<< プッチーニ 「ラ・ボエーム」 ... ストラヴィンスキー自作自演集W... >>

新国立劇場公演 ドヴォルザーク 「ルサルカ」

会社の親睦会なんかでビンゴゲームやると必ず神様のいたずらみたいな事が起こる(例えば不倫の噂のあるおじさんにお二人様箱根一泊券が当たったりの類)。去年のビンゴでは職場で一番体格のふくよかな女性にヘルシオ(スチームで余分な油をおとす電子レンジみたいなやつね)があたった。口の悪い連中がすかさず「お前が入れ~」とか言い出す。なんというか、神の悪意を感じるなぁ。




新国立劇場に「ルサルカ」を観に行ってきました。

 2011年12月3日(土)
 指揮:ヤロスラフ・キズリンク
 演出:ポール・カラン
 ルサルカ:オルガ・グリャコヴァ
 王子:ペーター・ベルガー
 外国の公女:ブリギッテ・ピンター
 イェジババ:ビルギット・レンメルト
 水の精:ミッシャ・シェロミアンスキー
 森番:井ノ上了吏
 皿洗い:加納悦子
 第一の森の精:安藤赴美子
 第二の森の精:池田香織
 第三の森の精:清水華澄
 狩人:照屋睦
 東京フィルハーモニー交響楽団

一言で言うと、とても素敵な舞台でした。以前ヴァーツラフ・ノイマン指揮の「ルサルカ」について投稿した際にも書きましたが、この歳になるまで殆どドヴォルザークに興味を持ったことが無かったので、よもやドヴォルザークを聴いて感動するなんて思いもしませんでしたが、舞台で観ると本当に良い音楽ですね。
まずはポール・カランの演出から。音楽の本質に合わせて全幕を少女が読んでいるお伽話の枠組みに入れた着想が秀逸です。けっこう長い序曲の間、舞台は月の明るい夜の少女の寝室。両親にもう寝なさいと促されますが、寝付けない少女が姿見の前に立つとそこには別の少女の姿が。序曲が終わるとセットが沈んで水底の場面に転換。寄宿舎のような広間に沢山のベッドが並んでいて、まるで修学旅行の枕投げの様相で水の精の娘達が大騒ぎしているという設定。音楽だけ聴いていた時は「子供っぽい」とか「泥臭い」とか散々ケチを付けた音楽も、こうやって舞台で見せられると実に面白い。魔法使いイェジババは、まず大きな月の中に姿が浮かび上がり、地に降りてきた月から現れます。人間になって王子と結ばれたいというルサルカの決意が固いと見てとったイェジババが、呪文を唱えながら秘薬を調合する場面、ドールハウスのような小さな家から、つぎつぎと動物やバレリーナや鉛の兵隊などが飛び出し、バレエを踊ります。ちょうどチャイコフスキーのくるみ割り人形のような演出。大道具は、少女の寝室以外は木々が描かれた書き割りのみ。それが照明ひとつで水底の世界と森と王宮の広間に次々と姿を変えていき、しかもどの場面もチープでなく本当に美しいものでした。このプロダクションはノルウェー国立オペラ・バレエのものを持ちこんだとの事ですが、予算縮減で新国立劇場も大変な時代に、演出家の工夫次第で簡素な大道具でもこういった素晴らしい舞台が可能なのだという意味で大変示唆に富む舞台なのではないでしょうか。第2幕のポロネーズの場面では、祝賀の客達がルサルカを無視し、あるいはあからさまに避ける様子が様式化されて描かれ、観ていて図らずも胸が痛みました。外国の公女(ノイマンのCDには「侯爵夫人」となっていたけど・・・?)のルサルカに対する苛めも酷いけれど、王子を離すまいとするルサルカの自己主張もなかなかのもの。美しいけれど宮廷のcourtesyというか、振舞い方を知らないルサルカが周囲との間に引き起こす軋轢がよく表現されています。優柔不断な王子が公女に捨てられると、王子の周りに不気味な水底の怪物達がやってきて、王子を虜にしていまいます。お伽話の本質的な怖さ、残酷さを感じます。終幕、ルサルカに許しを求めようと王子が森の水辺にやってきますが、ルサルカが王子にキスをすれば王子は死んでしまう、というのが原作の設定。しかし王子は死なずにルサルカが去ると夢から醒めたように、また王宮に戻っていきます。一人残されたルサルカが最後のアリアを歌い終わると、舞台には最初の少女の寝室がせりあがり、少女が童話を読み終わる、という設定(あのドールハウスもサイズダウンして鎮座してました)。以前にも書いた通り、このオペラの音楽にはエロスの要素が決定的に欠けている、というのが私の見立てですが、この演出はその音楽的な欠点、とまでは言わないけれど、その音楽的側面を逆手にとって、しかもお伽話の残酷さに許しと救済の要素を盛り込んで、実に説得力のある舞台に仕立てていました。
タイトルロールのオルガ・クリャコヴァについては、以前「蝶々夫人」の素晴らしい舞台を観て、こちらの期待が大きすぎたせいか、やや精彩を欠いているように思いました。声量はずば抜けているのですが、チェコ語のデクラメーションに対する不慣れなのか、どうも声量の豊かさがニュアンス豊かな表現に繋がらない。あの「月に寄せる歌」も、なんとなく神経が集中せず、気が逸れている内に終わってしまい、残念な思いをしました。別の日に観た友人は「肉感的すぎてこの役にはミスマッチ」と言ってましたがその通りなんだろうと思います。プッチーニであればその肉感的な声質がぴったりなんでしょうが、このお伽話に必要な非日常性、無垢な処女性のようなものは感じられませんでした。それでも水準以上の歌唱だとは思いますし、カーテンコールでも盛大な拍手を受けていましたが、これが別の歌手ならもっと違った感動があったようにも思います。
王子役のペーター・ベルガーは適役です。テノール・リリコの役柄ですが、少しドラマティコの要素も持ち合わせていてほしい、という聴き手の無い物ねだりを満足させてくれるには打ってつけの声質です。第1幕の登場の場面、第2幕の公女との二重唱など大変聴きごたえがありましたが、惜しむらくは第3幕、ちょっとスタミナ切れなのか低音が苦しそうでした。解説によればピンカートンや「椿姫」のアルフレード、「エフゲニー・オネーギン」のレンスキーあたりが持ち役とのこと、なるほどね~。舞台映えするイケメンなので、マスネなんか歌ってくれたらまた聴いてみたいと思いました。
外国の公女を歌ったブリギッテ・ピンターは優れた歌手だと思いました。最近はエレクトラやブリュンヒルデを歌っているとのこと。この人の名前はしっかり憶えておきましょう。
イェジババ役のビルギット・レンメルト、水の精のミッシャ・シェロミアンスキーも過不足ない歌唱、後者はもう少し声量とプロフォンドな表現が欲しかったですが。
脇を固める日本人勢も各々立派でした。特に狩人と3人の森の精。森番と皿洗いは随分長い歌が当てがわれていますが、ちょっとブッファ的な歌い方に傾き過ぎていたような気がします。もう少し楽譜に忠実に歌った方がこのオペラには合っていると思います(個人的な意見ですが)。これら脇役の場面は、原曲では繰り返しが多くて些かダレるところですが、この日の演奏では繰り返しに若干のカットが施されていて、妥当な処置だろうと思いました。
ヤロスラフ・キズリンク指揮の東フィル、全体に粘らずサクサクと進んでいきますが、おかげであまりワーグナーやチャイコフスキーのエピゴーネン的な側面は目立たず気になりません。ドヴォルザークの音楽の本質をよく理解させてくれる演奏であったと思います。もっと重厚な、それこそ「ジークフリート」の二番煎じみたいな表現もあると思いますが、今回の演奏はドヴォルザークの身の丈に合ったものではないでしょうか。今までドヴォルザークの音楽にシンパシーを殆ど感じてこなかった私ですが、今回の舞台は色々と物足りないところもあるとは言え、とても感銘を受けて、雨の上がった初台を後にしたのでした。
by nekomatalistener | 2011-12-04 22:30 | 演奏会レビュー | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< プッチーニ 「ラ・ボエーム」 ... ストラヴィンスキー自作自演集W... >>