タグ:藤木大地 ( 3 ) タグの人気記事

モノオペラ 「ひとでなしの恋」

気が早いけど今年の流行語大賞はもう「ゲス」でいいや。





昨年の暮れから立て続けに藤木大地を聴いています。間違いなく今旬を迎えようとしている歌手ですから、全国おっかけは無理にしても、関西公演の時ぐらいは聴いておきたいと思いまして。


 2016年2月11日@京都芸術センター講堂
 モノオペラ 「ひとでなしの恋」
 
  作曲: 増田真結
  カウンターテナー: 藤木大地
  筝・地唄三絃: 中川佳代子
  ピアノ: 中村圭介
  打楽器: 上中あさみ

モノオペラと銘打ってはいるけれど、正確にいうと一昨年に初演されたモノオペラを、今回の公演のために三部十曲からなる演奏会用縮約版として書き直したもの。実は演奏後に作曲者のトークがあり、会場からオペラと今回の演奏会用バージョンの違いについて聞かれた増田氏はこんな裏話をされていました。つまり、オペラ初演の時は演出や舞踊、あるいは照明といった様々な部門との調整で、妥協とはいわないまでも作曲者の想定しているのと異なった時間に従わざるを得なかったが、今回はそういった箇所を元々の思い通りに戻した、とのこと。今の時代も「ナクソスのアリアドネ」のプロローグみたいなことが実際にあるのですね。元のオペラを聴いていないので比較のしようもないのですが、さほど込み入ったプロットでもないのにも関わらず、歌われる言葉だけ聴いていると物語の把握はすこし難しい感じ。カウンターテナーは人形愛に耽る夫の立場にたって歌うのだが、歌詞は論理的・叙述的ではなくてむしろ譫言にちかい。筝・三絃の唄は世間の声と、原作で示される客観的な叙述が中心だが、肝心の妻の立場の歌はない(乱歩の原作は妻の一人語りという体裁なのだが)。結果として、物語の提示がすこし犠牲になった感じだが、音楽の密度の濃さがその犠牲を補って余りある。
音楽のつくりとしては、プリペアド・ピアノと打楽器を中心とした無調的な部分、童謡や唱歌をモディファイした部分(ただし無調的で激烈な、あるいは奇矯な和声がつけられていて、夫の狂気をいやがうえにも増幅する)、筝や三絃による部分に大別できます。ただし、それぞれの境界があいまいになるように、ピアノはプリペアされ、打楽器は特殊奏法が駆使され、邦楽器はところどころ伝統を逸脱した奏法や音の選び方がなされています。決して短い時間ではなかったはずだが、張りつめたような音楽は少しの弛緩もなく、あっというまの一時間でした。

藤木の歌唱は今回も素晴らしい。売れっ子の演奏家がこのようなコンテンポラリーな演目を大切にすること自体すごいことだと思いますが、今現在の彼の声の美点を最大限生かしうるレパートリーであると認識してのことでしょう。前にも書いたが、聴き手に性差の混乱をもたらさない声、ある種の雄々しさに満ちた声は本作の夫の役割にぴったりであると思います。また全編を覆う狂気の表現も凄い。やや大げさな言い方をすればカウンターテナーの表現の可能性を押し広げたといっても良いのではないでしょうか。
ピアノ・打楽器・邦楽器いずれも素晴らしい演奏であったと思いますが、とくにピアノの中村圭介は(昨年のバロックザールに次いで私は二回目だが)こういった音楽に対する適性がとても高いように思います。内部奏法も頻発するプリペアド・ピアノということで演奏者のセンスの良しあしがまともに出てしまうと思うのだが、彼の演奏は伴奏の域をはるかに超えて、創造の一端を担っているというように感じました。
作曲者の増田真結の作品を聴くのは昨年バロックザールで聴いた「山頭火による挽歌《白い凾》」に次いで二回目。精緻で息の詰まるような閉塞感がこの題材にはぴったりだと思います。本当に息をするのもはばかられそうな音楽は大した筆力だと思うけれど、この人が今後より大きな世界に打って出るにはどこかに開放的な、もう少しいい加減なところが必要なようにも感じました。次回この人の名前を聴くのはどこでどのような作品を聴く時だろうか、楽しみにしていたいと思います。

今回の会場となった京都芸術センターだが、昭和初期に改築された小学校が平成に入って閉校になったのをアートスペースとして活用したもの。油を引いた木造の廊下や階段がなんともレトロ。四条烏丸界隈の喧噪からほんの数分の立地だというのに、まるで自分の幼少期にタイムスリップしたかのような不思議な感覚を味わいました。いくつかの部屋では若い芸術家によるインスタレーションも展示されていました。普通なら若い子しか来そうにないものだが、今回の公演は意外に客層が広く、そこそこ年配の方もちらほら。さすがは京都、おそるべし。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2016-02-15 23:21 | 演奏会レビュー | Comments(0)

ヴォーン・ウィリアムズ 「旅の歌」 ~ 藤木大地リサイタル

前回の枕の続き。岸和田の局地的ヒット食品で「からやき」というのをやってたけど、私が幼少期のころ(だいたい大阪万博の前後)、ほぼ同じモノを「洋食焼き」と称して食ってた記憶が・・・あれはなんだったんだろ、と思ってwikipediaをみると、アレはどうも「一銭洋食」とか言われたお好み焼きのルーツみたいなことが書いてある。なんか歳感じるなぁ。ってかあの頃の食生活はふつーに貧しかったのかも。




昨年の11月に京都のバロックザールで藤木大地のリサイタルを聴いたばかりだが、またしても京都で彼の歌を聴く機会を得ました。といっても今回は小さなサロンでピアニストとのジョイント、時間的にもややコンパクトなプログラムであったにも関わらず大変聴き応えのある内容でした。

 2016年1月22日@カフェ・モンタージュ

  加藤昌則 旅のこころ(1998)

  ベートーヴェン ピアノソナタ第17番ニ短調Op.31-2

  ヴォーン・ウィリアムズ 旅の歌(全9曲)

  (アンコール)
  西村朗 木立をめぐる不思議(2015)

  加藤昌則 こもりうた(2005)

  福井文彦 かんぴょう


  カウンターテナー: 藤木大地
  ピアノ: 松本和将

藤木大地の声と表現力の素晴らしさについては昨年11月のリサイタルの時にも書いたので繰り返しませんが、今回は40人も入ればいっぱいになってしまうカフェでのリサイタルなので、よりインティメートな雰囲気を感じることができました。私は2013年のライマン「リア王」で、日生劇場の大ホールを満たす彼の声を聴き、昨年はやや小ぶりなバロックザール、そして今回のカフェと、様々な大きさの箱で聴いてきたわけですが、いずれの場合も声量や表現力にやり過ぎたり足りなかったりということがない。知的なコントロールの賜物ということだと思います。

リサイタルの最初に置かれた加藤昌則の「旅のこころ」、ポップスみたいな感じで軽く聴いていたら、途中から愛する恋人を失った人の歌だということが分かり、ぐっと来る。小手調べどころか、この一曲でこの日のリサイタルが構築しようとしていた世界にいきなり引き込まれてしまいました。こりゃやられたなぁという感じ。
藤木さんが一旦退場してピアノ演奏。カフェの店主が言うには、この日のプログラムのテーマは旅ということでしたが、ベートーヴェンのテンペストと旅の関係については触れずじまい。プロスペローらの旅ということかも知れないがベートーヴェンにはあまり関係のない話。それはともかく、松本和将の演奏、パッションがあふれ出すような気魄のこもった演奏、しかも技巧は確か。些か手垢の附いた感のあるこのソナタに対し、こういうアプローチがあるのか、と目を見開かされた思いがします。私は以前このブログで、イーヴ・ナットの弾くテンペストを聴いて、遊戯性とイタリアオペラの影響という観点からこのソナタを評したことがありました。それは今でも間違っていないと思いますが、この日の演奏はもっと重く、聴き手を解放するというよりも、ぎりぎりと息苦しいまでに追いつめるような演奏。ベートーヴェンの中期の始まりに位置する作品であるということを再認識させられました。正直なところ、藤木大地がメインでピアノは刺身のツマぐらいに思っていたらとんでもなかったということ。蛇足ながら、少しピアノのアクションの整備が足らなかったせいか、ペダルを離す時などに音が軽くビビることが多く耳障りなのが残念でした。

メインは全9曲からなるヴォーン・ウィリアムズの「旅の歌」。20代の終わりから30代の初め頃に書かれたこのRVW版「さすらう若人の歌」、おそらく作曲者の表現したい内容とメチエと年齢が奇跡の様にぴったりと重なった結果だと思うのだが、しみじみと良い曲だと思います。実は私、RVWについては交響曲を幾つか聞いた程度で、エルガーやホルストと並んで私の興味の外にある音楽なのだが、この歌曲集は折に触れて聴きたいと思っています。それにしても藤木の歌は声そのものも表現力も、素晴らしいと思いました。彼の声について、以前にカウンターテナーを聴いて感じる性差の混乱が無いと評したが、あんなに高い声で歌われていながらVagabondの声に相応しく聞こえるというのが不思議です。

ここまでが前もって発表されていた曲目で、ちょっとしたトークを挟んでアンコール。
まず西村朗の「木立をめぐる不思議」は2015年東京オペラシティのB→Cシリーズに藤木が出演した際に委嘱・初演されたものの再演。アンコールといっても12分ぐらい掛かるし、しかも物凄い緊張感に溢れた作品。その作風を一言で言うなら「新・表現主義」といったところでしょうか。歌もピアノも入魂の演奏で、これがプログラムのメインでも不思議でないほど。途中でピアニストがペダルを踏んだまま沈黙すると藤木の声が内部の弦と共鳴し、ざわざわとした響きが立ち昇る。なんという声の威力!私はまるで恐怖を感じたときの様に寒気がしました。
次に加藤昌則の「こもりうた」。これはうってかわって優しく慰撫するような歌。これで終わりかなと思ったらもう一曲。ユーモラスな「かんぴょう」。これが無ければ時間の割にへヴィなこの日のプログラムは閉じられなかったのだろう。前回も感じたことだが、アンコールも含めたプログラムビルディングに工夫の跡があってそれがまた楽しい。
ついでながら、ピアノは前回の中村圭介といい今回の松本和将といい、所謂伴奏ピアニストを遥かに超えたレベルにあります。同世代の彼らの存在は藤木にとっても大きな武器になるだろうと思います。どちらかといえばコンテンポラリー系は中村圭介の方が音の純度が高くて向いているような気がしましたが、RVWには松本和将の骨太さが合っていそう。たまたまなのかプログラムでピアニストを替えているのか分からないけれど、もし歌手が意識的に考えてピアニストを選択しているのなら、それに勝る贅沢はないだろうと思います。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2016-01-26 23:29 | 演奏会レビュー | Comments(0)

藤木大地 カウンターテナー・リサイタル

新大阪の近くの「西中島南方(にしなかじまみなみかた)」という駅名が、関東の方にはけっこうインパクトがある、というのが関西人には分からない。地味だけど東京の「西葛西」のほうがよっぽどびっくりするわ。





知人のお誘いで藤木大地のリサイタルに行ってきました。

 2015年11月7日@青山音楽記念館バロックザール
  藤木大地(カウンターテナー)
  中村圭介(ピアノ)

  ヴォーン=ウィリアムズ
   ・リュートを弾くオルフェウス
   ・美しいひとよ目覚めよ
   ・屋根の上の空
   ・静かな真昼
 
  アーン  クロリスに
  プーランク  美しき青春
 
  ベートーヴェン  連作歌曲集「遥かなる恋人に」

   (休憩)

  新作歌曲の世界初演によせるプレトーク(増田真結&清水慶彦)
 
  山頭火による挽歌《白い凾》
   1.白い凾(増田真結 作曲)
   2.12:00(増田真結 作曲)
   3.14:46(清水慶彦 作曲)
   4.白い凾(清水慶彦 作曲)

  弘田龍太郎   叱られて
  梁田貞   城ヶ島の雨
  橋本國彦   お菓子と娘

  ヘンデル  歌劇「アルチーナ」より〈緑の牧場よ〉
  グルック  歌劇「オルフェオとエウリディーチェ」より〈エウリディーチェを失って〉

   (アンコール)
  
  ヘンデル オンブラ・マイ・フ
  ゴンドラの唄
  ロンドンデリーの歌


この公演、まったくノーマークだったところに、知人から一緒に行くはずだったお連れさんの都合が悪くなったということでお誘いいただいたのですが、行ってよかった。素晴らしいリサイタルでした。
藤木大地については、一昨年のライマン「リア王」のエドガーを舞台で聴いており、そのときにも絶賛していましたが、2年ぶりに聴いて、改めてその凄さに驚きました。一昔前のカウンターテナーにありがちなある種の非力さや声域によるむら、不連続な声質の変化といったものを完全に克服した新たな世代の誕生という感じがする。息をのむようなソットヴォーチェからホールを満たすフォルテッシモまで自在に出せるだけでなく、歌詞に寄り添った表現の振幅の大きさこそがこの人の本領だろう。また、カウンターテナーから連想しがちな性差の混乱の感覚が、この人を聴いているとあまりなくて、まぁ視覚情報からそう思うのかも知れないけれどやはり男声=男性だなと思います。その意味で、「アルチーナ」のルッジェーロのアリアや、就中「オルフェオ」のアリアは現在の彼の声に最も相応しいものだったような気がします。
基本的にはリサイタルよりオペラに向いている人だと思うけれど、一方でプログラム前半のヴォーン=ウィリアムスやベートーヴェンの歌曲も素晴らしく、大きな音楽的身振りが知的なコントロールと生真面目で真正な歌詞の解釈に裏打ちされ、もしかしたら従来これらの作品の器と考えられていたものよりも大きな世界を提示しえていたのではないか、と思いました。
また、日本語のデクラメーションが非常によいこと、一昨年の「リア王」もそうだが、同時代の音楽を献身的に紹介しようとする姿勢等、この人の美点はまだまだありそう。アンコールの心憎い選曲には身悶えしそうになりました。

それと是非書き留めておきたいことだが、伴奏を務めた中村圭介のピアノが素晴らしかったと思います。音色とニュアンスの多彩さ、デュナミークの幅の広さは並みの伴奏ピアニストのレベルを遥かに超えていました。息をひそめるようなピアニッシモのその先に、もっとひそかな、しかも痩せないピアニッシシモが続くといった具合。それでいてあくまでも歌に寄り添う伴奏としての立ち位置を守った演奏。グルックのアコンパニャートの呼吸なども見事。一般論として、伴奏は「ピアノ演奏」として見ると技巧や表現の点で物足らなかったり、ピアニストが巧けりゃ巧いで自分を弁えないパフォーマンスになったり、と難しいものだと思いますが、この日の組み合わせは理想的だったのじゃないかな、とおもいます。

それぞれの曲目について若干備忘がてら書いておきます。
最初のヴォーン=ウィリアムス、年代の割に保守的な作風だが、私は他の作品をほとんど聴いたことがないので、これだけであれこれ判断するつもりはありません。が、この日歌われた歌曲は虚飾とか衒いとかいったものが一切ない、素直な感情の発露という感じがします。そのために却って藤木がこれをリサイタルのトップに持ってきたことに自信のあらわれを感じました。
レイナルド・アーンは、フランス歌曲の愛好家にはよく知られているらしいが私は多分初めて聴いたのではと思います。プルーストに(いろんな意味で)可愛がられた人のようですが、確かに高貴な香りのただようサロン風の音楽。次のプーランクともども、佳品というべき作品。
ベートーヴェンの「遥かなる恋人に」も愛すべき作品。ビーダーマイヤー風と言ってしまえばそれまでだが、こういった作品があってこそベートーヴェンの世界の奥行というものがあるのだろうと思います。
リサイタルの後半の最初に、作曲者である増田真結と清水慶彦の両氏によるプレトークがありました。藤木大地の京都におけるモノオペラ「人でなしの恋」(増田真結)の公演を機に連作歌曲の創作の話がでたこと、山頭火をテキストにすると決めて改めて彼の俳句を精査すると、意外なほど死にまつわるものが多く見つかり、タイトルを「挽歌」としたこと、中でも第3曲のテキストとなった「流れて水が街にあふるるや春」は、山頭火自身にはなんの関係もないとは言え、現代の我々が読むといやでも3.11のイメージを持たざるを得ないことなどが話されました。作品自体は無調をベースにした表現主義的といってもよさそうなもので、この日の良質な聴衆にも恵まれて息をすることさえ憚られるほどの緊張感でした。
当日のパンフレットには解説や歌詞が一切書かれていないのですが、やはりこういった作品はテキストを記載してほしいと思います。この作品に用いられた俳句は私の耳に残ったのは以下の3つ(他にもあるのかも知れませんが)。表記は「青空文庫」所収のものに従っています。

 さくらさくらさくさくらちるさくら (「行乞記(二)四月十五日)

 骨(こつ)となつてかへつたかサクラさく(佐世保駅凱旋日) (「行乞記(ニ)」三月廿三日)

 流れて水が街にあふるるや春 (「旅日記」昭和十四年五月六日)

プログラムの最後はヘンデルとグルック。バロックや古典のオペラ・セリアが、極度に様式的であるにも関わらず、なにかしら人間の「真実」とでもいったものの表現に至ることがある、というのは、このブログでもあちこちで書いてきたような気がしますが、この2作はさしずめその典型。短いアリアの抜粋ですが、格調高いセリアの世界が味わえました。
アンコールについては何も説明の要は無いでしょう。美しい旋律に、隣に知人がいなければ私、多分泣いたと思います。

最後に蛇足。リサイタルが行われたバロックザールだが、客席の奥行があまりない割に天井がとても高く、何度も通った知人によると音響という点でなかなかプロ泣かせらしい。これだけのたっぱがあるなら2階3階席も作ればいいのにそれもなし。音が上方に散ってしまうかなと心配でしたが、結果は全くの杞憂に終わりました。それもまた、この日の歌手と伴奏の素晴らしさを物語ることであると思います。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2015-11-10 21:43 | 演奏会レビュー | Comments(0)