足を置いているように感じました。ただ全曲を振り返ると、力技で押し切った感のある2・3楽章よりも、両端楽章のほうがこの指揮者の美点が現れていたように思います。第1楽章は、とりとめが無いというか、痙攣のように間歇的に沸き起こっては解けていく主題群の歌い方が難物だと思いますが、主題群を丁寧に追いかけていく演奏を聴いていると、見かけがどれほど違っていようとウェーベルンの世界と地続きであることがよく分かります。実際のところは、マーラーが9番を書いていた頃にはウェーベルンは既に「パッサカリア」など初期作品を幾つか書きあげていて、ひとかたならぬ相互影響があったのだと思いますが、ふとそんなことを考えさせてくれる演奏。そうなるともっと上を望みたくなるのが人情で、たとえば金管とハープの単音を重ねたりする独特のソノリティは、もっと磨き様があるはずだが、それは贅沢というもの。第4楽章もオーケストラからこれほどの緊張感を引き出せたならまずは大成功といったところでしょう。特に前段のプルト数の割に分厚く響く弦は秀逸で、後のR.シュトラウスの「メタモルフォーゼン」をふと思い出したりする。ざらりとした音色とずっしりとした音圧がうまくバランスしている。終末部はもしかすると、単に音が小さい、あるいはオーケストレーションが薄いという以上の表現というものがあって、もっと意義深いピアニッシモが有りうるのかも知れませんが、それを望むのもまた贅沢というものでしょう。真ん中のレントラーとロンド・ブルレスケだが、マーラーが凝りに凝って書いた奇矯な和声やポリフォニーの網目を味わうにはほんの少しテンポが速すぎたように思います。物凄く大切な音楽の要素がすっ飛ばされてしまった感じ。狂気に満ちた音楽である程度のテンポは必要だし、微温的でも困るけれど、ショスタコーヴィチの10番のスケルツォみたいな速さでやられると、少なくとも私の耳では追いつかなくて残念な感じ。だが、最後が良かったので概ね良い演奏を聴いたという印象です。

どうでもいいことですが、第1楽章の終わりあたりから補聴器のハウリング音が鳴りだして、第2楽章の間ずっと気になりました。さすがにこれはまずいだろうと思っていたら、第3楽章の前にどうやらご本人に気付いてもらえたようでほっとしました。何年か前にもこの現象を経験しましたから、しばしば起こることのようです。この歳になると不快に思うよりもむしろ他人事ながら身につまされます。
by nekomatalistener | 2016-04-12 00:30 | 演奏会レビュー | Comments(0)
<< Olivier Messiae... 京都観世会例会 「田村」 「百... >>