<< ライマン 「リア王」 二期会公演 ハンス・ヴェルナー・ヘンツェを聴く >>

二期会公演に先立ってライマンの「リア王」を予習中

ハロウィンの日の●神電車、仮装したDQNがいっぱい。もういや~。





11月10日の二期会公演@日生劇場、ライマンの「リア王」観劇に向けて予習中です。無理やり出張も作って準備万端(笑)。音源は2種類。

 アリベルト・ライマン「リア王」全曲

  ①リア王: ヴォルフガング・コッホ(Br)
   フランス王: マグヌス・バルトヴィンソン(Bs-Br)
   オールバニ公爵: ディートリッヒ・フォッレ(Br)
   コーンウォル公爵: マイケル・マッカウン(T)
   ケント伯爵: ハンス=ユルゲン・ラザール(T)
   グロスター伯爵: ヨハネス・マルティン・クレンツレ(Bs-Br)
   エドガー: マルティン・ヴェルフェル(C-T)
   エドマンド: フランク・ファン・アーケン(T)
   ゴネリル: ジャンヌ=ミシェル・シャルボネ(Sp)
   リーガン: キャロライン・ウィスナント(Sp)
   コーディリア: ブリッタ・シュタルマイスター(Sp)
   道化: グレアム・クラーク(語り)
   侍者: チャッド・グレアム(T)
   騎士: ニコライ・クラワ(語り)
   セバスティアン・ヴァイグレ指揮フランクフルト歌劇場管弦楽団
   フランクフルト歌劇場合唱団(合唱指揮:マティアス・ケーラー)
   2008年9月28日・10月2,12,25日ライブ録音
   CD:OEHMS OC921

  ②リア王: ディートリッヒ・フィッシャー=ディースカウ(Br)
   フランス王: カール・ヘルム(Bs-Br)
   オールバニ公爵: ハンス・ヴィルブリンク(Br)
   コーンウォル公爵: ゲオルク・パスクーダ(T)
   ケント伯爵: リヒャルト・ホルム(T)
   グロスター伯爵: ハンス・ギュンター・ネッカー(Bs-Br)
   エドガー: デイヴィッド・クナトスン(C-T)
   エドマンド: ヴェルナー・ゲッツ(T)
   ゴネリル: ヘルガ・デルネシュ(Sp)
   リーガン: コレット・ローランド(Sp)
   コーディリア: ユリア・ヴァラディ(Sp)
   道化: ロルフ・ボイゼン(語り)
   侍者: マルクス・ゴリツキ(T)
   騎士: ゲルハルト・アウアー(語り)
   ゲルト・アルブレヒト指揮バイエルン国立管弦楽団
   バイエルン国立歌劇場合唱団(合唱指揮:ヨーゼフ・バイシャー)
   1978年10月バイエルン国立歌劇場でのライブ録音
   CD:DG UCCG3013/4

①は昨年11月の投稿で取り上げたライマン「メデア」全曲盤と同じくOEHMSレーベル。「メデア」のCD同様、カラー写真入りのきれいなリーフレットが添付されているが、リブレットはドイツ語のみってのが残念。②は渡辺護氏による歌詞対訳とライマン自身による詳細な作曲経緯が添付されているが現在は廃盤で、amazonではかなりの高値がついているようです(私は大阪府立中央図書館で借りました)。
今回はこの二つの音源の聴き比べという訳ですが、まず②のほうからいくと、いかにも今さっき生まれたばかりの生々しい現代音楽という感じがします(実際に初演と同時進行で録音されたのですから当然といや当然)。スコアを調べたわけではないので、あくまで印象批評の域を出ませんが、四分音やクラスターの音響効果が先鋭極まりない。これは相当現代モノを聴きなれた人にとっても手ごわいハードコアな前衛音楽というふうに聞こえます。歌手は豪華な顔ぶれですが、歌唱というよりも語りの要素の強いフィッシャー=ディースカウについては好き嫌いのレベルはともかく、正当な評価というのはちょっと難しそうだ。もちろん作曲者はFDのためにこのオペラを書いたのだから、この歌唱がどこまでスコアに忠実なのかといった問いは意味を為さない訳だが、王の威厳よりも人間としての弱さや醜さを前面にだしたFDの朗唱はある意味凄まじい。長女ゴネリルに蔑ろにされたリアが、次女リーガンに泣きつく場面など、実際の人間の老いというものが如何に惨めで醜いものか思い知らされるほど。第2幕で、完全に狂気に陥ったリアが譫言を話す場面はFDの独擅場でしょう。二人の姉娘役のヘルガ・デルネシュとコレット・ローランドの激しいコロラトゥーラ風の技巧的な歌唱も寒気がするほどだが、コーディリアを歌うユリア・ヴァラディがいつになく抒情的な歌い方で、女声三人の性格が明確。個々の歌手について書き出すときりがないが、グロスターとエドガーの断崖の場は感動的。シェークスピアが「リア王」において「神無き世界」を描こうとしたのか否かは私には分らないが、ここでのエドガーはまるで神性を帯びているように思われます。ライマンがこの役をカウンターテナーの為に書いた理由もそこにあるのでしょう。グロスター役のハンス・ギュンター・ネッカーとエドガー役のデイヴィッド・クナトソンは素晴らしい歌唱だと思います。
これを聴いて①を聴き比べると、同じスコアとは思えないほど響きが美しく音楽的に聞こえます。音楽的に、というのは誤解を招く表現かも知れませんが、要は新ウィーン楽派の延長線上にある音楽、という風に聞こえるということ。特に印象深いのは道化が語る場面が弦楽四重奏できわめて室内楽的な書法で書かれ、前後の大オーケストラの咆哮や金管打楽器群の炸裂と明確な対比がなされていることに改めて気づかされるところでしょう(道化だけが終始狂気から免れているということか)。ただ、①と②のどちらが正しい音楽のありようなのかは私には判断がつきません。どちらがよりスコアに忠実か(どのみちこれほど複雑で前衛的な書法で書かれている以上、オーケストラや生身の歌手による完璧な再現というのは困難だろう)というレベルではなく、どちらが作曲者自身が考えていた音響に近いか、というのは興味深い問題だと思います。①のほとんど官能的なまでのオーケストラの美しさ、道化の場の、ウェーベルンの「弦楽四重奏のためのバガテル」を思わせるような透明なテクスチュアは素晴らしいと思うけれど、1978年に生まれたこのオペラの、非常に大切な本質の幾分かは失われているのではないか、という疑念を感じざるを得ません。といって、この①の録音が角の取れた、中庸の音楽かといえば決してそうではなく、第2幕グロスターが両目を抉られる場の戦慄すべき表現、第1幕で狂人のふりをして辛くも逃げおおせたエドガーの長い独白とその前の間奏曲の、夜明け近く白々とあたりが闇に慣れた目に映りだす景色のような荒廃の美の表現など、これはこれで端倪すべからざる演奏だと思いました。指揮をしているセバスティアン・ヴァイグレについては、今年4月の東京・春・音楽祭のマイスタージンガーを振っていた人、という他には私はあまり知識がありません。以前この人がリセウ歌劇場で「ヴォツェック」を振ったDVDがあって、東日本大震災の直後に東京で「ばらの騎士」のオックス男爵を歌ったフランツ・ハヴラタがタイトルロールを歌っているというので思わず買ったのだが、エログロの極致のようなエグイ演出にげんなりしてほとんど観ていないのです(一昔前なら間違いなくボカシがはいるようなシロモノ)。リア王を聴いて、改めてこの指揮者をすこし注視していきたいと思った次第。歌手はいずれもこの「音楽的な表現」というコンセプトに沿った歌唱というところで、歌うべきところは朗々と歌い、シュプレッヒシュティンメで書かれたところはここぞとばかり演劇的な表現をしているという感じを受けます。個々の歌手で突出した人は良くも悪くも見当たらないが、リーガンを歌っているキャロライン・ウィスナントは歌も素晴らしいけれどヒステリックな嗤いの表現が実に演劇的で面白いものでした。
この①と②の表現の違いについてですが、これは単に指揮者の解釈の違いというより、この二つの録音の間に経過した30年という時間そのものという気がします。オーケストラの各メンバーや個々の歌手の技巧、前衛的なスコアに対する慣れといったものはこの期間に格段の進歩を遂げたのは間違いありません。しかしその反面、なんというか、この業界全体が反前衛的な、一種の懐古趣味のようなものに覆われつつあるのではないかという気もします。作曲者ライマン自身にしても、この二つの録音に現役の作曲者がなんらかの形でコミットしているのでしょうから、それはライマン自身の心境の変化とも関係しているような気がします。個々のプレーヤーの前衛的書法に対するおどろくべき順応と、それをとりまくある種の退嬰的な潮流。この一見相反する事象がこの先10年後、20年後どうなっていくのか、作品そのものの評価とは別に気になるところだ。
シェークスピアの「リア王」そのものについても書きたいことはあるが、これは10日の公演を聴いてからにしようと思います。
(この項終わり)
by nekomatalistener | 2013-11-07 22:18 | CD・DVD試聴記 | Comments(2)
Commented by Eno at 2013-11-10 20:21 x
私はいつもバイエルン盤を聴いていました。フランクフルト盤も持っているのですが、一度も聴いていませんでした! よさそうですね。今度聴いてみます。
Commented by nekomatalistener at 2013-11-13 11:53
実際の舞台を観てしまうとフランクフルト盤は若干ぬるいと感じられるかもしれません。バイエルン盤はやはり必聴盤であると再認識しました。
<< ライマン 「リア王」 二期会公演 ハンス・ヴェルナー・ヘンツェを聴く >>