ご挨拶

夜勤明けで一刻も早く寝なきゃならんというのにブログ開設。何なんだこの行動力。
はるか昔、試験前になるともりもり湧き出る読書意欲を思い出す。


魚をきれいに食べる人を見ると、ちょっと尊敬してしまいます。見習いたいものだと思いながら、ついつい面倒で結局食べ散らかしてしまうのですが・・・。
本当の魚好きは、それこそ頭と尻尾と骨以外はきれいに食らい尽くして、骨は出汁をとって味わい尽くすのだとか。料理屋さんではそんな客を「猫またぎ」と呼んで喜ぶという話を、昔なにかで読んだ記憶があるのだが、何の本だったか思い出せない(出典不明ですみません)。でもこの「猫またぎ」という言葉、最近では専ら「猫も跨いで通るほど不味い魚」という意味で使われるようです。まぁ間違いではないのでしょうが、何だか身も蓋もない感じがします。

ここから本題です。私はいわゆるクラシック音楽ファンというやつですが、もうすぐ49という歳ともなると、あれもこれもではなく、本当に気に入った作品を、それこそ全曲鼻歌で歌えるくらい時間を掛けて聴き込んでいきたいものだと、つくづく思うようになりました。猫またぎが一尾の魚をしゃぶり尽くすみたいに、一つの作品を、ここが美味い、あそこも美味いと言いながら味わい尽くしてみたいと思っています。
そんな訳で、あまり頻繁に更新は出来ないと思いますが、もしお目に留まりますれば気長にお付き合い下さいませ。
# by nekomatalistener | 2011-09-07 14:47 | Comments(2)