人気ブログランキング |
<< ストラヴィンスキー自作自演集W... ストラヴィンスキー自作自演集W... >>

内田光子ピアノ・リサイタル

リサイタルでソリストがミスタッチするたびに頭を振る前の客(かなりウザイ。しかも頭でかい)。
マレー熊のツヨシ君だと思えばちょっとは可愛く思えるかな~と試してみるが無理。




内田光子のリサイタルに行ってきました。

 2011年11月7日(月) サントリーホール 大ホール
 シューベルト ピアノ・ソナタ ハ短調  D958
          ピアノ・ソナタ イ長調  D959
          ≪休憩≫
          ピアノ・ソナタ 変ロ長調 D960

内田光子については、最近すごいらしい、という話は聞いていましたが何となく食わず嫌いで熱心に聴こうとしないまま時が過ぎておりました。いや、正確にいうとジェフリー・テイトとのモーツァルトのシリーズのCDは、少しは聴いたがあまり感心しなかった。どんなフレーズも指のメカニックな運動にしてなるものか、という意思は良しと思うが、なんだか表情がいちいちうるさくてね。そんな訳でモーツァルトのコンチェルトはゲザ・アンダの全集があれば充分と思ってました(それとミケランジェリがジュリーニと協演した放送録音の幾つかがあればもうそれ以上何も望まない、と)。
今回たまたま学生時代の畏友からお誘いがあって行ったわけですが、結論から言えば本当に素晴らしいリサイタル、それも一生に何度あるか、というぐらいの充実したものでした。内田氏も既に還暦を少し過ぎて、恐らく今、ピアニストとしての絶頂期を迎えているような気がしました。メカニックと言う意味では僅かなほころびはありましたが、音楽的にはもう凡百のピアニストがよってたかっても足元にも及ばないような近寄りがたい域に達していると思います。

プロアマ問わず、シューベルトの遺作のピアノソナタを少しでも自分でさらったことがある人は、ハ短調・イ長調・変ロ長調を一晩で弾く事が、肉体的にも精神的にもどれだけ過酷なことかお判りだと思います。これらのソナタは耳で聞いて受ける印象、あるいは楽譜づらを目で見た印象よりは遥かに技巧的に難しいですが、だからといってリストばりの殊更なヴィルトゥオジテが要求されているという訳ではありません。ですが、この孤独な魂と語り合うような3作品は表面的な技巧以上に、張り詰めた精神の緊張が、それに伴う激しい気力の消耗を招くような気がします。もちろん弾き手だけでなく聴き手に要求される極度の緊張もただならぬものがあります。一言で言うなら「ありえない」プログラムだろうと思います。

なんといっても今回最も聞き応えがあったのはイ長調。豊穣な歌と幸福感に満ちた第一楽章のあと、精神の深淵を覗き込むような第二楽章の素晴らしさをどう表現したらよいでしょうか。彼女が忘我の境地で第二楽章を弾いている間、確かに二千人近い聴衆が周りを取り巻いていた訳だが、私は独りシューベルトの孤独に向き合う内田氏の、ひりつくような彼女自身の孤独の痛みを感じながら、自分の孤独が照り返されるのをただひたすら見守っていた、というべきでしょうか。この絶対的な孤独こそが晩年のシューベルト(31歳で死んだシューベルトに晩年という言い方が相応しいかどうかはともかく)の特徴、これをここまで表現しきった演奏というのはちょっと他に思いつかない。殆ど聴衆を拒絶するかのような深淵の表現の後だからこそ、軽快な第三楽章、リートの主題を借用したと思しい第四楽章の晴朗さが引き立ちます。私はこのイ長調に関してはクラウディオ・アラウのフィリップス盤が空前絶後だと思っていましたが、第一楽章の艶やかに花が咲くような主題の歌わせ方こそアラウには及ばないものの、第二楽章の深い解釈については内田氏がむしろ勝っていました。私自身もようやくアラウ盤の呪縛から解けそうです。それにしても最後の最後に第一楽章冒頭が回帰するところ、聴いていて胸が熱くなります。いつの日か、この世を早く去った懐かしい人達との再開の喜び、幸福感はかくもあろうか、という思いがしました。

リサイタル冒頭のハ短調も優れた演奏。聴き手の耳が慣れないせいか、それとも楽器そのものの鳴りのせいか、最初の曲目だけに大ホールではピアノの音が拡散してしまいがち、それでも終盤には気にならなくなってしまいます。第二楽章、ここでも聴衆を拒絶するかのような忘我の境地を見せる。ふと、彼女のシューベルトの演奏には、この巨大なホールではなく、小さいが良いピアノのあるホールでせいぜい数十名程度の聴衆に聞かせるのが正しい姿ではないか、と思う。彼女の人気、ステイタス、プロモーション戦略あらゆる面から不可能なのは分かっていても、そう思う。基本的に彼女のシューベルトは、群集に語りかける類のものではない。そもそもシューべルトの遺作三作自体が、本当に判ってくれるごく少数の人間に向けて書かれた音楽なんでしょうが、これを彼女は自分のための祈りのように弾く。そこには芸術家の正しい姿として、ショウマンシップの片鱗もない。それなのに、長大なリサイタルの最初だから、という計算があってのことでしょうが第一楽章提示部の繰返しなし。どうせ一晩のリサイタルとしては破格もいいとこなのだから遠慮せず繰り返してほしいと思う。第二主題変ホ長調から変二長調への和音の移ろいがあまりに美しくて、もう一度と熱望してしまいます。

休憩後の変ロ長調、まるで霧の向こうから現れたような茫漠とした第一主題、またしても作曲者と演奏者と聴き手の三つの孤独な魂の交感を感じます。内田氏は鎮魂の儀式を司る巫女のように思えてくる。桁違いに長い第一楽章が終わって深く息をつく暇も無く、再び深淵に沈んでいくような二楽章。私がもしプロのピアニストだったとして、このソナタを人前で弾く勇気はない。この孤独には耐えられそうにないから。彼女の強靭な精神力、孤独に耐える凄まじい力に満腔の敬意を表して、私も正直にその時感じていた真情を吐露しよう。このソナタを親しみ易い、とか暖かい歌心、とかいった感覚でしか聴けない者たち、語れない者たちは立ち去ってほしいと思う。シューベルトの心の闇に気づかぬ鈍感な人間はこの神殿に立ち入るべからずと思う。彼女の演奏をメカニックの瑕疵が以前より増えたとかなんとか、そんな基準でしか語れないものも去れ。確かに一曲一曲長いけれど、たかだか4,50分のソナタの楽章の合間の咳すら我慢出来ない者も去れ、と。私はオペラの帰りなど、不特定多数の聴衆との見えない紐帯を感じて、連帯感に満ちた暖かい気持ちを抱いて帰るのが常なのに、このシューベルトのリサイタルではそれは全く感じられなかったのです。自分とごく少数の聴衆だけが選ばれし者であるという幻想を抱いてしまう。もっと正直に言おう。この千数百人の聴衆の中で、本当にシューベルトの遺作のソナタの意義を正しく理解し、内田氏の演奏のよって立つところを理解しているのは俺と畏友と、あとせいぜい10人ぐらいじゃねえか、と(笑)。いや馬鹿な考えだというのは良く分かっています。これは限りなく大衆というものに対する悪意、いや憎悪といってもいいくらいの感情ですが、この感情はシューベルトの音楽そのものに根ざしているような気がしてなりません。シューベルトの本質が、大衆ではなく孤独な私のためにだけ語りかけるその音楽の本質が、私にそう思わせるのではないか。とくに晩年のシューベルトの解読にはこの悪意が重要な意味を持つような気がしています。心優しい友達想いのシューベルト、といった幻想はそろそろ止めませんか、と。子供の情操教育にシューベルト・・・やめといた方がいいですよ奥さん(笑)。
鬼火がちろちろと燃えるような冷たい火のような第三楽章のあとの最後のロンド、もうあと数分で終わりというところでちょっとした事故がおこり、一小節弾き直し。あちこちに無限ループに落ち込む罠が仕掛けられたこの楽章で、おそらく疲労の極致でふと魔が差したのでしょうか。全体からいえば本当に些細な瑕ですが心臓が停まりそうになりました。それでも本当に素晴らしい演奏でした。全曲を弾き終えた後、もう拍手拍手、私は普段スタンディングオベイションというやつが嫌いなんだが、今日は自然にそうしたくなった。今までごく僅かなモーツァルトの録音以外知らずに残念だって?それがそうでもない。この日こうして一生に数度限りというほど素晴らしい演奏を聞かせてもらって、もうそれだけで充分という気持ちです。
ちなみにイ長調のアラウは凄いが、ハ短調と変ロ長調はそれほどでもない。この二曲は私も決定盤を知りません。いずれ内田盤を聴いてみましょう。
by nekomatalistener | 2011-11-08 21:14 | 演奏会レビュー
<< ストラヴィンスキー自作自演集W... ストラヴィンスキー自作自演集W... >>