<< ヴォーン・ウィリアムズ 「旅の... ロームシアター京都プロデュース... >>

京都観世会例会 「翁」 「鶴亀」 「葛城」 「乱」

先日「ちゃちゃ入れマンデー」という関西ローカル番組を観ていたら、岸和田の局地的ヒット食品ということで、ソース焼きそばを生卵につけて食べる、というのをやってた。私、堺の南の方の出身だが、確かに幼少期にこれ食べてました(近所の個人経営のお好み焼き屋で)。だいたい岸和田近辺、堺の南端から泉佐野にかけては文化圏としてはとても近い。普通に美味かったと思うのだが、家人は「えーっ!?」という反応でした。




今年初めての能鑑賞。満席とはいかないものの、なかなかの盛況でした。

 2016年1月17日@京都観世会館
 京都観世会一月例会

  
   翁: 観世清和
   面箱: 鹿島俊裕
   千歳: 河村和晃
   三番叟: 井上松次郎

  鶴亀
   シテ(皇帝): 林喜右衛門
   ツレ(鶴): 河村浩太郎
   ツレ(亀): 松野浩行
   ワキ(大臣): 殿田謙吉
   ワキツレ(従臣): 大日方寛・則久英志
   間(官人): 佐藤友彦

  狂言
  鬼瓦
   シテ(大名): 井上松次郎
   アド(太郎冠者): 鹿島俊裕

  仕舞  
  高砂  井上裕久
  梅キリ  梅田邦久

  葛城大和舞
   シテ(里女・葛城ノ神): 浦田保浩
   ワキ(山伏): 室生欣哉
   ワキツレ(山伏): 則久英志・大日方寛
   間(里人): 松田高義

  仕舞
  屋島  片岡九郎右衛門
  雲林院クセ  大江又三郎
  鞍馬天狗  杉浦豊彦
 

  
   シテ(猩々): 田茂井廣道
   ワキ(高風): 岡充


「翁」を観るのは昨年の1月に次いで二回目。その時にブログに書いたことは繰り返さないが、やはり年の初めに相応しい出し物だと思います。見所の出入り口が閉ざされ、揚幕の内外で切り火が切られてから、演者らが舞台に揃うまで、緊張感が極限にまで高められる。3人の小鼓が勇壮に鳴りだすと、今度は貯まりに貯まったエネルギーが一気に開放される感じ。この緊張と緩和のコントラストの強烈さがなにより快いものでした。三番三の舞は昨年観たときほどの感興は得られませんでした。演者の恰幅が良すぎて、少し息が上がってしまったのが少し興醒めではありました。

「翁」の次はそのまま「鶴亀」に続きます。
唐土の都の初春、皇帝のもとに大臣らが集い、鶴亀の舞を勧める。鶴と亀が現れて舞うと、たいそう感興を催された皇帝は玉座を降り自らも舞う。
官人の短い口上に続く大臣の奏上の場は極めて短く、すぐに鶴亀の舞と皇帝の舞が続くという簡素な筋立て。きらびやかな装束と優雅な舞をただひたすら楽しめばよいのでしょう。シテ(皇帝)の林喜右衛門は、歌舞伎であれば女形タイプの、武張ったところの全くないほっそりとした体形をされているので、ことさら戦乱とは無縁の泰平の世を感じさせるところが実に面白く感じられました。

狂言は「鬼瓦」。
ながらく訴訟の為に国元を離れていた大名、めでたく片が付いて暇をもらい国に戻ることになる。せっかくだというので太郎冠者を引き連れて薬師如来にお礼旁参詣することに。大名はお堂の鬼瓦を見て急に泣き出す。太郎冠者が訳を尋ねると、鬼瓦の小鼻が張ったところや大きく裂けた口を見て国元の妻を思い出したという。いや、確かに、云々と言いながらどのみち程なく会えるだろうと二人して大笑い。
女房の容姿というのは現代でもお笑いのネタではありますが、ここでは国元に残してきた妻への懐かしさがまず先にあるので嫌味なく笑い興じることができます。

仕舞は都合五番。仕舞は仕舞の良さがあると思いますが、観能を重ねるに連れて元の能を見ているケースが増えてくると(今回で言えば高砂・梅・鞍馬天狗)、能と仕舞の比較など前は知らなかった楽しみもでてきます。また、基本的に初春を寿ぐことに特化した番組で、「屋島」という修羅物が入っているのもアクセントになっていていい感じ。ただ今回の仕舞では梅田邦久が以前拝見したときから比べると立居にすこし高齢ゆえの覚束なさが感じられ、心から楽しむという訳に行きませんでした。

次に「葛城」。これも一昨年の暮れに一度観てブログにも取り上げたので、物語等は省略。体調の所為もあって前半少しうとうとしてしまいました。後半、雪の庵から現れた葛城山の女神は十分美しいけれど、最初に見たときの、雪明りを眼前にするかと思われたほどの驚きは得られませんでした。同じ能を観ても都度印象が変わることは当然といえば当然。本来ならその違いについてこそ詳述したいところだが、今回は前半かなり意識が飛んでいるので割愛します。

切能は「乱(みだれ)」、元々は「猩々」という能だが、中之舞が猩々乱になると小書ではなくて題名自体が「乱」に変わってしまうということらしい。
古の唐土、揚子の里に高風という親孝行な男がいたが、ある夜の夢のお告げ通り市で酒を売るようになると次第に富貴の身になった。そのころ、市の立つたびに酒を買いに来る客がいたが、いくら飲んでも面色が変わらない。不思議に思った高風が名を尋ねると、自分は海中に住む猩々であると正体を明かして姿を消す。夜になり、高風が潯陽の江で酒を用意して待っていると猩々が現れ、酒を飲んで舞う。猩々は高風が「御身心すなほなるにより」、汲めども尽きぬ酒壺を与える。
ワキ(高風)の口上で前段がさっと語られるとすぐに赤頭の猩々が現れて舞う。音をならさず足拍子を踏む、頭を何度も振る、波を蹴散らしてあるくような足の捌きかた(乱足)など、特徴的な舞が続き、ほどよいところでさっと終わる。そもそも猩々とはなにか、などと考えるネタはいくらでもあるが、とにかく派手な舞台に身を見張っていればそれでいいのかな、と思います。目出度い内容で、謡の最後も「尽きせぬ宿こそ。めでたけれ。」で終わるので附祝言はなし。
(この項終り)
by nekomatalistener | 2016-01-24 00:39 | 観劇記録 | Comments(0)
<< ヴォーン・ウィリアムズ 「旅の... ロームシアター京都プロデュース... >>