タグ:葛城 ( 2 ) タグの人気記事

京都観世会例会 「翁」 「鶴亀」 「葛城」 「乱」

先日「ちゃちゃ入れマンデー」という関西ローカル番組を観ていたら、岸和田の局地的ヒット食品ということで、ソース焼きそばを生卵につけて食べる、というのをやってた。私、堺の南の方の出身だが、確かに幼少期にこれ食べてました(近所の個人経営のお好み焼き屋で)。だいたい岸和田近辺、堺の南端から泉佐野にかけては文化圏としてはとても近い。普通に美味かったと思うのだが、家人は「えーっ!?」という反応でした。




今年初めての能鑑賞。満席とはいかないものの、なかなかの盛況でした。

 2016年1月17日@京都観世会館
 京都観世会一月例会

  
   翁: 観世清和
   面箱: 鹿島俊裕
   千歳: 河村和晃
   三番叟: 井上松次郎

  鶴亀
   シテ(皇帝): 林喜右衛門
   ツレ(鶴): 河村浩太郎
   ツレ(亀): 松野浩行
   ワキ(大臣): 殿田謙吉
   ワキツレ(従臣): 大日方寛・則久英志
   間(官人): 佐藤友彦

  狂言
  鬼瓦
   シテ(大名): 井上松次郎
   アド(太郎冠者): 鹿島俊裕

  仕舞  
  高砂  井上裕久
  梅キリ  梅田邦久

  葛城大和舞
   シテ(里女・葛城ノ神): 浦田保浩
   ワキ(山伏): 室生欣哉
   ワキツレ(山伏): 則久英志・大日方寛
   間(里人): 松田高義

  仕舞
  屋島  片岡九郎右衛門
  雲林院クセ  大江又三郎
  鞍馬天狗  杉浦豊彦
 

  
   シテ(猩々): 田茂井廣道
   ワキ(高風): 岡充


「翁」を観るのは昨年の1月に次いで二回目。その時にブログに書いたことは繰り返さないが、やはり年の初めに相応しい出し物だと思います。見所の出入り口が閉ざされ、揚幕の内外で切り火が切られてから、演者らが舞台に揃うまで、緊張感が極限にまで高められる。3人の小鼓が勇壮に鳴りだすと、今度は貯まりに貯まったエネルギーが一気に開放される感じ。この緊張と緩和のコントラストの強烈さがなにより快いものでした。三番三の舞は昨年観たときほどの感興は得られませんでした。演者の恰幅が良すぎて、少し息が上がってしまったのが少し興醒めではありました。

「翁」の次はそのまま「鶴亀」に続きます。
唐土の都の初春、皇帝のもとに大臣らが集い、鶴亀の舞を勧める。鶴と亀が現れて舞うと、たいそう感興を催された皇帝は玉座を降り自らも舞う。
官人の短い口上に続く大臣の奏上の場は極めて短く、すぐに鶴亀の舞と皇帝の舞が続くという簡素な筋立て。きらびやかな装束と優雅な舞をただひたすら楽しめばよいのでしょう。シテ(皇帝)の林喜右衛門は、歌舞伎であれば女形タイプの、武張ったところの全くないほっそりとした体形をされているので、ことさら戦乱とは無縁の泰平の世を感じさせるところが実に面白く感じられました。

狂言は「鬼瓦」。
ながらく訴訟の為に国元を離れていた大名、めでたく片が付いて暇をもらい国に戻ることになる。せっかくだというので太郎冠者を引き連れて薬師如来にお礼旁参詣することに。大名はお堂の鬼瓦を見て急に泣き出す。太郎冠者が訳を尋ねると、鬼瓦の小鼻が張ったところや大きく裂けた口を見て国元の妻を思い出したという。いや、確かに、云々と言いながらどのみち程なく会えるだろうと二人して大笑い。
女房の容姿というのは現代でもお笑いのネタではありますが、ここでは国元に残してきた妻への懐かしさがまず先にあるので嫌味なく笑い興じることができます。

仕舞は都合五番。仕舞は仕舞の良さがあると思いますが、観能を重ねるに連れて元の能を見ているケースが増えてくると(今回で言えば高砂・梅・鞍馬天狗)、能と仕舞の比較など前は知らなかった楽しみもでてきます。また、基本的に初春を寿ぐことに特化した番組で、「屋島」という修羅物が入っているのもアクセントになっていていい感じ。ただ今回の仕舞では梅田邦久が以前拝見したときから比べると立居にすこし高齢ゆえの覚束なさが感じられ、心から楽しむという訳に行きませんでした。

次に「葛城」。これも一昨年の暮れに一度観てブログにも取り上げたので、物語等は省略。体調の所為もあって前半少しうとうとしてしまいました。後半、雪の庵から現れた葛城山の女神は十分美しいけれど、最初に見たときの、雪明りを眼前にするかと思われたほどの驚きは得られませんでした。同じ能を観ても都度印象が変わることは当然といえば当然。本来ならその違いについてこそ詳述したいところだが、今回は前半かなり意識が飛んでいるので割愛します。

切能は「乱(みだれ)」、元々は「猩々」という能だが、中之舞が猩々乱になると小書ではなくて題名自体が「乱」に変わってしまうということらしい。
古の唐土、揚子の里に高風という親孝行な男がいたが、ある夜の夢のお告げ通り市で酒を売るようになると次第に富貴の身になった。そのころ、市の立つたびに酒を買いに来る客がいたが、いくら飲んでも面色が変わらない。不思議に思った高風が名を尋ねると、自分は海中に住む猩々であると正体を明かして姿を消す。夜になり、高風が潯陽の江で酒を用意して待っていると猩々が現れ、酒を飲んで舞う。猩々は高風が「御身心すなほなるにより」、汲めども尽きぬ酒壺を与える。
ワキ(高風)の口上で前段がさっと語られるとすぐに赤頭の猩々が現れて舞う。音をならさず足拍子を踏む、頭を何度も振る、波を蹴散らしてあるくような足の捌きかた(乱足)など、特徴的な舞が続き、ほどよいところでさっと終わる。そもそも猩々とはなにか、などと考えるネタはいくらでもあるが、とにかく派手な舞台に身を見張っていればそれでいいのかな、と思います。目出度い内容で、謡の最後も「尽きせぬ宿こそ。めでたけれ。」で終わるので附祝言はなし。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2016-01-24 00:39 | 観劇記録 | Comments(0)

京都観世会例会 「小鍛冶」 「葛城」 「一角仙人」

私は、日本で最も有力な宗教というのはアニミズムだと思っている。昔、祖父母あたりから「お米の一粒一粒に神さんいてはんねやから粗末にしたらバチあたりまっせ」などと言われた人は多かろう。現代でも、ポゴレリチのリサイタルで、曲が終わるたびに楽譜を床にばさっと落とすのをみて「そんなことしたらバチあたるで」と思った人、たぶんサントリーホールの中に千人くらいいたと思う。




10月に続いて二回目の能鑑賞。

 平成26年12月21日@京都観世会館
 京都観世会十二月例会

 小鍛冶
  シテ(童子、狐=稲荷明神) 林喜右衛門
  ワキ(三条宗近) 宝生欣哉
  ワキツレ(橘道成=一条帝の勅使) 坂苗融
  アイ(宗近に仕える者) 茂山良暢

 狂言
 仏師
  シテ(すっぱ) 茂山あきら
  アド(田舎者) 丸石やすし

 葛城
  シテ(土地の女、葛城の女神) 河村和重
  ワキ(山伏) 小林努
  ワキツレ(山伏) 久馬治彦、岡充
  アイ(所の者) 山口耕道

 仕舞
  和布刈 鷲尾世志子
  土車 武田邦弘
  邯鄲 浅井通昭

 一角仙人
  シテ(一角仙人) 深野貴彦
  ツレ(旋陀夫人) 橋本忠樹
  ツレ(龍神)河村浩太郎、樹下千尋
  ワキ(官人) 原 大
  ワキツレ(輿舁) 有松遼一、岡充


今回観た三曲の能、いずれも超自然の霊異を扱って、しかも舞の華やかさ、面白さが中心となる祝典的なもの。年の瀬の華やぎに実に相応しい番組という感じがしました。それにしても能というものがこんなに面白いものだとは。二回目の観能にしてすっかりはまってしまいそうです。

最初は「小鍛冶」。三条の刀鍛冶宗近は剣を打てとの一条帝の勅命を受けるも、腕のたつ相槌がおらずに困り果てている。宗近が稲荷明神に参ると一人の童子が現れ、古今の剣に纏わる数多の奇譚を語り、宗近に鍛冶の用意をして待てと言う。やがて一匹の狐が現れ、宗近の相槌を見事に果たす。表に「小鍛冶宗近」、裏に「小狐丸」と銘打たれた剣を勅使に捧げると狐は去っていく。
まるで昔話のような微笑ましい内容に加えて、後半の人間と狐が力を合わせて剣を鍛える場面が楽しい。分類は五番目物・霊験物。今回の演出は小書に白頭とあるので、前シテは尉、後シテは白頭(しろがしら)の神狐、これは流派によって様々な衣装や面の違いがあるようだ。作り物は後半に幣帛を飾り付けた剣を打つための壇を模したもの。登場人物の詞は概ね聞き取りやすいが、シテの語る古今の剣の由来のくだりは耳で聴くだけではなかなか難しい。私は半魚文庫で事前にテキストを読んで行ったにも関わらず、地謡の詞はほとんど聞き取れませんでした。もっともこのくだりが判らずとも何ら鑑賞の妨げにはならないと思いますが、ちょっと悔しい。

ここで狂言。とある田舎者が御堂を建てたはいいが仏像がなく、仏師を訪ねて都にやってくる。そこにすっぱ(詐欺師)が来て我こそは仏師と言い、明日にも仏を作ってやろうと持ちかける。あくる日、田舎者がやってくると仏、実は面をつけたすっぱが鎮座している。すっぱは仏像に成りすましたり人間に戻ったり大忙しだが、田舎者は印相の形が気に食わず、何度も何度もやり直しを頼むうちに次第にしっちゃかめっちゃかに・・・。
いやもうとにかく、理屈抜きに面白く大笑い。素晴らしい芸能だと思います。笑い飯とかにやらせたらそのままコントになりそう。

「葛城」は四番目物、夜神楽物という分類になるらしい。「かつらぎ」ではなく「かづらき」と読むそうだ。小書は大和舞。羽黒山から葛城山に修行に来た山伏の一行が雪の為に難儀しているところを土地の女に助けられる。実はこの女、葛城山の女体の神であったが、役行者の求めによって吉野山と葛城山の間に岩橋を掛けようとする。しかし、その容姿を恥じて夜だけしか仕事をしなかったために役行者の怒りを買い、明王の索で身を縛められたのだという。その夜、山伏たちの加持によって呪縛を解かれた女神が大和舞を舞い、夜明けとともに再び岩戸の中に消えていく。
上演時間およそ1時間25分ほどだがかなり長く感じます。さほど錯綜した物語でもないのだが、間狂言で葛城の女体神と役行者との経緯を長々と語るのが、お昼をいただいた後というのもあって少々眠気を誘いますが、後半に雪の降り積もった庵の作り物から、玉飾りを着け美しく着飾った女神が現れる瞬間は、ほんとうに息を呑む思いがして一気に目が覚めました。そういえばシテに扮するのはこの前の10月に観た「夕顔」でシテを務めていた河村和重。その時は荘重というより、ほとんど動きのない舞の面白さがよく分っておりませんでしたが、今回の大和舞は同じく派手さはないものの、なんともいえず華やいだものが感じられて大変美しく感じられました。錯覚だとは思うけれど、後シテが舞う間、舞台がそれまでとは異なる光に満たされているように感じたのが不思議でした。また、前半の神韻縹渺たる笛の音が雪山の情景に相応しく、また後半は控え目に太鼓が加わって舞を彩るのも実に面白く、囃子にもいろいろあることが判りました。前シテの面は深井または増、後シテは増または十寸髪(ますかみ)というのだが、みても違いがわからないのが素人の悲しさ。

ここで仕舞が三番。今回のは随分と動きのある舞でなかなか楽しめましたが、何せ舞そのものがよく分っていないのでもう少し目が肥えるまで感想は控えておきます。

最後は「一角仙人」。舞台は天竺波羅奈国。鹿の胎内より生まれ、角をはやした一角仙人は、神力で龍神を岩屋に閉じ込めてしまう。それから雨が降らなくなってしまったので、こまった帝は美貌の旋陀夫人(せんだぶにん)を仙人のもとに遣わす。はじめは誘惑をしりぞけていた仙人だが、やがて旋陀夫人の勧めるままに酒に酔ってしまう。神力が衰えたところで岩屋から二柱の龍神が飛び出し、仙人を倒して逃げ去っていく。
五番目物とも四番目物とも。舞台の上には一角仙人の粗末な庵と、龍神の閉じ込められた釣鐘状の岩屋の作り物が据えられ、視覚的にも賑々しい。登場人物の内四人も面を着けるというのも異色でしょう。また、二人の輿舁(こしかき)が旋陀夫人の頭上に輿に見立てた作り物をかざしながら現れる場面、それに続く旋陀夫人の優艶な舞、よっぱらった仙人が旋陀夫人とともに舞うコミカルな舞、二柱の龍神の激しい舞と次々と見どころがあり、お話の荒唐無稽さはともかくとして、一大スペクタクルといった趣があります。今回のような祝典的な演目の最後にはぴったりな感じがしました。能というものが、高尚なものだけでなく、かつてはエンタテイメントでもあったと実感させられた一日でした。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2014-12-22 23:39 | 観劇記録 | Comments(5)