人気ブログランキング |
<< 大井浩明 Portraits ... ライマン 「メデア」 二期会創... >>

新国立劇場公演 プッチーニ 「トスカ」

パワハラはヤだけどネコハラだったらされてみたい(仕事中なのにキーボードの上に座られる、とか)。





「ライマン」のメデアを観てから家に戻って、興奮冷めやらぬままに感想をブログに書いたら、もう右脳も左脳も完全燃焼してさすがにぐったり。翌日の「トスカ」のチケットを取っていたことを少し後悔してました。仕事のことを考えるとこの日しかなかったのですが、一瞬行くの止めようか、と思ったほど。でも行ってよかった。とても良い舞台でした(でも今日の投稿はちょっと短め)。

  2012年11月11日

  プッチーニ 「トスカ」
   トスカ: ノルマ・ファンティーニ
   カヴァラドッシ: サイモン・オニール
   スカルピア: センヒョン・コー
   アンジェロッティ: 谷友博
   スポレッタ: 松浦健
   堂守: 志村文彦
   指揮:沼尻竜典
   演出: アントネッロ・マダウ=ディアツ
   管弦楽; 東京フィルハーモニー交響楽団

「トスカ」という作品、改めて傑作であると思いました。普段そんなにしょっちゅう聴きたいと思わない曲で、以前にも先輩の方に「プッチーニは何が好き?」と聞かれて散々迷った末に「ジャンニ・スキッキかトゥーランドット」と答えたことがありましたが、まぁ「トスカ」という回答は思い浮かびませんでした。しかし、こうして舞台で観ると実に完成度の高い作品です。各幕に極めつきのアリアがそれぞれ配され、そのいずれも見事な泣かせっぷり。いいじゃないですか、たまにはプッチーニで泣くのも(笑)。
主役3人のうち、本日のMVPはカヴァラドッシを歌ったサイモン・オニール。文字通りスピントな声で、音域が上がれば上がるほど輝かしさを増していく強靭な声。しかも脳天気なテノールではなくて知性を感じさせる歌い方です。低音域にやや精彩を欠くか、とも思いましたが瑕というほどのことでもない。何となく世界的にテノール不作の印象があったが、まだまだ素晴らしい歌手は沢山いるのですね。
トスカのノルマ・ファンティーニもなかなか良い歌手です。音域の高い強音になると若干音程が怪しくなるところがありますが、基本的には透明感のある美しい声。第2幕の「歌に生き恋に生き」には思う存分泣かせて頂きました。このプッチーニの泣かせるメチエ(またか、と言われそうですが)、今は書く気力がないですが、近いうちにもう一度、以前「外套」のジョルジェッタとルイージの二重唱で試みたような分析をしてみたいと思っています。トスカの3つの有名なアリアは、それぞれ物語の進展に応じて実に面白い構造を秘めているとだけ申し上げておきましょう。
スカルピアのセンヒョン・コーも悪くはないですが、なんというか、もっと突き抜けた悪の輝かしさみたいなものが欲しいと思いました。同じ悪役でも「オテロ」のイヤーゴのような陰影はそもそも持ち合わせていないストレートな悪役ですから、そのぶん声そのものの威力が要求され、ある意味イヤーゴよりも歌手にとっては難しい役かもしれない、と聴きながら思いました。手が届きそうで届かないようなもどかしさを感じます。
脇役は、アンジェロッティの谷友博は可もなく不可もなし。堂守の志村文彦とスポレッタの松浦健は大健闘。とくに後者は卑屈で小ずるい小心者、という役どころを見事に歌い演じていたと思います。
指揮は何といって変わったことはしていないのが大変結構(3階だか4階だかの席から派手なブーイングが出たのにはびっくりしましたが)。もう一歩踏み込んでタメを作って、なおかつ臭くならない、というのが理想的なのでしょうが・・・。オーケストラも、あとほんの少し音圧のようなものがあれば、と、これは私のないものねだり。
2000年の製作の舞台の再演ですが、正攻法でそれなりに金の掛った装置なのでしょう。新国立劇場の奥行きを活かしてそこそこの豪華さもあり安心感はあるが、思わずため息が出る、というほどではない。まぁこのお値段でゼッフィレッリの舞台みたいなゴージャスなものを望むのは間違っている、というのは十分判っております。
by nekomatalistener | 2012-11-11 23:44 | 演奏会レビュー
<< 大井浩明 Portraits ... ライマン 「メデア」 二期会創... >>