<   2015年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

金剛定期能 「頼政」 「杜若」

ドゥダメルっていい指揮者だとおもうけど、なんかインパルス板倉がヅラ被って振ってるみたいにみえるんだよなぁ。
https://www.youtube.com/watch?v=VjRo4uoCjxw



今回初めて金剛能楽堂に行ってきました。昭和の香りのする観世会館より新しい分、とてもきれいだけど正面席の大部分が会員席になっているのがビギナーには何となく敷居が高い感じ(会員席に座ってる人たちのおかげで興行が成り立っているのだから仕方ないけど)。

 
 2015年5月24日@金剛能楽堂
 金剛定期能

 仕舞
  富士山 宇高竜成
  高野物狂 豊嶋三千春
  熊坂 廣田泰能

 頼政
  シテ(老人・頼政) 松野恭憲
  ワキ(旅の僧) 高安勝久
  ワキツレ(僧の従者) 小林努・有松遼一
  間(里の者) 茂山逸平

 狂言
 柿山伏
  シテ(山伏) 茂山良暢
  アド(柿の木の主) 山口耕道

 仕舞
  隅田川 金剛永謹

 杜若
  シテ(里の女・杜若の精) 金剛龍謹
  ワキ(旅の僧) 福王知登


今回の演目に特段の共通点があるとは思いませんが、頼政の謀反が5月ということで初夏繋がりということのようです。まずは「頼政」から。
旅の僧が宇治を訪れ、里の老人に名所旧跡の案内を請う。老人は僧を平等院の庭に連れて行き、かつて謀反を起こした源三位頼政がそこで自害したことを話し、自分はその頼政の亡霊であると告げて姿を消す。その夜、僧のもとに頼政の亡霊が現れ、高倉宮以仁王を唆して謀反を起こそうとしたところ平家の知るところとなり、宇治まで追われて平等院の庭で自害したことを語って姿を消す。
これまで観てきた能の多くは、中入りのアイの語りは概ね前段の繰り返しのような内容が多くて、ちょっと退屈することもありましたが、「頼政」の場合、本編では具体的に触れられていない謀反の原因が詳細に語られ、非常に興味深いものでした。頼政の嫡男仲綱は、平宗盛に請われて愛馬を差し出したが、宗盛はその馬の尻に焼き鏝で仲綱と記して辱めたというもの。これには後日談があって、頼政挙兵の後、スパイとして宗盛に付いた渡辺競(きそう)が、宗盛より下賜された馬にのって源氏の軍勢に戻り、その馬の尻に「宗盛」と焼印し、尾とたてがみを切って宗盛に突き返した、という。当時の武士にとって愛馬を辱められることは最大級の侮辱であったのでしょう。いずれにしても、本編の背景をアイが語ることで、物語がより理解しやすくなるのは言うまでもありません。
見どころの一つと思われるのは、頼政の亡霊は始め、床几に見立てた葛桶に座ったままであったのが、宇治橋の戦いの描写になるとおもわず激して立ち上がるところ。

シテ詞「さる程に源平の兵。宇治川の南北の岸に打ちのぞみ。閧の声矢叫の音。波にたぐへておびたゝし。橋の行桁をへだてて戦ふ。味方には筒井の浄妙。一来法師。敵味方の目を驚かす。かくて平家の大勢。橋は引いたり水は高し。さすが難所の大河なれば。左右なう渡すべきやうも無かつし処に。田原の又太郎忠綱と名のつて。宇治川の先陣我なりと。名のりもあへず三百余騎。地「くつばみを揃へ河水に。少しもためらはず。群れゐる群鳥の翅を並ぶる羽音もかくやと。白波に。ざつざつと。打ち入れて。浮きぬ沈みぬ渡しけり。

先日観た「朝長」もそうだが、こういった戦記物に取材した謡は言葉が分かりやすく、かつ言葉そのものの凄まじい威力が感じられます。舞に関しては、匂い立つような若武者の「朝長」と違ってこちらは老齢の僧形ということで、激しい動きこそないものの、内に滾る憤懣の感じられるものだったと思います。

狂言は「柿山伏」。
山伏が柿の木に登って勝手に柿を食っていると、柿の木の主に見つかってしまう。主は山伏だと気付かないふりをしていたぶってやろうと思い、あれはカラスじゃ、カラスなら鳴いてみよ、と言う。仕方なく山伏が「かぁ」と鳴くと、今度はあれは猿じゃ、というので「きゃっ」、終いにあれは鳶じゃ、鳶なら飛んでみよ、というと山伏は思わず飛び降りて腰をしたたかに打つ。相手にしておられぬと立ち去る主を、看病せいと山伏が追いかける。
ここしばらく、あまり笑えない狂言を見てきましたが、これは多分理屈抜きで誰でも笑える作品でしょう。他愛ないといえばそれまでですが、これが何百年と受け継がれてきたというのもすごい話。流派によっては犬のマネをして「びよ」と鳴くバージョンもあるみたい。

仕舞が都合四番。中では薙刀をもって舞う「熊坂」が目を引きます。「富士山」の宇高竜成も颯爽として印象的。

最後は「杜若」。
旅の僧が三河国八橋(今の知立市)で今を盛りの杜若を眺めていると若い女が現れ、この地で在原業平が有名な「から衣きつつなれにしつましあれば はるばるきぬるたびをしぞ思ふ」という歌を詠んだ話をする。その地に逗留する僧の前に、先ほどの女が、業平の透額の冠をかぶり、業平の愛人二条后高子の唐衣を着て現れる。彼女は業平こそ歌舞の菩薩の化現、その業平に歌を詠みかけられたおかげで草木の身ながらも悉皆成仏の御法を得たことを喜ぶ。
これまで私が見てきた三番目物、「梅」や「遊行柳」と同じく草木の精を主人公とするものですが、どうもこの手の能というのは、つまらないという訳ではないが私は少し苦手な部類かも知れません。本来ならやはりこういった曲というのは、舞のイロハを体で分かってこそ楽しめるものという気がします。時間の感覚が麻痺して気が遠くなるようなイロエを見ていると、私はまだこういった作品の観方というものを全く理解していないという気になります。
ついでながら、先に挙げた「梅」では、その精は若い女、「遊行柳」では老人となっていましたが、「杜若」では若い女でありながらも業平の憑代としても舞うということなのか、意外に力強い舞という感じがしました。足拍子も多く、囃子に太鼓が加わるのもやや意外。
台詞に引用歌が多いのもこういった演目の共通項なのでしょう。先に挙げた伊勢物語からは、他に、
いとどしく過ぎゆくかたの恋ひしきにうらやましくもかへる波かな
信濃なる浅間の嶽(たけ)にたつ煙をちこち人の見やはとがめぬ
月やあらぬ春や昔の春ならぬ我が身ひとつはもとの身にして
の三首が引かれています。また「後撰集」から良岑義方の
いひそめし昔の宿のかきつばた色ばかりこそかたみなりけれ
また「百聯抄解」から「花前蝶舞粉々雪、柳上鶯飛片々金」が引かれています。
最後に一言。演者の巧拙はよく分かりませんが、シテの立ち姿が本当に美しく感じました。ただ立っているだけなのに、微動だにせず凛とした様というのが厳しい鍛錬を感じさせます。いつか舞のことももっと分かればいいと思いますが、いまは焦らず目を肥やしていこうと思います。

蛇足
今回の演目の共通点として初夏繋がり云々と書きましたが、調べてみると頼政は例の鵺退治のあと、褒美として鳥羽院より菖蒲上という女を下されるにあたり、12人の美女の中から選べといわれて「いずれあやめか引きぞわずらふ」と言った、というのがあの「いずれあやめかかきつばた」の謂れだという記事を見つけました。原典の太平記巻二十一にはこんなことが書いてありましたよ。
「誠やらん頼政は、藤壷の菖蒲に心を懸て堪ぬ思に臥沈むなる。今夜の勧賞には、此あやめを下さるべし。但し此女を頼政音にのみ聞て、未目には見ざんなれば、同様なる女房をあまた出して、引煩はゞ、あやめも知ぬ恋をする哉と笑んずるぞ。」と仰られて、後宮三千人の侍女の中より、花を猜み月を妬む程の女房達を、十二人同様に装束せさせて、中々ほのかなる気色もなく、金沙の羅の中にぞ置れける。さて頼政を清涼殿の孫廂へ召れ、更衣を勅使にて、「今夜の抽賞には、浅香の沼のあやめを下さるべし。其手は緩とも、自ら引て我宿の妻と成。」とぞ仰下されける。頼政勅に随て、清涼殿の大床に手をうち懸て候けるが、何も齢二八計なる女房の、みめ貌絵に書共筆も難及程なるが、金翠の装を餝り、桃顔の媚を含で並居たれば、頼政心弥迷ひ目うつろいて、何を菖蒲と可引心地も無りけり。更衣打笑て、「水のまさらば浅香の沼さへまぎるゝ事もこそあれ。」と申されければ、頼政、五月雨に沢辺の真薦水越て何菖蒲と引ぞ煩ふとぞ読たりける。時に近衛関白殿、余の感に堪かねて、自ら立て菖蒲の前の袖を引、「是こそ汝が宿の妻よ。」とて、頼政にこそ下されけれ。」
ま、番組には何の関係もないのでしょうけれど。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2015-05-26 01:13 | 観劇記録 | Comments(0)

片山定期能 「百万」 「遊行柳」

タイミング的になかなか味わい深いものがあるな・・・
http://togetter.com/li/818362




片山定期能というのは初めてでしたが、なんというか、能の奥深さを思い知った一日でした。

 2015年5月9日@京都観世会館
 片山定期能 五月公演

 舞囃子
 頼政
  シテ(源頼政の霊) 梅田邦久

 百万
  シテ(百万) 梅田嘉宏
  子方(百万の子) 大江信之助
  ワキ(男) 原大
  ワキツレ 小林努・岡充
  アイ(釈迦堂門前の者) 鈴木実

 狂言
 茫々頭
  シテ(太郎冠者) 茂山あきら
  アド(主) 茂山千三郎

 仕舞
  歌占キリ 浦田保浩
  雲雀山 片山九郎右衛門

 遊行柳
  シテ(老人・老柳の精) 武田邦弘
  ワキ(遊行上人) 宝生欣哉
  ワキツレ(従僧) 大日方 寛・野口琢弘
  アイ(所の者) 茂山千三郎


最初の「頼政」は舞囃子といって、面を着けず衣装も紋付袴で舞うもの。謡と囃子が附き、能の中入りの後の大方の部分をやるので、仕舞よりは時間も長く、ちょっとお得な感じがする。きっと謡や踊りの稽古をされている方や、玄人筋の、見巧者の方であればとても面白いのだろう。しかしこの限りなく素に近い舞台に、平等院の中庭の芝に残された扇の形や、宇治川を渡りくる平氏の軍勢の絵姿を思い浮かべられるかと言えば、悲しいかな素人である私にはなかなかハードルが高いといわざるを得ません。「頼政」そのものの感想は、近いうちに能として拝見する機会があるのでその時に改めて。

「百万」は二回目です。先日観たときは「弱法師」と一緒に上演されたので、親子の生き別れを扱った両作品の比較という観点で感想を書きましたが、今回「百万」を単独で見て、私には難物であると改めて思いました。親子の再会がテーマといいながら、その仏教説話風の大量の台詞、子役そっちのけでイロエや立廻り等延々と続く舞、ことさら情趣に満ちているとも思われない幕切れ、いずれをとっても正直よく分からないことが多すぎます。比較的よくやられる作品だと思うので、これからも観る機会があると思いますが、いつか腹に入る時がくるのだろうか。

狂言は「茫々頭」。
主人に内緒で京見物に出かけた太郎冠者。北野から祇園に向かう道中、すれ違った上臈に誘われるままに着いて行ったはいいが、靴脱に通されて何のもてなしも受けず、腹を立てて緒太の金剛(草履)を盗み出す。これを見とがめられて返す羽目になった太郎冠者を主人が叱りつける。
これも現代人にはなかなかピンとこない作品。「緒太の金剛」のあとに「草履」という言葉を補っていましたが、それでわかりやすくなるわけでもなければ笑いのツボが見つかる訳でもない。本作については、いろんなブログを覗いていたら、「緒太の金剛」すなわち男のイチモツであるとの珍説を発見しました。
http://gakibana.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/25102-c2fe.html
面白い説だとは思うけれど、実際の演技では太郎冠者は懐から草履を出す仕草をするので(裾から出したのならともかく)ちょっと無理があるように思います。

仕舞は動と静の二番。例によって判った風な評は書かない。

最後は「遊行柳」。
一遍の足跡を訪ねる僧たちの一行が白河の関にやって来ると、老人が現れて、むかし西行法師が訪れたという柳の古木へと案内する。その時に西行が歌を詠んだという話をすると、老人はその柳の古木のある塚に姿をけす。その夜、一行が念仏を唱えると朽ち老いた柳の精が現れ、草木の身でありながら仏の功徳にあずかり仏果を得ることができることを喜び舞を披露する。
五番立では老精物といって三番目物に分類されるとのこと。草木の精が遊行の僧を前に姿を現し舞う、という筋立ては以前みた「梅」と同工異曲。それだけでは芝居が持たないと考えたのか、ペダンチックなほど古今のさまざまな歌が引用されるところもよく似ています。たとえば和歌であれば、
 道の辺に清水流るゝ柳陰しばしとてこそ立ちどまりつれ(西行・新古今)
あるいは
 見渡せば 柳桜をこきまぜてみやこぞ春の錦なりける(素性法師・新古今)
 道の辺の朽ち木の柳春くればあはれ昔と偲ばれぞする(菅原道真・新古今)
また「全唐詩」に収められた李群玉の「送客」から
 沅水羅紋海燕回る、柳条恨みを牽いて荊臺に到る
さらに和漢朗詠集から
 柳氣力なくして條(えだ)先づ動く
 池に波の文(もん)ありて氷盡く開けたり
などが引かれています。他にも、貨狄が柳の葉に乗る蜘蛛を見て舟を造る逸話だの、源氏物語「若菜上」の女三宮の猫と柏木のエピソードなども引かれ、実に多彩なテキスト。しかしそれよりも驚くべきことはその舞の長さ。今回の上演は「青柳之舞」という小書があって、正味1時間50分くらいかかったけれど、ちょうど同じタイミングで東京の国立能楽堂でも上演されていて、そちらは2時間10分かかったそうだ。しかもシテは柳の古木の精ということで、なんとも動きが少なく、たまによろよろと足元もおぼつかない様子をみせたりするものの、きわめて地味な舞が延々と続く。舞台には柳の作り物も出され、シテがその中で装束を替えたりもするが、それとて地味な色合いでいささか花がない感じがする。
私は芝居でも音楽でも何によらず「入門編」だとか「初心者向け」などといったレッテルは一切信じない性質で、そんな世評をもとにある作品を見たり(聴いたり)見なかったり(聴かなかったり)というのは馬鹿らしいと思うのですが、それにしても私が初めての観能でこんな番組だったら、今ほど能を見ていただろうか、というのは正直思います。能を見始めて約半年、最近すこしわかったふうな口をききたくなってきた頃あいに、今回のような敷居の高い番組に出会うというのも何か意味がある縁なのだろう。これからも虚心に能を見続けたい。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2015-05-12 01:27 | 観劇記録 | Comments(0)

B.A.ツィンマーマン 「ある若き詩人のためのレクイエム」を聴く

目の具合が悪くて病院にいったら、病名とかの説明のあとに「原因は加齢です」と言われるとけっこうへこむ。いっそのこと「原因は不品行」とか言われた方が話の盛り様もあるのに。





昨年シュトックハウゼンの「歴年」の、雅楽版とオーケストラ版の両方を舞台形式でやるという画期的な公演をおこなったサントリー・サマーフェスティバル、今年はシュトックハウゼンの「シュティムンク」とベルント・アロイス・ツィンマーマン(BAZ)の「ある若き詩人のためのレクイエム」の日本初演というこれまた企画力の勝利というべきプログラム。まずは予習ということで音源を聴いてみたいと思います。


a0240098_0152796.png

 ベルント・アロイス・ツィンマーマン
 ある若き詩人のためのレクイエム
 (多様な詩人、報道や著作からのテキストに基く、語り手、ソプラノとバリトン・ソロ、三組の合唱、
 エレクトロニクス、オーケストラ、ジャズ・バンドとオルガンのための言語作品)(1967-1969)

  ヴラトカ・オルザニック(Sp)
  ジェームズ・ジョンソン(Br)
  ミヒャエル・ロートショップフ(語り手1)
  ベルンハルト・シーア(語り手2)
  クリストフ・グルント(Org)
  アレグザンダー・フォン・シュリッペンバッハ(ジャズ・バンド)
  アンドレアス・ブライトシャイト(サウンド・ディレクター)
  オズヴァルト・サラベルガー(ミュージカル・アシスタント)
  合唱Ⅰ:ケルン放送合唱団(合唱指揮:ゴットフリート・リッター)
       シュトゥットガルト南ドイツ放送合唱団(合唱指揮:ルーパート・フーバー)
  合唱Ⅱ:エディンバラ祝祭合唱団(合唱指揮:デイヴィッド・ジョーンズ)
  合唱Ⅲ:ブラティスラヴァ・スロヴァキア合唱団(合唱指揮:ヤン・ロゼフナル)
       ブラティスラヴァ市立合唱団(合唱指揮:ラディスラフ・ホラーセク)
  ミヒャエル・ギーレン指揮バーデン・バーデン南西ドイツ放送交響楽団
  1995年3月12日録音
  CD:SONY Classical SK61995


BAZについては、その代表作である「兵士たち」がかなり以前に新国立劇場で取り上げられたり、この数年メッツマッハーや大野和士といった人気のある指揮者が取り上げたりで、よく知られていると思います。しかしこのレクイエムの日本初演がまだというと、本当にこの人の音楽が広く理解されるにはまだまだ道のりが遠いと思わざるを得ません。
私自身、本作についてはいつか聴きたいと思いながらも未聴、youtubeでもあがっているけれど、こればかりは身銭を切って音源を買ってからじっくりと聴きたいという思いがありました。
実際に聞いてみて、その比べるもののない音楽の広大な広がりと精緻な音響にちょっと打ちのめされた気分。すごいな・・・という幼稚な感想しか出てこないのがもどかしいのだけれど、たとえばコラージュ技法が使われているという意味で、以前BAZの「ユビュ王の晩餐のための音楽」を評した際に引用したべリオの「シンフォニア」であるとか、あるいはデモ隊やアジ演説を素材にしているということで、湯浅譲二の「ヴォイセス・カミング」の第3部などと比べても全く異なる音楽であると思います。どちらが上とか下とかの問題でないことは誤解のないようにお願いしたいのですが、BAZの深刻さとくらべるとべリオはディベルティメントのように聞こえるし、湯浅の群集の騒音は非常に感覚的なレベルでの音響素材のように思える(異論は承知の上)。それらと比べるとBAZの音楽にはその強固な論理性への執着のようなものが感じられます。そもそも、一時間を超える大曲で、しかもオーケストラのトゥッティはほとんどなく、さまざまなテキストの朗読や演説の録音テープ、ベートーヴェンからビートルズまで古今のさまざまな音楽の断片が現れては消えていくこのような造りの音楽にあって、いっときも集中力が途切れることなく、作品世界にがんじがらめにされて金縛りにあったかのように聴きとおしてしまうというのは稀有のことだろうと思います。それほどこの作品が精緻に構成されているということであり、作曲者にとってこういった手法でこのような作品を創作することが本当にのっぴきならないことであった証左だと思えてなりません。あまり断定的にいうことではないけれど、20世紀に書かれたレクイエムとしては、リゲティと並んで双璧ではないかと思いました。

このような膨大なテキストを持つ音楽でいつも問題になることですが、聴き手はどの程度テキストを理解して聴くべきかというのは実に頭の痛い問題だと思います。実は本作のテキストについて、カーネギーホールでの本作の演奏会に際してその英訳版を時間軸にそってまとめたものがネットに挙がっており、その気になりさえすれば意味だけはなんとか辿れます。
http://audiolabo.free.fr/revue1999/content/libretto.pdf
しかし、現実問題として、難解をもってなるヴィトゲンシュタインの長々しい引用を耳で聞いて理解できる聴衆がどれだけいるのか、ドイツ語の分かる人を念頭において書かれたのは確かだとしても、頻出するハンガリー語やチェコ語、古典ギリシャ語やロシア語をすべて理解できる聴衆は果たしているのか、英語が分かるからといって、ジョイスの「フィネガンズ・ウェイク」の狂気の産物のようなテキストがわかる人間はおそらくほとんどいないだろうが、そんな中での「テキストの理解」とは何を指すのか。これらテキストは単なる音響素材であるという立場と、テキストはすべて理解されるべきであるという立場を両極として、その間のどのあたりにBAZの考えが立脚しているのか、悩ましくも興味深いことではあります。先にとりあげた湯浅譲二のヴォイセス・カミングでは、電話交換手の音声(もしもし・・・)、フィラー言語(あのー・・・そのー・・・、いわゆるその・・・)と並置する形でキング牧師や浅沼稲次郎の演説が取り上げられていて、それはそれで作曲家の問題提起は明らかかつ痛切なものがあろうかと思いますが、BAZの選択したテキストが我々に突きつけるものとは少し違う感じ(さっきもちらっと書いたように湯浅のようがより感覚的でBAZはより論理的といったところ)。べリオがシンフォニアで用いたレヴィ=ストロースのテキスト(「生のものと火にかけたもの」)も相当難解なテキストだが、こちらはレヴィ=ストロースの打ち立てた変換式と音楽的な形式がどこかでリンクしている(多分にインテリの考えそうなお遊びレベルだとしても)というのはよく知られた話、だがもちろんBAZとはそもそもの姿勢が異なる(繰り返すがどちらが上か下かという話ではない)。
結論を急ぐつもりはないけれど、これらのテキストの集合体を眺めていてつくづく思うのは、やはりBAZはこれらテキストの内容を我々に伝えたいに違いないということ。我々ごく一般的なリスナーがヴィトゲンシュタインやフィネガンズ・ウェイクのテキストを理解しうるものかどうかはさておき、この真摯極まりない音楽を聴いていると、BAZはやはり真剣に聴衆に対してテキストをわかってほしいと思っていたに違いないという気がする。たとえ時間がかかっても一つ一つこれらのテキストを読み込んでいく努力は多分必要なのだろう。それは、音楽はシニフィアンの連鎖であって一切の意味作用を剥奪されている云々ということとは全く次元の違う話であって、BAZの理想の聴き手というのはテキストをすべて理解して、なおかつ音楽を一切の意味作用とは切り離して受容するものだという気がします。
すこし長くなりそうなので、実際にどのようなテキストが用いられているのか、先ほどのPDFファイルと、CDに添付されていたリーフレットをもとに、自分の勉強のためもあって次回にその概要を示してみたいと思います。
(この項続く)
by nekomatalistener | 2015-05-08 00:16 | CD・DVD試聴記 | Comments(0)