人気ブログランキング |
<< ストラヴィンスキー自作自演集W... ストラヴィンスキー自作自演集W... >>

大井浩明 Portraits of Composers 韓国現代ピアノ作品を集めて

よくある「俺、芸能人の誰それ見たぜ!」的な自慢話。その誰それが長澤まさみだったり武井咲だったりするとちょっとうらやましくて、おもわず「俺かて昔御堂筋線の車内で池乃めだか見たもん」とか張り合ってしまう。しかも「芸能人オーラ出てたよ、一応」とか注釈までしてしまう。




今年の演奏会は先日の「こうもり」で終わりにしようと思っていましたが、ついつい三連休の初日、大井浩明氏のピアノ・リサイタルに出かけてしまいました。結果は「行って良かった」。

 2011年12月23日(金)白寿ホール
 韓国現代ピアノ作品を集めて
  尹伊桑(ユン・イサン、1917-1995)
     5つの小品(1958)
     小陰陽(1966)
     間奏曲A(1982)
  朴琶案泳姫(パク・パアン・ヨンヒ、1945-)
     波紋(1971)
     のどの渇き(2008)
  陳銀淑(チン・ウンスク、1961-)
     ピアノのためのエチュード集(1994-2003)
      Ⅰ.インC(初版+改訂版)
      Ⅱ.連鎖(初版+改訂版)
      Ⅲ.自由なスケルツォ(初版+改訂版)
      Ⅳ.音階(初版+改訂版)
      Ⅴ.トッカータ~大井浩明のために
      Ⅵ.粒子~P.ブーレーズのために
  (休憩)
  姜碩熙(カン・ソッキ、1934-)
     ピアノ・スケッチ(1968)
     アペックス(1972)
     インヴェンツィオ~ピアノと電子音響のための(1984)
     ソナタ・バッハ(1986)
  アンコール:姜碩熙"Get Back"(ビートルズの編曲)
  大井浩明(ピアノ)、有馬純寿(エレクトロニクス)

このリサイタル、Portraits of Composers 2011というシリーズの4回目なのですが、1回目(クセナキス特集)は仕事で行けず、2回目(リゲティ特集)は新国立のサロメと被ってしまい、ダブルヘッダーで行こうかなと思ってましたが、サロメがとても良かったので結局行く気にならず、3回目(ブーレーズ特集)は当日階段を踏み外して軽い捻挫になり、大事を取って行かず。という訳でようやく4回目にして聴くことができました(因みに5回目は来年のシュトックハウゼン特集)。
大井浩明氏の演奏については、アルトゥール・タマヨ指揮のクセナキス管弦楽作品集の中の「エリフソン」と「シナファイ」の、目も眩むような圧倒的な演奏に接して、是非リサイタルを聴いてみたいと思っていましたが、昨年7月の「新ウィーン楽派ピアノ曲集成」と銘打ったリサイタル(2010.7.31於 公園通りクラシックス)は全く感心しない演奏でした。思うに、シェーンベルクやウェーベルンの音楽に対して、大戦後の音楽ほどには大井氏がシンパシーを感じていないこと、それに会場が渋谷の教会の下の、ライブハウスに毛の生えたような場所で、ピアノのコンディションも悪かったのかも知れません。という訳で、期待と恐れが半々のまま、しかも馴染みのない作品ばかりで迷いながら聴きに出かけたような次第ですが、今回は響きのよいホールと状態のよいスタインウェイにも恵まれ、氏の使命感にも似た凄まじい気迫を感じる演奏でした。正味ほぼ3時間に及ぶ長丁場、聴く側の疲労もちょっとやそっとではありませんが、物凄く充実した時間を過ごせたように思います。
個々の作品について詳しく論じるだけの知識は私にはありません。そちらは大井氏のブログ
http://ooipiano.exblog.jp/にお任せするとして、ちょっと思いついた事を備忘代わりに書き留めておきます。
今回とりあげられた4人の作曲家の内、唯一音楽と人となりについて多少は知っていた尹伊桑ですが、ピアノ曲を聴くのは初めて。十二音技法に拠ると思しい「5つの小品」はいかにもドイツ留学中の習作という感じで、正直よく判らないままに終わりました。「小陰陽」もピンと来ず。「間奏曲A」は後年の無調的ながら基底音のある音楽の作りですが、やはり良く判らない。思うに尹伊桑の真骨頂はやはり管や弦によるグリッサンドや微分音による表現にあるのであって、ポルタメントも微分音も不可能なピアノでは彼の本来の音楽というものは表現できないのでしょう。先日北朝鮮の金正日が死んだばかりでもあり、かつて留学先のドイツから北のスパイの疑いでKCIAの手によって朴政権下の韓国に拉致され、終身刑の判決を受けた尹伊桑の作品に期待するところ大でしたが、結果としてはピアノという楽器の制約を痛感させられた次第です。もっとも演奏そのものは大変な熱演でしたが。ちょっと脱線しますが、尹伊桑の拉致事件と、その時のドイツや日本の反応の一部始終については、一面的な見方であることは已むを得ないとしても尹自身とルイーゼ・リンザーの対話『傷ついた龍』(伊藤成彦訳、未来社)に詳しいので、興味を持たれた方にお薦めしておきます。
朴琶案泳姫の2作品、ピアノの内部奏法を含む表出力の強い作品ですが、興味を惹かれたとまでは行かず。
陳銀淑のエチュード集は、師事していたというリゲティのエチュードを思い起こさせるような、聴きやすく華やかな技巧が聴き手を楽しませる佳作。90年代には想像だにしてませんでしたが、今やリゲティのエチュードは先日来日したユジャ・ワンも取り上げるほどの人気作。今時ではちょっと現代モノに興味のある音大生にとっては必修科目でしょうし、PTNAなどのアマチュア・コンクールに登場するのもそう遠くないものと思われますが、今回聴いた陳銀淑のエチュードも、きっとリゲティにも飽きた腕自慢たちがそのうち取り上げるようになるのではないか、と思いました。今回の演奏では最初の4曲を、初版と改訂版続けて弾いてくれたおかげで、こちらの頭にすっと入ってきました。しかしながら、このような耳によく馴染む作品、プロ・アマ問わず、いわゆる爆演志向の強い腕自慢たちが今後競って取り上げそうな作品というのは、「現代の音楽」という意味では本当のところどうなんだろう?前後に弾かれた作品群とくらべて、ちょっと聴きには断然面白いのですが、そこにはとんでもなく深い断絶があるような気がします。韓国の文化事情についても良く判りませんが、日本で言うなら、演歌しか受け付けない世代と私なんかのもう少し下の世代、物心ついた時にはサザンやB'zが既にいた世代の間くらいの断絶じゃなかろうか、と。大体リゲティのエチュードですら、60年代の前衛的な傑作群を知る者からすれば退嬰以外の何物でもない、と思っている世代は多いはずです。さて、そうは言いながらこのエチュード、私の予言のとおり今後ポピュラリティを獲得できるかどうか、楽しみではあります。
姜碩熙はそういった意味では明らかに旧世代の人。作曲者御本人がご臨席されておられましたが、言葉は悪いですが中小企業のおやっさん、って感じの方でした。「アペックス」は中ほどまではシュトックハウゼンの幾つかの作品を思わせるような激しい表現に満ちていて、肘まで使ったクラスター奏法などに圧倒されましたが、終盤は殆ど単音かせいぜい3つまでの音の和音がポツンポツンと果てしなく鳴るだけになります。この「果てしなさ」というのは本当に気も遠くなるほどで、この妥協(聴き手と音楽産業に携わる人々への妥協)の無さに匹敵するのはモートン・フェルドマンの作品くらいなものではないでしょうか。演奏後の大井氏のトークで、出版譜にはもうすこし早いテンポが指定されているが、来日中の姜碩熙が「より東洋的に」と遅いテンポを要求したとのこと。力作には違いありません。その他は、まあこの世代の精一杯のはじけっぷり、という感想を持ちましたが、「インヴェンツィオ」におけるライヴ・エレクトロニクスの使い方など早くも古色蒼然という感じがして、音楽の世界における世代交代の早さ、進歩だかどうかは判りませんが変化の速さというものをつくづく感じさせられます。この「インヴェンツィオ」と「ソナタ・バッハ」の共通項は、いかにも80年代の作品らしく、調性が感じられるところ(古典的な意味における調性とはもちろん違いますが)。しかしながら、こういった作品はやはり古びるのが早いような気がしてなりません。私には前衛そのものといった1972年の「アペックス」のほうが、より研ぎ澄まされた内実を持つ音楽に聞こえました。アンコールにビートルズ・ナンバーの編曲。これパーティーか何かの席上で弾いたらきっと拍手喝采でしょうね。旧世代、頑張ってるなぁと思いました(笑)。
(この項終わり)
by nekomatalistener | 2011-12-25 00:33 | 演奏会レビュー
<< ストラヴィンスキー自作自演集W... ストラヴィンスキー自作自演集W... >>