<< 京都観世会例会 「小鍛冶」 「... ハイドンのオペラを聴く(その2... >>

ポゴレリチ・リサイタルまたは夢の文法

ペヤングはお気の毒だがこのツイートちょっと笑いました。
 ぽんこむ(人でなし)♥尼ロリ @Ponkom · 12月13日
 カップヌードルを開封したら中にエビの死骸が!




イーヴォ・ポゴレリチのリサイタルを聴きました。毀誉褒貶相半ばする人だと思うので最初に結論を書いておきます。私は素晴らしい演奏だと思いました。


  2014年12月14日@サントリーホール
  リスト 巡礼の年第2年「イタリア」から
       ダンテを読んで(ソナタ風幻想曲)
  シューマン 幻想曲 ハ長調 op.17
  (休憩)
  ストラヴィンスキー 「ペトルーシュカ」からの3楽章
  ブラームス パガニーニの主題による変奏曲 op.35


だが、この日私が受けた感銘を言葉にしようと思うと、これが本当に難しい。聴いて思わず感涙に咽ぶといった情緒的な感動でないことは確かだが、かといって知に訴える音楽でもない。曲によってはかなりエキセントリックな解釈だが、定石を外す面白さ、というのともまったく違う。この感動はいったいどこからくるのか、何とかこれを言葉にしてみたいと思う。

その感動の幾分かは、彼がピアノから引き出す比類ない音そのものの純度に負っていると思います。それは瑕や濁りが皆無という訳ではないのだが、轟くような強音も頽れるような弱音も、スタインウェイの性能の限界に迫るような凄まじさで聴く者の心を鷲摑みにする。単に美音とかいった生易しいレベルではなく、そこには音楽というものに常に纏わりつく意味作用を剥奪され、純粋なシニフィアンと化した音そのものがそこにあったという感じがします。それを全身で享受する喜びというものはそもそも言葉になりえないのかも知れません。

もう一つ感じたことは、いかに奇矯と思われるような解釈であろうとそこにはある種の明晰さがあると思われること。妻アリス・ケゼラーゼと死別してからの暫くの間、このピアニストが個性的な解釈といった範囲を超えて、スキャンダラスなほど恣意的に崩れた演奏をし、技巧面でも随分とすさんだ時期があったのは事実だとしても、少なくとも今回の演奏に関して言えば恣意性でなく論理性、混沌ではなく明晰な精神というものを強く感じました。常識的なテンポを大きく逸脱したシューマンでさえ、透徹したソノリテの設計があり、構造が透けて見えるような見通しのよさがあるように思われます。だが、この人はおそらく恐ろしいほどの明晰さで言葉を話しているのだが、その文法が我々の使う言葉のそれとは少し異なっているのかも知れない。それは夢の中で起こる事象が、ほとんど現実と異ならないのにどこかすこし異常だったりするのにも似ている。この人はいわば夢の中で語っているのではないか。

開演の25分ほど前にホールに入ると、舞台の上には私服にスキー帽のポゴレリチその人がすでにピアノの前に座っていて、驚くほど小さな音でゆっくりと、シューマンの第2楽章の左右の手が跳躍する難所やブラームスのオクターブのアルペジオなどを何度も何度もさらっていて驚きました。聴衆の何人かは舞台の前方に集まり、ピアニストの視界に入らぬよう背中の方から様子を見ていましたが、本人は時折客席を放心したように見つめながら、いつまでも弾き続けている。定刻の10分ほど前に一人の女性がそっと近づき何かを囁くと、まるでスローモーションのようにゆっくりと立ち上がり、魂の抜けた人のように蹌踉と舞台の袖に引き上げていきました。その時はあっけにとられましたが、後で演奏を聴くと妙に腑に落ちるものがあり、「ああ、このひとは私とは違う世界の住人なのかも知れない」と思いました。彼の住む世界は、調度や設えは現実と少しも違わないのに、部屋が水で満たされていたり、空気に水ガラスのような粘度があったりするのだろうか。だからシューマンのファンタジーが40分も掛かるのか、というのは冗談だが、彼の演奏を他の演奏(現実の世界のピアニストたちの弾く演奏)と比べてここが異常だとか、あそこがおかしいなどと言うのはもはや意味を為さない言説であることは確かだろうと思います。

実を言えば、シューマンの第1楽章が通常の意味でかなりエキセントリックであった他は、想像していたのよりもはるかに「まともな」演奏でした。リストでは轟然とピアノが鳴り、ロマン派の香りも毒も存分に放ちながら圧倒的なヴィルトゥオジテで弾き切ったといった演奏。シューマンの第1楽章も「文法」こそ違えどそのおそるべき求心力に度肝を抜かれましたが、第2楽章の中間部に溢れるシューマンの真情の吐露をここまで表現した演奏はちょっと他にないのではないか、と思われました。そのあとのコーダの技巧も目覚ましく、さらには第3楽章の静かに潮が満ちていくような音楽には、まさに「ポゴレリチ復活」といった思いをしました。ペトルーシュカはまるで初めて聴く曲のように思わぬところから見知らぬ旋律が聞こえ、火花のような音の閃きがそこかしこに飛び散るのが面白く、イマジネーションの豊かさを感じます。そして何より驚いたのはブラームスの超絶技巧の確かさと、あちこちにシューマンの最良のページにも似た豊穣極まりない響きが聞こえてくることでした。どちらかといえば霊感に乏しい作品と思っていた時期もあったのですが、今回のパガニーニ・ヴァリエーションは作品の真価の見直しを迫るほどの驚異的な演奏であったと思います。

今回のプログラムで誰しも思うことは、「よくまぁこれだけ難曲を揃えたものだ」というものでしょう。最後にブラームスを聴きながら、このプログラムを貫くテーマはヴィルトゥオジテそのものかも知れないと思いました。第1部の前半に19世紀を代表するヴィルトゥオジテ、第2部の前半には20世紀を代表するそれが置かれ、第1部の後半はデレッタント故に本物のヴィルトゥオーゾというものに強烈なルサンチマンを感じていたであろうシューマンの、切歯扼腕するような作品を配すると、最後のブラームスの想像力の限りを尽くすような難技巧の数々が、シューマンの立ち位置からのリスト作品への返礼のように、あるいはシューマンのルサンチマンを晴らすかのように思われてくるのが実に面白い経験でした。しかしこのプログラムでこんなことを考えさせてくれるというのはよほどのテクニックがあってこそ。やはり凄いピアニストです。

私は別にポゴレリチの信者でもなんでもなく、実は生で彼の演奏を聴くのは初めて。随分昔の、プロコフィエフの6番ソナタとか、シューマンのトッカータの録音とかは凄いと思うけれど、最近の50分近く掛けたリストのソナタなど、youtubeでちらっと観たが正直なところ何だこれ、と思った口です。今回、何人か知人が聴きに行くというのでつい連られてチケットを買ったが、最近ヨーロッパでの隠し録りのyoutubeが出回り(すぐに削除されたが)、ついついそれを観て(音だけ聴くと)奇矯としかいいようがないファンタジーやペトルーシュカにちょっと辟易し、かなり後悔していたのでした。しかし実演を聴いてみるものだ。わざわざこのリサイタルの為だけに関西から出てきただけの甲斐はありました。

最後に蛇足、というか備忘。全曲楽譜を譜面台に置いての演奏。若い男の子が譜めくりに就いたが、ブラームスの途中でポゴが彼に何かつぶやくと、それ以降自分でめくり出した。なにかトラブルがあったのだろう。ブラームスが終わると、すぐさま足で椅子をピアノの下に押し込み、譜めくり用の椅子まで押し込む。アンコールを峻拒している様子は明白なので聴衆のカーテンコールも短め(時間が押していたせいかも)。非常に神経質で気難しそうなのは事実だが、ことさら機嫌が悪かったということでもなさそう。最後まで茫洋とした感じで、ピアノのこと以外は一切考えて無さそうなタイプとお見受けした。
(この項終わり)
by nekomatalistener | 2014-12-16 16:35 | 演奏会レビュー | Comments(3)
Commented by Matsumoto at 2014-12-17 03:15 x
当日は初対面にも関わらず、いろいろとありがとうございました。
さて、ポゴレリチですが、私には、亡き妻を追いかけ続ける亡霊のように思えてなりません。
しかし、この方、本音はあまりにも健全な精神構造を有した人物なのであろうと・・・そこで、ダンテや発狂した作曲家やその他難曲を披歴し、天国への入試に臨み、結果落とされ続け、ついには地獄の入試にも臨み、やはり落とされている、こんな風な気がしております。
この世で、終生ピアノを弾き続ける罰を背負った殉教者かな・・・などと思いを馳せております。何か、ものの哀れを感じさせる風体と言い、まさに超絶・隔絶した世界観を表出しているのかと思われます。
Commented by nekomatalistener at 2014-12-17 11:31
コメントありがとうございました。ピアノを弾いている時以外のあの茫洋とした姿には、正に仰る通り殉教者という言葉が相応しいと思います。実はもう少しポゴレリチという人の狂気について書きたかったのですが、「狂気」と書くと底の浅いものになりますし、当日私が感じた明晰さに対して誤解を招くだろうと思い、言葉にしませんでした。その書き足らなかったところを大兄のコメントに補って頂いたような気がします。
Commented by nekomatalistener at 2014-12-17 11:39
"An die Musik"に寄稿された御高文の幾つかを興味深く拝読しました。これから少しずつ読んで行きます。今後とも拙稿への批判やご指導等、よろしくお願い申し上げます。
<< 京都観世会例会 「小鍛冶」 「... ハイドンのオペラを聴く(その2... >>