<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

モーツァルト 「フィガロの結婚」 佐渡裕芸術監督プロデュースオペラ2017

私の身のまわりにはテレビ観ない人が多いんだけど、さすがに福くんのフルネームを福士蒼汰だと思ってた人には「ないわ~」と思いました。





久しぶりのモーツァルトのオペラ鑑賞。


 2017年7月17日@兵庫県立芸術文化センター
 モーツァルト「フィガロの結婚」
  アルマヴィーヴァ伯爵: 高田智宏
  アルマヴィーヴァ伯爵夫人: 並河寿美
  スザンナ: 中村恵理
  フィガロ: 町英和
  ケルビーノ: ベサニー・ヒックマン
  マルチェリーナ: 清水華澄
  バルトロ: 志村文彦
  バジリオ/ドン・クルツィオ: 渡辺大
  アントニオ: 晴雅彦
  バルバリーナ: 三宅理恵
  指揮: 佐渡裕
  管弦楽: 兵庫芸術文化センター管弦楽団
  合唱: ひょうごプロデュースオペラ合唱団
  演出: デヴィッド・ニース


「フィガロ」と言えば、私が高校三年生のとき初めて観たオペラがこれ。しかも自慢じゃないがカール・ベーム指揮ウィーン国立歌劇場の引越し公演で、グンドゥラ・ヤノヴィッツの伯爵夫人、ルチア・ポップのスザンナにアグネス・バルツァのケルビーノという豪華キャスト。最初にこんなもの観てしまったのは幸せなのか不幸なのか、いまだによく分からないのですが、第三幕の手紙の二重唱の、この世のものとも思われない美しさに陶然としたのは昨日のことのように鮮烈に覚えています。
こんなジジイの昔話みたいなことを最初に書いたのも、あれから三十数年経過して、日本の歌手もオケも本当に上手くなったなぁと感慨を覚えたから。今回の公演は外人勢によるものとほぼ日本人歌手によるものとのダブルキャストで、私は仕事の都合で日本人勢によるこの日の公演しか聴けなかったのだけれど、大変高いレベルの演奏であったと思います。佐渡裕の指揮は早めのテンポで颯爽としていて実に気持ちが良い。その表現は時に鋭角的で、典雅なウィーン風を良しとするオールドファンの受けは悪いかも知れない。また颯爽としているといっても、イタリア風の風通しのよい演奏というのとも全く違う(こちらの路線の最高峰はジュリーニがシュヴァルツコップやコッソットらを率いたディスクだろう)。要は数多ある名演の真似事でない独自の表現に達していた、ということでしょう。ただ、正直なところ、ちょっと疲れる演奏であったのも事実。それが、この演奏の欠点なのか、それとも単に私自身の加齢による受止め方の問題なのかは今のところ判然としません。エネルギーに溢れた佐渡の音楽を受け止めるには、聴き手にもそれなりの若さと体力がいるのかも知れません。

歌手はいずれも所を得たもので、これはちょっと・・・というのがない代わりに突出して優れた歌手もいない、という感じ。その中ではケルビーノを歌ったベサニー・ヒックマンがとても印象的。巧い下手ではなくて、文字通り少年みたいな声としなやかな肢体が役柄によく合っていると思いました。やはりケルビーノには、「ばらの騎士」のオクタヴィアンほどコケットやエロを感じさせないのが良いみたい。
伯爵夫人の並河寿美の柔らかく温かみのある声と、スザンナの中村恵理の、スーブレットとしてはややきつめの強靭な声、それぞれ聴いていて楽しいものでしたが、この二人による手紙の二重唱はとても美しく、あっという間に終わってしまうのが恨めしいほど。またこの二人とケルビーノの、第二幕の弾けるようなレチタティーヴォ・セッコもなかなかの聴きどころと感じました。
脇役のマルチェリーナに清水華澄というのも贅沢ですが、予想通りアクの強い歌でありながら、ブッファの枠にきっちり収まっているのがさすがです。この歌手の存在感というのはなかなか凄くて、バルトロとかバジリオがちょっと霞んでしまうのもやむを得ないと思います。
フィガロの町英和は声もテクニックもガタイもあって実に結構。欲をいえばキリがないが、悪目立ちするよりは良い。伯爵の高田智宏然り。ただ伯爵に関して言えば、第三幕のモノローグはもっと上の表現があるような気もします。チョイ役のアントニオもいいんだけど、常識的すぎる演出のせいで今一つはじけなかった感じも。
演出については、所作も衣装も道具もオーソドックスで何の不満もないのだけれど、アントニオみたいな曲者を活かすにはもう一捻り必要な気もします。音楽の邪魔をしないのはよいが、音楽との相乗効果をもたらすこともない、というのは辛口すぎるだろうか。衣装や道具のシックな色合いとか素晴らしいのですが。

佐渡の指揮についてもう少しだけ。私は以前にハイドンのオペラを取り上げた時、モーツァルトと比べて何の遜色もないが、フィガロの幕切れの許しの音楽とドン・ジョヴァンニの地獄落ちの音楽だけはハイドンには無いものだ、といったことを書いたように思います。フィガロの許しの場を聴きながら、改めてモーツァルトの天才を認識したところですが、今回の演奏ではそれが真の感動にまでは至らなかったという他ありません。別に涙腺が緩むような感動だけが音楽の全てではないし、さっきも書いたとおり佐渡の音楽のエネルギーを真正面から受け止めるには、聴き手の年齢や体調が問われるところもあって、許しの音楽が私に思ったほどの感動をもたらさなかったことを以て今回の演奏を貶めるつもりは全くありません。ただ、今回の演奏を聴きながら、なんとなく私は、昔聴いた演奏のノスタルジーだかなんだかで今目の前にある演奏を貶す年寄の気持ちが幾分分かったような気がしたことを告白しておきたい。この備忘だって、冒頭に挙げた若かりし頃に聴いたベームの演奏だの、ジュリーニ盤の素晴らしさをいちいち挙げて比較すればどんなに書き易かろうと思わないでもない。だがそれでは耳が、感性が劣化する一方だろうというのも分かっている。音楽と加齢というのはなかなか難しい問題だと身に染みたという蛇足でした(笑)。
(この項終り)

by nekomatalistener | 2017-07-20 00:26 | 演奏会レビュー | Comments(0)