<   2016年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

蓮實重彦氏の記者会見について(雑談)

東の「聚楽よ~ん」に対抗できるのは西だとやはり「明日への活力」ですかね。





蓮實重彦氏の三島賞受賞の記者会見が話題になっている。文字に起こしたものを読むとなかなか痛快であるが、動画を見てみると、絶滅危惧種の珍獣をカメラの前に引きずり出して、みんなで恐々棒で突いているような感じがなきにしもあらず。記者の不勉強ぶりには、大手新聞社の学芸部員にしてこの程度かと暗澹たる気分になるが、蓮實氏の回答はある意味誠実すぎるほど。
以下の引用元はハフィントンポストより。
http://www.huffingtonpost.jp/2016/05/16/hasumi-mishima_n_9998942.html

・・・・・・

――わかりました。黒田さんの世界には若々しさがあると。私は蓮實さんの作品に若々しさを感じたのですが、そういう風にご自身で理解はされていたりしますか。

黒田さん(の作品)は傑作であり、私の書いたものは到底傑作といえるものではありません。あの程度のものなら、私のように散文のフィクションの研究をしているものであれば、いつでも書けるもの。あの程度の作品というのは相対的に優れたものでしかないと思っております。

(中略)

――逆に伺いたいのですが。研究者の目で「相対的に優れたものでしかない」と思いながら、小説というものは書いたりできるものなのでしょうか。やっぱり何か情熱やパッションがなければ書けないと思うのですが。

情熱やパッションは全くありませんでした。専ら、知的な操作によるものです。

・・・・・・





蓮實氏の自己韜晦を多少差し引かねばならないと思いながら、この既視感はなんだろう、と思ったらコレ(文春の記事)でした。
(文春の元記事は手元にないので江川紹子氏の下記記事より引用)
http://bylines.news.yahoo.co.jp/egawashoko/20140206-00032407/



新垣隆
「彼(佐村河内氏)の申し出は一種の息抜きでした。あの程度の楽曲だったら、現代音楽の勉強をしている者なら誰でもできる、どうせ売れるわけはない、という思いもありました」

・・・・・・・




「だからなに?」と聞かれと困るけれど、こういった言葉は、創造とはなにか、芸術はどこからやってくるのか、といった問いを(多少逆説的ではあるけれど)改めて惹起するだけの力を持っているように思われる。このブログで折に触れて作曲家のメチエだのなんだのと書いてきたことも、私がストラヴィンスキーやヒンデミット、ハイドンといった、一見パッションとは無縁の乾いた音楽を書く人達に惹かれるのも、このような問いに導かれてのことだろう。ついでに言えば、この問いの周りをぐるぐる回っている限り、私にはこの、創造には「情熱やパッション」が不可欠だと思っている新聞記者や、「佐村河内守の交響曲」に心酔した人達を嗤う資格は無いのだと思う。
蓮實氏の『伯爵夫人』は掲載誌(新潮4月号)を買い逃して実は未読。6月に単行本が出るようなので改めて書く機会があるかも知れません。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2016-05-21 00:11 | その他 | Comments(0)

Olivier Messiaen Complete Editionを聴く(その2)

北京ダックの「全聚徳」の漢字を説明するのに、「しゅは「聚楽よ~ん」の聚」と説明して分かってもらえる世代。





このメシアン・シリーズ、気の向くまま順不同で聴いていきます。今回は「峡谷から星たちへ」。

 CD21/22
 峡谷から星たちへ(1974)
 第1部
  I.砂漠
  II.ムクドリモドキ
  III.星たちの上に書かれているもの・・・
  IV.マミジロオニヒタキ
  V.シーダー・ブレイクスと畏怖の賜物
 第2部
  VI.恒星の呼び声
  VII.ブライス・キャニオンと赤橙色の岩
 第3部
  VIII.甦りしものとアルデバランの星の歌
  IX.マネシツグミ
  X.モリツグミ
  XI.ハワイツグミ、ソウシチョウ、ハワイヒタキ、アカハラシキチョウ
  XII.ザイオン・パークと天上の都

  ピアノ: ロジェ・ムラロ Roger Muraro
  ホルン: ジャン・ジャック・ジュスタフレ Jean-Jacques Justafré
  シロリンバ: フランシス・プティ Francis Petit
  グロッケンシュピール: ルノー・ミュゾリーニ Renaud Muzzolini
  チョン・ミュンフン指揮フランス国立放送フィルハーモニー管弦楽団
  2001年7月録音

(タイトル邦訳はタワレコHPの楽曲紹介から拾ったが鳥の名前についてはどこまで学問的に正確なのか私には判断がつきません)

アリス・タリーの委嘱により作曲され、1974年にアメリカで初演。もともと1976年のアメリカ建国200年での演奏を目論んでいたもののようです。オーケストラはソリスト扱いされているピアノ・ホルン・シロリンバ・グロッケンシュピールの他に多数の管楽器や打楽器を含むが、弦楽器は13人しかおらず、あたかも巨大な室内楽といった響きが特徴的。
各楽章のタイトルを見ればお分かりの通り、グランドキャニオンなど大自然を描く音画(メシアンは1972年の春にユタ州を訪れている)、ピアノを中心とした鳥の歌、星に寄せる音楽、の3つの要素から成り立っています(天と地と、それを結びつける鳥、という構図)。
この自然の描写だが、風や砂嵐の直截な描写(エオリフォーンやジェオフォーンといった特殊楽器が使われている)と、随所に現れる調性も露わな甘ったるい旋律が特徴で、こういっては何だがかなり通俗的な感じ。しかも「トゥーランガリラ」ほどの溢れだすパワーというのはなくて、なんとなく隙間の多い音楽に聞こえる。ふとアラン・ホヴァネスの「そして神は偉大なる鯨を創り給うた」を思い出したといえば何となく雰囲気を理解していただけるだろうか。誤解を恐れずに言うと、少しチープなのである(それが悪いという訳ではないし、駄作と決めつけるつもりもない。それに、メシアン自身は大真面目でこの作品を書いているはずなので、チープという評価も畏れ多いという他ないのだが・・・)。
一方、鳥の歌についてはもうお手の物といった感じのいつものメシアン。ただ、この作品の直前に書かれた大作「ニワムシクイ」などと比べると、なんとなくエネルギーに乏しい感じがしなくもない。作曲当時60代の半ば。メシアン老いたりというほどの歳でもないのだが明らかに内包するエネルギーが低い。好意的に考えれば、それだけメシアンの自己主張が減って、自然・鳥・星の世界をありのままに描写しようとする態度になってきたと言えるだろうか。
メシアンが星にちなんだ音楽を書くと、いつも禍々しい響きになるような気がするが、第8曲「甦りしものとアルデバラン星の歌」はこの大作の中でも最も美しい楽曲だろうと思います。これだって通俗的といってしまえばそれまでなのだが、その甘い旋律とクロタルやグロッケンシュピールなど金属打楽器の煌めくような響きの魅力はやはり堪えられません。これだけ単独で何度も聴いてしまいそう。また第6曲「恒星の呼び声」はホルンのソロのための楽曲で、独立して吹かれることもあるといいます。官能とは正反対の、いわば体温を感じさせない不思議な楽曲。

余談ですが、いまブーレーズのアンサンブル・ドメーヌ時代の録音を集中して聴いているのですが、ブーレーズが取り上げるメシアン作品というのはものすごく偏りがあるのが面白い。具体的には「異国の鳥たち」とか「七つの俳諧」とか、とにかく甘い旋律が出てこない辛口の作品が多いということ。一方で「トゥーランガリラ」のような楽曲には全く関心がなかったようだ。その意味で、この「峡谷から星たちへ」も、ブーレーズが絶対に取り上げなかったであろうタイプの作品ということになるだろう。私自身はその甘ったるさとチープさに「どうしようもないなぁ」とつぶやきながら、それでもつい魔がさすように繰り返し聴いてしまうのがちょっと悔しい。

ムラロのピアノ、チョン・ミュンフンの指揮、いずれもこの作品にはほどよく合っているのだろうが、精緻さが過ぎてちょっと脂が抜け過ぎたきらいも。特にムラロのピアノは意外にモノクロームな感じがするが、いずれにしてもピアニストにとっては大変な難曲だろうと思います。
(この項続く)
by nekomatalistener | 2016-05-15 00:41 | CD・DVD試聴記 | Comments(0)

いまさら「森の歌」を聴くということ

職場で「コントレールのアラタさんかっこいい」「アラタさん色気あり過ぎ~」とか君ら言うとるけど、横で聞いてるおぢさん達の頭には、せいぜい古田新太の顔しか浮かんでないと思うよ。





ラ・フォル・ジュルネびわ湖2016の催しの内、ショスタコーヴィチの「森の歌」と、それに寄せたレクチャーに行ってきました。

  2016年4月29日@びわ湖ホール
  レクチャー「森の歌」をめぐって~音楽・政治・社会~
   亀山郁夫×浅田彰

  スメタナ 「わが祖国」より モルダウ
  ショスタコーヴィチ オラトリオ「森の歌」Op.81
   二塚直紀(T)、片桐直樹(Bs)
   びわ湖ホール声楽アンサンブル
   ラ・フォル・ジュルネびわ湖「森の歌」合唱団
   大津児童合唱団
   日本センチュリー交響楽団
   ダニエル・ライスキン(指揮)


さて、拙稿のタイトルに掲げた「なぜいまさら森の歌なのか」という問いに最初に答えておくと、このラ・フォル・ジュルネびわ湖という一連の催しのテーマが「ナチュール」ということで、自然をテーマにしたプログラムが特色だというのだが、この「森の歌」のテーマはスターリンによる自然改造計画の一環である防風林の植樹であり、いまとなってはこの計画そのものがアラル海の消滅という凄まじい環境破壊の原因となったと言われている。それなのに「森の歌」。無邪気なのか無知なのか、それとも何か深謀遠慮のようなものがあるのか、演奏会だけならなんとも測りかねるところがあるのだが、それに先だってロシア文学の第一人者である亀山郁夫氏と、私たちの世代にとっては日本の知を代表する哲学者として知らぬ者のない浅田彰氏が「森の歌」をめぐってレクチャーを行うというので俄然興味が湧いたという次第。
そのレクチャーだが、想像以上に面白く知的興奮を味わいました。最初に亀山氏により「森の歌」の作曲の経緯が語られましたが、そこでは1937年のスターリンによる大粛清、1942年スターリングラード攻防戦、45年交響曲第9番の初演と48年のジダーノフ批判、そして何よりも49年3月16年にスターリンからショスタコーヴィチに直々に掛ってきた電話(その中でスターリンはジダーノフ批判によって殆ど失職中のショスタコーヴィチを宥め励ましたという)のことなど作品の理解に必要な事項が簡略に紹介されました。次に浅田氏が登場し、自由な対談形式でショスタコーヴィチを巡る様々な意見が交されました。
お二人の論点は詰るところショスタコーヴィチに限らず、なぜこの時代のロシアの作曲家達はこのようなプロパガンダ作品を書かねばならなかったのか、という問いに集約されるように思います。その幾つかを備忘を兼ねて記しておくと、
・ロシアでも革命前には様々なアヴァンギャルドな芸術の試みが行われていたが、1928年の第一次五ヶ年計画を機に社会主義革命が完成し、大いなる歴史の物語が終わった(モダンの終焉)。その後に芸術に求められたのは最早極左的小児病的な前衛ごっこではなくて社会主義リアリズムに基くものでなければならないとされた。つまりアヴァンギャルドの代わりとしてのポストモダン。
(この社会主義リアリズムの対語として資本主義リアリズムという言葉を考えた際、それにぴったり当てはまるのはウォーホルである、というのは如何にも浅田彰らしい見解だと思います。ソヴィエトのプロパガンダ音楽を、ウォーホルのキャンベルスープやモンローのシルクスクリーンのキッチュに準えるという見方はちょっと目から鱗が落ちる思いだ)。
・ショスタコーヴィチと権力の接触というのは三度あった。一つは1936年のプラウダ批判、二つ目は47年のジダーノフ批判、そして最後は1960年の作曲家同盟第一書記への任命と翌年のソヴィエト共産党入党。プラウダ批判の時は交響曲第5番で名誉回復し、ジダーノフ批判の時は森の歌を書いた。しかし3つ目の権力との接触により、ショスタコーヴィチは前衛を弾圧する側についた。このことは絶対に容認できないことであった。
(これまた浅田氏の面目躍如といった見解だと思うが、この3つめの接触こそ権力の恐ろしさを物語るものだろう)。
・アイザイア・バーリンの書簡に出てくる話だそうだが、1958年にショスタコーヴィチがオックスフォード大学の学位授与によりイギリスを訪れた際、私的なサロンコンサートが開かれ、同席していたプーランクも演奏した。その洒脱な演奏の後にショスタコーヴィチがピアノで自作の前奏曲とフーガを弾き始めると、空気が変わっていきなり19世紀のベートーヴェンやブラームスも斯くやといった苦悩に満ちた音楽家の姿が現れた。
この逸話が浅田氏から紹介されたのち、亀山氏より、「森の歌」もけっこうだけれど、それでショスタコーヴィチに興味を持たれたのならぜひ交響曲4番とか8番とかも聴いてみてほしい、あのような音楽を書いたという自負があったればこそ、易々と5番や森の歌のような踏み絵を踏んだのだ、といった話があり、レクチャーが締めくくられました。
非常に限られた時間であるにもかかわらず、この現代に敢えて「森の歌」を聴くために知っておくべきことはほぼ充分に語られていたように思います。あえていえば例のヴォルコフの「証言」に関するお二人の見解なども聞いてみたかったと思います。

さて肝心の「森の歌」だが、私の手元にはテルミカーノフがサンクトペテルブルク・フィルハーモニー交響楽団を振った1997年の録音があってこの日に先だって改めて何度か聴いてみた。やはりどうにもならない作品だと思ったが、とにかく実演を聴いたらどう思うか、多少の興味はあった。また、吉松隆氏のブログで森の歌の終曲が、ムソルグスキーの「ボリス・ゴドノフ」の終幕クロームイの森の場面の引用であるという記事を読んで大変興味を持ったこともある。
http://yoshim.cocolog-nifty.com/office/2006/09/post_3bc0.html

だが「森の歌」の終曲の4分の7拍子の合唱とボリスの合唱、共に変イ長調で確かに似てるといえば似てるが、さて本当にこれがボリスの引用かといえば微妙。もちろん、事実だとしてもあからさまにそれと判るような引用はするはずもない。このブログの記事に書かれている他の論拠も、状況証拠には違いないが決め手に欠けるという印象。こんなことも実演を通して考えてみたかったことだ。
しかし、400名近い公募による大合唱団や、バスが日本語で歌いだしたことでまずがっかり。別に原典にこだわるつもりはないのだが、この曲に限ってはロシア語で歌って、字幕にスターリン賛美の対訳が出ることで違和感を感じることが大事なはず。日本語ではまず言葉が聴きとりにくくて神経がそちらにいってしまうのが苛立たしいのと、スターリン賛美の側面はほとんど消えてしまうことが問題だろう。また大合唱団が悪いというつもりもないが、結局この演奏会が想定している客層はなんなのだろう、という疑問に行きつく。いまさら歌声運動の時代のオールドファン目当てという訳でもなかろう。ラ・フォル・ジュルネがクラシック音楽に対するハードルを下げて、多くの聴衆を集めることに成功したことを否定するつもりもない。しかし、ナチュール=自然=森といった安易な企画(レクチャーは別だが)、それにモルダウ・プラス壮大な合唱で感動する人達が対象だというなら、やはりこの選曲はいかがなものか、という気がする。現代において「森の歌」を演奏するなら、もっと批判的に、ひねくれた客層相手にやるべきだと思うのだ。
それにしても、なんという大言壮語、空虚な音楽だろうか。ショスタコーヴィチの生涯の中で汚点といってもよいのではないかという前からの私の思いは覆ることはありませんでした。合唱は寄せ集めにしては健闘、センチュリー交響楽団はブラスが吠えたてることなく美音を奏でていて秀逸だと思っただけに、いろいろと残念な結果でした。

追記
ショスタコーヴィチに対する三度目の権力の介入に関して一言。60年の作曲家同盟第一書記就任に限らず、この前後に夥しい賞や名誉ある地位をソヴィエト政府から受けているのはよく知られている。しかし「自作全集への序文とその序文についての短い考察」Op.123というバリトンの為の短い歌曲はあまり知られていないのかもしれない。だが彼自身が授与されたおびただしい勲章や役職をバリトンがぼそぼそと読み上げるという凄まじく自嘲的な音楽は絶対に知らないでは通らない。交響曲5番など聴いてる暇があればこの歌曲こそ聴いてほしいと思うくらいだ。もはやこの時期には作曲者はあまり怖いものがなくなっていたのかも知れないが、よくもこんな作品をしれっと書いたものだ。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2016-05-04 20:46 | 演奏会レビュー | Comments(3)