<< 新国立劇場公演 ヴェルディ 「... イーヴ・ナット Yves Na... >>

イーヴ・ナット Yves Nat Ses Enregistrements 1930-1956(その14)

前々回の枕でヤクルトのバレンティンのことを書いたら、友達が「どうせ野球音痴でバレンティンの顔知らんでしょ」とアジャコングの画像を送ってきた。おかげでアジャコングのパンティラインが脳裏にちらついて大変困っています。





このシリーズも残すところあと2枚。今回はインタビューの録音とナット自作自演のあれこれ。

   CD15
   イーヴ・ナットへのインタビュー(自作のコンチェルトを語る)
   イーヴ・ナット
     ピアノ協奏曲* [1954.2.4.パリ・シャンゼリゼ劇場にて録音]
     ちいさなムジクのためにPour un petit moujik [1929.2.12.録音]
     5つのメロディ** [1943.6.1.録音]
       Dans vos viviers, dans vos étangs
       Chanson pour un officier de marine
       Chanson de la nageuse nue
       Que lentement passent les heures
       L'enfant à la poule aux œufs d'or

     *ピエール・デルヴォー指揮フランス国営ラジオ局管弦楽団
     **イレーネ・ヨアヒム(Sp)
     **シャルル・ミュンシュ指揮パリ音楽院管弦楽団

前半にラジオでのインタビューが入っていますが、私フランス語まったく判りませんのでパス。最初インタビュアーの番組紹介があって、短いピアノ曲が流れるが、誰の何て曲かも判りません。インタビューの後半にナットのピアノ協奏曲の第4楽章のカデンツァが流れます。
さてその協奏曲ですが、フランス人でありながらベートーヴェンやシューマンを得意とした(少なくとも世間からそう思われていた)ナットの自作が如何なるものか、というのが興味のあるところですが、これがラヴェルとアンドレ・ジョリヴェとジャズを混ぜ合わせたようなシロモノ。まぁ一言でいってピアニストの余技の域を出る物ではありませんが、彼も時代の子であったのだなぁとちょっとした感慨を覚えます。
4楽章からなる18分ほどのこの協奏曲、第1楽章Allegro molto quasi prestoはラヴェル風の色彩豊かなオープニングからすぐにジョリヴェ風、あるいはジャズ風の音楽になって、フランス人の好みそうなエキゾチシズムに溢れた音楽が展開します。Andanteの第2楽章はちょっとムード音楽みたい。第3楽章Intermezzoは急速な連打音をモチーフにしたトッカータ風の音楽。Vivoのフィナーレは先立つ楽章のモチーフを用いたもので、ジャズのインプロヴィゼーションのようなカデンツァが奏されます。それなりに面白く退屈しませんが、歴史には残らんだろうなぁ。
ピアノ独奏による「ちいさなムジクのために」。Moujikを辞書で引くと「帝政ロシアの農民」などと書かれていますが、作品が書かれた背景は全く判りません。ムジクといえばイヴ・サン=ローランの愛犬のフレンチブルドッグの名前だが、それと関係があるのかどうか。不定冠詞が附いているので犬の名前じゃなさそうだな。それはともかく、ロシア風のメランコリーに満ちた美しい旋律で、久石譲だよと言われたら信じてしまいそう。途中の盛り上がりはラフマニノフを意識したのだろうが、ちょっとガチャガチャとやかましいのが残念。
「5つのメロディ」は最初の3曲がピアノ伴奏、後の2曲はオーケストラ伴奏。詞は第1・4曲がアポリネール、第2・3曲テオフィール・ブリアン、第5曲はナットの自作とのこと。いずれも1分から2分程度の短い作品ですが、こういうメロディーはフランス人にしか書けないだろうと思います。ミヨーの歌曲のような雰囲気もあって、なかなかの佳作です。歌っているイレーネ・ヨアヒム(本当はイレーヌ・ジョアシャンと発音するのだろうが日本ではヨアヒムで通っている)は知る人ぞしるフランスの歌姫。ドビュッシー、ベルク、ミヨーの他、プーレーズの「水の太陽」なんかも歌っています。現代音楽のファンは名前を憶えておいた方が良さそうだ。清楚なのにどこかノンシャランな歌いぶりが味わい深く、素敵です。協奏曲もそうですが、オーケストラもデルヴォーにミュンシュとなかなかの豪華版。ナットの日本での知名度は今一つですが、フランスで彼が如何に大切に思われているかが伺えます。
(この項続く)
by nekomatalistener | 2013-09-22 15:25 | CD・DVD試聴記 | Comments(0)
<< 新国立劇場公演 ヴェルディ 「... イーヴ・ナット Yves Na... >>