Olivier Messiae... >>

Olivier Messiaen Complete Editionを聴く(その16)

いつか自分が死ぬ直前には、たとえばバッハのコラールなんかが頭の中で鳴っているだろうか。よりによって「有馬兵衛の向陽閣へ~♪」みたいなんだったらやだな。





落穂拾いみたいな雑多な曲を集めた1枚。

CD31
①主題と変奏(ヴァイオリンとピアノのための)(1932)
②キリストの昇天(1935)
③ミのための詩(1937)
④ステンドグラスと鳥たち(1988)
⑤ヴォカリーズ・エチュード(1935)

①ギドン・クレーメル(vn)、マルタ・アルヘリチ(pf)
②チョン・ミュンフン指揮バスチーユ歌劇場管弦楽団
③ノエル・バーカー(Sp)、ロバート・シャーロウ・ジョンソン(pf)
④イヴォンヌ・ロリオ(pf)、カール・アントン・リッケンバッハー指揮ベルリン放送交響楽団
⑤ナタリー・マンフリーノ(Sp)、マリ・ヴェルムーラン(pf)

①1985年4月②1990年10月③1971年5月4-7日④?⑤2008年7月4日録音

「キリストの昇天」(1932/33)はオルガンのためのバージョンを先日紹介しましたが、このオーケストラ版が先に書かれており、後から第3曲を差し替えてオルガン用に編曲したとのこと。オーケストラ版は、良くも悪くも先人達からメシアンが得たものが露わに示されているけれども、オーケストラ・ピースとしての完成度の高さはもっと喧伝されて然るべきだろう。その穏やかな曲調と相俟って、もっとコンサート等で取り上げられないものかと思います。「先人達から得たもの」と書きましたが、特に第1曲における「パルジファル」の影響、第3曲のオリエンタリズムにおけるサンサーンス、そしてもちろんドビュッシーの影響は歴然としています。メシアンとサンサーンスの比較に異を唱える方も多かろうと思いますが、日本におけるサンサーンスの評価というのは不当に低いのではないかと思う(文士崩れの評論家の酷評はともかく、プロの音楽家の評価は概ね高いと聞く)。メシアン自身、後にサンサーンスを批判しているようだが、前衛音楽家として守旧派の代表たるサンサーンスを批判するのは当然として、少なくともこの時期のメシアンのオーケストラ書法にはサンサーンスの刻印が刻まれているような気がします。
チョン・ミュンフンの演奏はその精緻さで際立っていると思います。初期作がこれほどのレベルでレコーディングされるというのは本当に素晴らしいことだと思う。

以前このメシアンのシリーズその6で、甲斐貴也氏の論評を紹介したが、それによると「主題と変奏」(1932)と「ミのための詩」(1937)はどちらも最初の妻クレール・デルボスとの結婚が直接の契機となってかかれたものらしい。そう思って聴くからかも知れませんが、確かにこの2曲、かたやヴァイオリンとピアノのデュオ、かたや連作歌曲集と形態は違えど双子の兄弟のように似ています。それは作曲技法としては移調の限られた旋法による明確な調性作品、聴いた印象としては穏やかで幸せに満ちた曲調が支配的。いまだ習作の域を出ない初期作とは言え、不思議な魅力を持つ佳作だと思います。
「主題と変奏」はクレーメルとアルヘリチのデュオで、こんな落穂拾いみたいなディスクにはもったいないくらい素晴らしい演奏。「ミのための詩」はもっと透明な、天上的な声で聴いてみたいという気もするけれど、曲を知るには何の問題もないと思います。

ブーレーズとアンサンブル・アンテルコンタンポランの委嘱で書かれた「ステンドグラスと鳥たち」は一曲の大半が鳥の歌から成り立っている音楽としては最後のものだろうと思います。ブーレーズの委嘱だから、という訳ではないのでしょうが、晩年の作としては辛口の部類。スコアがどうなっているのか分かりませんが、途中で「クロノクロミー」のEpodeの箇所を思わせるようなカオスが出現するのが非常に印象的。10分に満たない小品ながらも重要な作品であると思います。シュレーカーなどちょっとマニアックな作品を取り上げることで知る人ぞ知る指揮者、カール・アントン・リッケンバッハーの指揮も見事。

1935年の「ヴォカリーズ・エチュード」は未だ習作の域を出ていない小品。そもそもこのアルバム、”Complete Edition”と言いながら結構遺漏が多いのだが、この手の初期作品はもう十分、といったところ。きれいな曲だし、もし好きな方がおられたら申し訳ないのだが・・・。
(この項終り)

by nekomatalistener | 2017-10-26 00:18 | CD・DVD試聴記 | Comments(0)
Olivier Messiae... >>