<   2016年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

メシアン 「ハラウィ」を聴く

ことしの花粉症は楽だったが、ひょっとして加齢による知覚鈍化ではないかという気もする。





メシアン「ハラウィ」の全曲公演という、カフェ・モンタージュならではの一夜。


 2016年4月16日@カフェ・モンタージュ
 メシアン 歌曲集「ハラウィ ~愛と死の歌」 全曲
 (アンコール)
 メシアン 「3つの歌」より 第2曲「ほほえみ」
 林千恵子(Ms) 稲垣聡(Pf)


林千恵子という方、プロフィールを調べてみると桐朋学園大学音楽学部を卒業の後、84年からパリに留学とあるので年代的には私とほぼ同世代の方のようです。メシアンの他にジョルジュ・アペルギスやリュック・フェラーリなどの現代音楽を得意とする、との記述も。
「ハラウィ」に関しても随分昔からレパートリーとしていて、何度も歌ってきたようです。だが、当日の歌唱は残念ながら瑕の多いもので、高い音の音程が定まらなかったり声がかすれたり、かなり聴いていて辛いものでした。またもう少し声質に透明感があれば、という思いもあります。
もともと「ハラウィ」自体、メゾが歌うには音域が広すぎ、技術的にも過酷な要素を含んでいると思いますが、比較的低い音域ではそれなりの様式感が感じられ、長年歌い込んできただけのものはあると思いました。たとえば第4曲「ドゥンドゥ・チル」や第11曲「星のカチカチ」の呪術的な禍々しさ等。できれば10年ほど早く聴きたかったというのが正直な感想。
ピアノパートは「嬰児イエズスに注ぐ二十のまなざし」のレトリックにとても近いものがあり、かなりの技巧が求められます。稲垣聡の演奏は何ヶ所か右手が泳ぐ事故があったけれど、落ちずに一時間弾き切っただけでも賞賛モノといってよいのかも知れません。この方、コンテンポラリー音楽に興味がある人にはアンサンブル・ノマドのピアニストと言ったほうが通りがよいと思いますが、硬質で濁りの無い強音には聴くべきものが多いと感じました。ただ歌手との音量のバランスなどはもう少し改善の余地はありそうです。
アンコールは「3つの歌」の中でも最も短い第2曲。フランス歌曲の良き伝統を受け継いで、一瞬のうちに余韻を残して消えるのがなんとも粋(個人的にはドビュッシー風に始まって終盤にめくるめくようなメシアン独自の和音が出てくる第1曲のほうが好きだが)。演奏は本編のあとでいい具合に力が抜けて良かったと思います。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2016-04-18 23:02 | 演奏会レビュー | Comments(0)

Olivier Messiaen Complete Editionを聴く(その1)

画竜点睛ってついさっきまで画竜点「晴」だと思ってた。




来る4月16日、京都のカフェ・モンタージュでメシアンの「ハラウィ」全曲という画期的なリサイタルがあります。昔LP時代に「ミのための詩」「天と地の歌」とともに何度か聴いたままその後聴く機会がなく、LPも手放してしまいました。誰の演奏だったかも覚えていません。改めて予習しようとamazonを探索しておりましたが、ちょっと血迷ってCD32枚組のComplete Editionを購入。これから少しずつ聴いて感想を書いていきます。ただ以前にストラヴィンスキーで同様の企画をたてた際は、3大パレエ以外は極端に知名度が落ちる現実、というよりも、3大バレエ以外の作品に対する根拠のない軽視や駄作扱いに強い憤りを感じていて、自ずから気合の入った記述になりましたが、メシアンはピアノ・室内楽・オーケストラ作品、そこそこバランスよく世に知られている部類(最近まで生きていた人としては例外的なほど)だと思うので、あまり気張らず、できるだけ簡素に、感想の備忘というスタンスでいくつもり。

 CD29
 ①ハラウィ(愛と死の歌)(1945)
 ②3つの歌(1930)
 ③数の死(1930)

 ①奈良ゆみ(Sp)、ジェイ・ゴットリートJay Gottlied(pf)
  1989年7月録音
 ②シルヴィア・マクネアーSylvia McNair(Sp)、ロジャー・ヴィグノールズRoger Vignoles(pf)
  1996年6月録音
 ③フランソワーズ・ポレFrançoise Pollet(Sp)、エルヴェ・ラミHervé Lamy (T)
  アニェス・シュラム・ビアロブロダAgnès Sulem-Bialobroda(vn)
  イヴォンヌ・ロリオYvonne Loriod(pf)
  1999年1月3~4日録音


さてCD29枚目に収録されている「ハラウィ」。12曲からなる連作歌曲集で「トゥーランガリラ交響曲」「5つのルシャン」とともに「トリスタン三部作」を成す。陶酔を誘うような美しさ。移調の限られた旋法、非可逆リズム、鳥の歌、ここには、43年の「アーメンの幻影」や44年の「嬰児イエズスに注ぐ二十のまなざし」とほぼ同様のイディオムが使われていて、聴いているとやや金太郎飴のような感じがしなくもないが、その多様性と強烈な個性にはやはり感心せざるを得ない。ピアノのパートは相当の技巧がなければ弾けないと思うが、密かな囁きから野蛮な叫びまで多彩な書法で書かれたソプラノパートもこれは大変だろうなと思います。終曲の凍りついたような静謐なピアノの響きは、モートン・フェルドマンの先駆といってよいと思います。

併録されている「三つの歌」、1929年の作曲当時、メシアンはまだパリ・コンセルヴァトワールでポール・デュカの生徒であったのだが、ドビュッシー風の旋律を彩るピアノの和声は既に紛う方なきメシアンの響きになっています。この頃から92年の没年までの60年強、何を聴いても「あ、メシアン」と判る音楽を書き続けたというのは、考えると凄いことだと思います。
同じく29年に作曲された「数の死」、ドビュッシー風の旋律は時に凡庸といってもよいくらいなのに、メシアン独特の和声が彩るとそれなりの佳品に感じてしまうところが実に面白い。演奏時間12分ほどのバラード風の歌曲というのは、シューベルトが少年時代に書いた長大なバラード(例えばシラーによるD77など)の遥かなこだまという感じもします。

演奏はいずれも大変結構。「ハラウィ」を歌う奈良ゆみは、パリで直々にメシアンの薫陶を受け、日本でも何度かこの至難な作品を歌っているようです。

余談ですがCDボックスには分厚いブックレットが収められており、懇切丁寧な楽曲解説(フランス語と英語)、声楽作品の歌詞と英語対訳がついていて、さすがはドイツグラモフォン。そんじょそこらのやっつけ寄せ集めのコンピレーションとは訳が違います。新品であれば日本のアマゾンよりamazonUKのほうがたいぶ安いけれどそれでも2万円超。しかしそれだけの値打ちはありそうだ。
(この項続く)
by nekomatalistener | 2016-04-13 23:00 | CD・DVD試聴記 | Comments(0)

日本センチュリー交響楽団定期 マーラー 交響曲第9番

「カクテル ダイリキ」で検索→
yahoo先生が「ダイキリ ではありませんか?」と訊いてくる→
それでも「カクテル ダイリキ」で検索→
なんかカッコつけてスカしたブログなのに「ダイリキ」と書いてるのがあれこれ出てきて、もうコロッケしか頭に浮かばなくて腹痛い。





知人のお誘いでマーラー聴きました。マーラー、というよりプロのオーケストラで交響曲を聴くこと自体、実に久しぶり。

  2016年4月8日@ザ・シンフォニーホール
  マーラー 交響曲第9番ニ長調
   飯森範親指揮日本センチュリー交響楽団


基本的にコンサートゴーアーでない私は、ネットなどで気になる公演を見つけてもなかなか腰があがらない。オペラとか現代モノとか、「これは行っとかないと一生後悔する」というものでなければ、なんだかんだで行かずじまいというケースが殆ど。でもこうやって実際行ってみると、やはり生でなければ得られない貴重な体験だと感じます。

それにしても、マーラーといえばこの何十年か、オーケストラにとって間違いなく客を呼べるレパートリーだと思っていましたが、この日は金曜・土曜二日公演の平日であるせいか、あるいは他のオケ公演とカブッたか、随分空席が多い。関西の地盤沈下を物語るものでなければいいけれど。
それはともかく、今回の9番、とても立派な演奏であったと思います。飯森範親の指揮は大変気魄のこもったもので、精密なスコアの再現もさることながら、やや情念の爆発のほうに軸足を置いているように感じました。ただ全曲を振り返ると、力技で押し切った感のある2・3楽章よりも、両端楽章のほうがこの指揮者の美点が現れていたように思います。第1楽章は、とりとめが無いというか、痙攣のように間歇的に沸き起こっては解けていく主題群の歌い方が難物だと思いますが、主題群を丁寧に追いかけていく演奏を聴いていると、見かけがどれほど違っていようとウェーベルンの世界と地続きであることがよく分かります。実際のところは、マーラーが9番を書いていた頃にはウェーベルンは既に「パッサカリア」など初期作品を幾つか書きあげていて、ひとかたならぬ相互影響があったのだと思いますが、ふとそんなことを考えさせてくれる演奏。そうなるともっと上を望みたくなるのが人情で、たとえば金管とハープの単音を重ねたりする独特のソノリティは、もっと磨き様があるはずだが、それは贅沢というもの。第4楽章もオーケストラからこれほどの緊張感を引き出せたならまずは大成功といったところでしょう。特に前段のプルト数の割に分厚く響く弦は秀逸で、後のR.シュトラウスの「メタモルフォーゼン」をふと思い出したりする。ざらりとした音色とずっしりとした音圧がうまくバランスしている。終末部はもしかすると、単に音が小さい、あるいはオーケストレーションが薄いという以上の表現というものがあって、もっと意義深いピアニッシモが有りうるのかも知れませんが、それを望むのもまた贅沢というものでしょう。真ん中のレントラーとロンド・ブルレスケだが、マーラーが凝りに凝って書いた奇矯な和声やポリフォニーの網目を味わうにはほんの少しテンポが速すぎたように思います。物凄く大切な音楽の要素がすっ飛ばされてしまった感じ。狂気に満ちた音楽である程度のテンポは必要だし、微温的でも困るけれど、ショスタコーヴィチの10番のスケルツォみたいな速さでやられると、少なくとも私の耳では追いつかなくて残念な感じ。だが、最後が良かったので概ね良い演奏を聴いたという印象です。

どうでもいいことですが、第1楽章の終わりあたりから補聴器のハウリング音が鳴りだして、第2楽章の間ずっと気になりました。さすがにこれはまずいだろうと思っていたら、第3楽章の前にどうやらご本人に気付いてもらえたようでほっとしました。何年か前にもこの現象を経験しましたから、しばしば起こることのようです。この歳になると不快に思うよりもむしろ他人事ながら身につまされます。
by nekomatalistener | 2016-04-12 00:30 | 演奏会レビュー | Comments(0)