人気ブログランキング |
<< コルンゴルト 「死の都」 ヴァ... コルンゴルト 「死の都」 ヴァ... >>

ヴェルディ 「ドン・カルロ」 二期会公演

アンサイクロペディアで「ポン・デ・ライオン」引いたらこんなん載っとった。
「淡路島 ポン・デ・ライオンなく声に 幾夜ねざめぬ 須磨の関守」
(ってか何でそんな単語を検索したのか、という声)




二期会の「ドン・カルロ」を観てきました。


   2014年2月23日 東京文化会館大ホール
   フィリッポ2世: ジョン・ハオ
   ドン・カルロ: 山本耕平
   ロドリーゴ: 上江隼人
   大審問官: 加藤宏隆
   エリザベッタ: 横山恵子
   エボリ公女: 清水華澄
   テバルド: 青木エマ
   修道士: 倉元晋児
   レルマ伯爵: 木下紀章
   天よりの声: 全詠玉

   指揮: ガブリエーレ・フェッロ
   演出: デイヴィッド・マクヴィカー
   合唱: 二期会合唱団
   管弦楽: 東京都交響楽団


今回の感想を手短に言えば、「歌手すごい、指揮とオケ残念」というところか。私は、とにかく清水華澄のエボリ公女を聴きたくて今回の公演を聴いたようなものなので、その点はとても満足。しかし、総合的にみて色々と問題のある公演だったと思います。
総じて歌手の出来については出色の舞台であったと思います。清水華澄についてはこれまでも何度か取り上げてきましたが、一番最初に聞いたドヴォルザーク「ルサルカ」の第三の森の精は端役なので別とすると、オテロのエミーリア、カヴァレリア・ルスティカーナのサントゥッツァ、メデアのゴラ、どの歌唱を思い出してもその役柄に全身全霊で没入していくタイプの歌手と思われ、しかもその「入り込み方」が凄まじいと思います。それらと比べても今回のエボリ公女、その気性の激しさ、一人の女としての可愛らしさから怖さ、惨めさすべて凝縮したような役柄はまさに彼女にうってつけのものだろうと思います。聞いた話によればそもそもエボリ公女を歌いたくてプロの歌手になった由、その意味でも今回の公演は彼女自身にとっても我々聴衆にとっても忘れ難いものになったと思います。それにしても、エボリ公女というのは数あるヴェルディのメゾソプラノの役の中でも特に難しい役ではないだろうか。彼女の思い入れの深さと、ずば抜けた歌唱力を以てしても完璧とは言えなかったように思います。その原因の大半はもちろん端正ではあるが燃えないフェッロの指揮にあるのだが、彼女自身の問題としても僅かに制御しきれていないような部分があったように思います。例えば第3幕のエボリ、カルロ、ロドリーゴによる三重唱「震えるがいい、偽りの息子」、冒頭のエボリのソロは聴いていて鳥肌のたつ思いだが、後半3人がユニゾンで同じ旋律を歌うところで思いがけなく声が埋もれてしまう。燃え上がる情念と、バランスを考えながら歌唱を制御していく知性の両立、本来矛盾するその双方を両立させる困難、両者のわずかな空隙を垣間見たような感じだろうか。指揮も含めて思いのほか良かったのは第2幕、カルロの手紙を読むエリザベッタのパルランドの裏で、パリの社交界への憧れをロドリーゴ相手に歌う場面。エレガンスの極みというべき場面であろうと思います。ここは本当に素晴らしかった。最初の聞かせどころ「ヴェールの歌」と最大の見せ場である第4幕「おお忌まわしい贈り物」、これも指揮とオケがもうすこし良ければ、と思うが、それを差し引いてももっと上を狙えるはず、という思いを禁じ得ませんでした。今回の歌手陣ではずば抜けていただけに満足しきれない部分もあるが、何年後かにもう一度エボリを歌ってほしいと切望しています。
ドン・カルロを歌った山本耕平も賞賛に値すると思います。輝かしく華のある声で声量もあり、しかも役柄に必要なロバストな声質の持ち主。あまり感情移入できる役柄ではないが、大いに楽しませてくれました。
フィリッポ2世役のジョン・ハオも優れています。よく響く声で王の威厳と孤独を表現し得ていたと思います。
ロドリーゴ役の上江隼人は声量こそ上記の歌手たちに一歩及ばずながら、ノーブルな歌い方が素晴らしい。その知的な歌い振りによって、ソロだけでなくアンサンブルにおけるバランスが適確であったと思います。
エリザベッタの横山恵子は、本来歌うはずであった安藤赴美子が急きょインフルエンザでダウンしたとのことで前日に続いての連荘。テクニックも声量も安定したドラマティコだが、この役にはもう少しリリコとしての側面がほしいと無い物ねだりかもしれませんが思ってしまいました。
可憐な青木エマのテバルト等、脇役も充実していましたが、加藤宏隆の大審問官は本来主役級のバスが歌うべき役柄だと思うのでやや軽かったのではと思います。CDで聴いたニコライ・ギャウロフなんかと比べるのが間違っているとは思うけれど、王と大審問官のバス同志の対決というのは、400年のオペラ史の中でも特異な音楽であり、しかもヴェルディの書いた音楽の中でも最も優れたページの一つだと思うので、どうしても無い物ねだりしたくなります。
合唱は人数の割にはぱっとしません。第3幕のスペクタクルな場面などもうすこしマッシブであってほしいところ。これも新国立の合唱団と比べてしまうと少し物足りなく思います。

さて、先ほどもすこし触れた指揮のガブリエーレ・フェッロだが、悠揚迫らざる、とか端正な、とかポジティブに評価する向きも多かろうと思いますが、私にはなんとも隔靴掻痒で燃えない音楽。心なしか歌手も歌いにくそうに思われる瞬間がいくつもありました。個々の歌手について上に記した小さな不満なども、指揮が良ければ本来は気にならない類のものです。すくなくともドン・カルロやエボリ公女の音楽はもっと直情的にやったほうが良いと思いますが、先程もすこし触れたとおり、王妃の庭園の場などある種のギャラントな音楽はものすごく魅力的。オーケストラ(都響)は、東フィルとかと比べるとどうしても響きが薄くて響かない。個々のプレーヤーの技量は優れていると思われるだけにこれまた残念。東京文化会館は本来もっと響く箱のはずなのだがやけにデッドに聞こえました。
演出だが、鬼才デイヴィッド・マクヴィカーということで期待していましたが、いつぞやの新国立でのトリスタン同様ちょっと不発だったようです。DVDで観た「サロメ」や「リゴレット」など、少々露悪的ながらも美しく説得力のある舞台を創造する人だが、随所にでてくるコンチェルタートでドラマが停止してしまうところ、登場人物が突っ立ったままになってしまうのはマクヴィカーにしてコレか、と不満が残ります。様式的な美しさを狙ったのかも知れませんが、群衆の動かし方についてはもっと巧い人のはずです。おそらく時代物より世話物に向いた人なのだと思います。美術(ロバート・ジョーンズ)はわずかな変化で全場面を押し通す経済的なつくりですがそれなりに美しく見栄えがします。特筆すべきは衣装(ブリギッテ・ライフェンシュトゥール)の美しさだろうか。豪奢で洗練されていて素晴らしいと思いました。
 
どうでもいいことですが、第1幕から第3幕休憩なしで通すというのはかなりしんどいですね。本来なら1・2幕で休憩、3幕と4幕の合間でもう一度休憩というのが望ましいのでしょうが、第3幕のエボリ公女とエリザベッタの二重唱と王妃のバレエをカットすると3幕が中途半端な長さになってしまい、こういった幕間にせざるを得ないということでしょう。オーソドックスなグランド・オペラとして書かれながら、改訂に次ぐ改訂で、いわば決定稿のないオペラになってしまったがゆえの困難だと思います。どの稿にしても未完成感が残る出来の悪いオペラですが、その出来の悪さ自体が中期のヴェルディならではの魅力であると思います。完成度の高い名作よりも、不出来ではあるが天才の迸るような作品を何より好んだアバドがこだわったオペラというのも大いにうなづけます。日本ではおそらく今回の5幕イタリア語版による上演が定番となっていくのだと思いますが、本来のグランドオペラの体裁による、王妃のバレエを含む5幕フランス語版を見てみたいものだと思いました。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2014-02-25 23:16 | 演奏会レビュー
<< コルンゴルト 「死の都」 ヴァ... コルンゴルト 「死の都」 ヴァ... >>